グアンタナモ収容所って一体どんなところ?

グアンタナモ収容所って一体どんなところ?

こんにちは✨矢島奈月妃です。

あなたはグアンタナモ収容所というところを知っているでしょうか?

ここには国家的犯罪者が収容されています。

つまりは極悪犯罪者の巣窟というワケです。

最近ツイッターなどで度々目にするグアンタナモ。

果たしてグアンタナモとは一体どういった場所なのか?

今回はグアンタナモ収容所についてご紹介します。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも科学やスピリチュアルについて考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる

グアンタナモ収容所

グアンタナモは収容所はキューバのグアンタナモ湾の米軍基地内に設置されている収容所。

グアンタナモ収容所はジョージ・ブッシュ政権時に設立されました。

9.11やイラク戦争など国家的にテロに関与しているとされる人物が強制連行・逮捕されています。

グアンタナモ基地と収容所の国家主権はキューバでありアメリカは租借している形になっています。

グアンタナモ収容所の周りは地雷だらけあり脱走は不可能。

マスコミにもその実態はわからない基地です。

さらにキューバやアメリカ国内でもないため国際法や国内法が及ばず軍法のみが適応される治外法権区域。

そしてグアンタナモ米軍基地では国家反逆を企てた者を軍事裁判にかけることができます。

一度はいると二度と出ることができないとされる場所がグアンタナモ収容所。

凶悪な犯罪者であっても絶対に入ることを望まない場所です。

それがグアンタナモ収容所。

今後よく聞く言葉になるのでぜひ覚えておきましょう。

グアンタナモの閉鎖の声

グアンタナモ収容所は治外法権区域なため収容者に対する非人道的な扱いや自白の強要などが横行していました。

これが公となり一気に批判が高まったのです。

それを受けてオバマが2009年に施設の閉鎖を命令するもののなぜか閉鎖は行われず。

何だかおかしいですね、、、

そもそもこのオバマという男。

2009年にノーベル平和賞を受賞したため日本人からすると善人に見えるかもしれません。

日本人は本質を見ずに肩書きに弱いですからね。

ですがオバマに関することが様々明らかになっています。

例えば最近になってテロ組織アルカイダに資金を提供していたことが明るみになりました。

さらにオバマゲート。

これは2016年の大統領選挙に関してトランプ大統領とロシアが共謀していたという疑惑。

3年の調査を経てロシアゲートなんてことは一切なかったということがわかったのです。

ロシアゲートの詳細については『シドニー・パウエル軍師! アメリカ最強弁護士「クラーケンを解き放つ!」』の記事をご覧ください。

そしてロシアゲートを仕向けた張本人こそがオバマ。

オバマとCIA、FBIがグルになってトランプ大統領とフリン将軍を嵌めたのです。

これがオバマゲート。

もうすぐオバマゲートの機密情報が解除されます。

そこには一体どんな闇があるのでしょうか?

火曜日は怖いですからね、、、

 

また最近になって国連もグアンタナモ収容所を閉鎖すべきと主張しました。

国連と聞くと世界の平和のために働く組織だと思いがちですが、、、

国連の下位組織であるWHOを見るにそうではありません。

むしろ世界に混乱をまき散らしている張本人でもあります。

WHOは完全に中国と結託し混乱を広げているという現実をすでにあなたは見ているでしょう。

去年でWHOのイメージは完全に悪いものになりました。

WHOの局長であるテドロスは中国の手先です。

そんな連中がまき散らすのはただの混乱しかありません。

そのWHOの親組織である国連は第二次世界大戦の戦勝国によって組織されたという経緯があります。

目的は国際平和や安全の維持とされています。

ですがその本当に目的を達成しているでしょうか?

むしろ平和の皮をかぶり世界中にプロパガンダを垂れ流す組織に過ぎません。

イメージとしてはNHKの世界版でしょうか。

 

そもそも戦勝国が何のために戦争を仕掛けたのかを思い出してください。

ただ白人が己の欲のために植民地を増やしたかったからですよ。

当時人間だとも思っていなかったアジア人をさらなる奴隷にしようとしたのがかの戦争です。

それのどこに平和があるというのでしょうか?

戦前の日本はアジアの平和と日本の自存自衛のために立ち上がっただけです。

それを戦勝国の都合の良いように真実を捻じ曲げただけ。

本当の世界の平和を願っていたのは戦勝国でしょうか?

それとも日本でしょうか?

もういい加減目覚めないといけません。

 

私たち日本人の役割は世界の真実を知って世界の平和中立国になること。

世界にとっての平和の懸け橋になることが日本の役割。

先祖が果たしたかった夢を今の私たちが果たすべきなのです。

日本人という民族は世界的に見ても非常に優秀なのは言うまでもありません。

私たち日本人はDNAレベルで他の種族と異なります。

私たちには平和の遺伝子が組み込まれていますから。

それは世界に平和と秩序をもたらすためです。

ましてや国連などという組織ではありません。

日本が役割を果たすときがついに来たのです。

75年前の約束を果たすときが。

グアンタナモ拡張

閉鎖の声があるグアンタナモ収容所ですが、、、

現実としてはそれとは真逆のことが行われています。

なんと400億円以上もの費用をかけてグアンタナモ収容所は拡張されているのです。

2018年の段階で収容しているのは40人ほど。

すでに広大な土地があるのにも関わらずなぜ拡張されたのでしょうか?

何かあるとしか到底思えない出来事です。

これまでグアンタナモの内部を公開することはほとんどありませんでした。

ですが国防総省はメディアに対してグアンタナモ収容所の内部が見れる施設に招待しました。

グアンタナモ収容所は国際テロリストが収容されている場所です。

彼らは国家反逆罪という大罪を犯した人物。

メディアは果たしてグアンタナモから帰ることができるのでしょうか?

FEMAキャンプ

グアンタナモ収容所は拡張されましたが世界には囚人を収容できるところが着々と増えています。

それがFEMAキャンプ。

FEMAとはアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁のことであり天災や人災など国家の緊急事態に対処する政府機関です。

緊急事態発生時には政府の全権利をFEMAに委譲する場合があります。

そうなると大統領以上の権力をFEMAが掌握することになるのです。

日本にもFEMAキャンプと思われる施設が福島と四国にあります。

グアンタナモ収容所に行くのは本当の大物だけという話です。

それ以外はFEMAキャンプに行くことになると。

これが本当のGO TOキャンペーンです。

グアンタナモ収容所のまとめ

今回はグアンタナモ収容所についてご紹介しました。

今回の話はかなり陰謀論などが含まれています。

ですがこれまで陰謀論だったことが実は本当であったということがもうわかったでしょう。

今まで信じてきたものはただの幻想であったと。

クラーケンやFEMAなどはただの陰謀論の域を出なかった存在。

ですが今となってはすでに明るみに出ているのです。

もう陰謀論ではありません。

陰謀論だと言って思考を停止するのは実に楽でしょう。

でももういい加減事実を認めないといけません。

世界の真実に目を向ける時が来たのです。

これから世界の真実がさらに披露されます。

そろそろ魂を磨いて真実を受け入れる準備をしないといけませんね。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる