謎に包まれた秘密結社 フリーメイソン 彼らの目的と入会方法

謎に包まれた秘密結社 フリーメイソン 彼らの目的と入会方法

こんにちは✨矢島奈月妃です。

秘密結社と聞くとあなたはどんな組織を思い浮かべるでしょうか?

多くの人は「フリーメイソン」を頭に浮かべるでしょう。

秘密の組織と聞くだけでどんな組織なのか気になりますからね。

秘密結社の中でも世界最大の組織の1つがフリーメイソンです。

彼らには様々な都市伝説が噂されていますからね。

今回は謎に包まれた秘密結社フリーメイソンについてご紹介します。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる

フリーメイソン

フリーメイソンとは400年ほど前に発足したとされる世界的に有名な秘密結社。

その会員数は世界で数百万人にもおよび世界最大最古の友愛団体です。

フリーメイソンとは所属している会員のことを指しています。

秘密結社の正式な名前はフリーメイソンリー。

秘密結社なのでその活動の多くは謎に包まれています。

ですが歴史を紐解いていけば彼らの影がいたるところに見てとれるのです。

フリーメイソンの起源から見ていきます。

フリーメイソンの起源

 

フリーメイソンは聖地エルサレムに巡礼する人を守る護衛組織であるテンプル騎士団から始まります。

テンプル騎士団に入団するには自分の財産を全て騎士団に寄付することでなれるのです。

その結果大きな財力を手にすることになったテンプル騎士団。

国の防衛や経営までも行いさらに権力を拡大していきました。

テンプル騎士団を恐れた当時のフランス国王フィリップ4世は彼らを弾圧します。

団長であるジャック・ド・モレーや団員を火炙りの刑にするのです。

中には生き残った団員もおり海賊として世界に旅立ちました。

海賊期として有名なドクロマークのジョリーロジャーはジャック・ド・モレーの遺骨の姿とも言われています。

 

その後大航海時代が終わり彼らは石を加工して建造物を建てる石工職人になります。

彼らは国の中でもトップクラスの技術力を持った職人集団へと成長していくのです。

あまりにも建築量が膨大だったため数十年で完成できるものではなく技術は弟子へと受け継がれます。

ですが職人たちは自分たちの技術が漏洩することを恐れました。

そこで石工組合を設立しメンバーだけで情報共有できるようにしようと。

他の人にバレないように暗号を使ってやり取りをするようになりました。

その組合はロッジと呼ばれることになります。

石工職人はロッジ内で技術を共有し交流を深めることになりました。

 

15世紀になると他国の建設技術が流入しロッジは技術共有ではなく職人同士の交流の場として側面が強くなります。

そして石工職人のロッジでフリーメイソンという名称が使われるようになります。

騎士団から海賊になって石工職人。

そして最後に交流会へと。

これがフリーメイソンの起源と変遷です。

フリーメイソンの目的と活動内容

日本のフリーメイソンは

会員相互の特性と人格の向上をはかりよき人々をさらに良くしようとする団体

とされています。

フリーメイソンが掲げる理念は次の通り

自由

平等

友愛

寛容

人道

これだけを見ると世界を支配する組織というよりかは慈善団体に近い印象を受けます。

もちろん彼らの活動の全てが公になっているわけではありませんが、、、

献血活動やチャリティー活動、会員同士のバーベキューやイベントを開催しています。

大人の交流会みたいなイメージですかね。

フリーメイソンには33の階級があるとされています。

フリーメイソンになるための条件

そんな大人の交流会であるフリーメイソンですがどうすれば会員になれるのでしょうか?

フリーメイソンになる条件を見ていきます。

信仰心があること

どんな宗教に関わらず信仰心があるかが必要となります。

ただし社会的地位が認められていない新興宗教は認められていません。

どの宗教を信じるかよりも神に対する信仰心が問われるということです。

無神論者は基本的に会員になることはできません。

成人であること

世間の評判が良く高い道徳心を持っている成人であれば資格があります。

普通に生活している人であれば問題ありません。

現在男女ともに会員にはなれるようです。

定職に就いていること

何かしらの仕事に就いていることが条件となります。

ただし職種は問いません。

フリーメイソンと聞くと大統領や政府高官などを思い描くかもしれません。

ですがそういった権威のある職業じゃないと入れないわけではないのです。

フリーメイソンは入会費や月会費を払う必要があります。

入会費は4~6万円、月会費は4000~6000円かかります。

身体障がい者ではない

身体障がい者には入会資格はありません。

フリーメイソンは「自由、平等、友愛」という理念を掲げているのにも関わらず

身体障がい者はお断りなのは正直納得できないですね。

2名以上の会員による推薦

この条件が1番難しいかもしれません。

現役のフリーメイソンの会員2名以上の推薦が必要になります。

興味半分で入って退会しますというわけにはいかないということです。

推薦されたからと言って入れるわけではありません。

フリーメイソンの支部はロッジと呼ばれています。

入会するロッジのメンバー全員の承諾を得なければ会員にはなれないのです。

その後面談が行われて晴れてフリーメイソンの会員になることができます。

フリーメイソンのシンボル

フリーメイソンのシンボルとして有名なのが2つあります。

1つ目は定規とコンパス。

コンパスは心理を直角定規はフリーメイソンの理念である「自由、平等、友愛」を表しています。

フリーメイソンの起源は石工職人であるため仕事道具であるコンパスや定規が登場するのです。

中央のGはGOD=神、GLORY=栄光、GEOMETRY=幾何学、GENEROSITY=寛大、GNOSIS=知識を意味しています。

もう1つはプロビデンスの目。

プロビデンスの目は神の全能の目を意味しています。

つまり神様が人類を見ていることを示しているのです。

このシンボルはキリスト教に登場し摂理というキリスト教のコンセプトを表しています。

プロビデンスの目はアメリカの1ドル札や

エマオの晩餐といったキリストにまつわる絵画にも登場しています。

プロビデンスの目は古くから使われておりフリーメイソンがはじめて使ったというわけではないのです。

ただフリーメイソンを利用している組織があるのも事実。

彼らを利用している本当の世界の支配者についてはnoteで話しています。

noteを見てみる

フリーメイソンのまとめ

今回は謎に包まれた秘密結社フリーメイソンについてご紹介しました。

今回の情報はあくまで表に出ている情報だけ。

実際にどんな活動を行っているのかについては秘密結社のため不明です。

ですが秘密であるということから「何か良からぬことをしている」と思われがち。

内容を見る限りでは都市伝説で言われるように世界を支配するために活動しているなんてことはないと思います。

フリーメイソンは実際アメリカで最も寄付を行う団体ですからね。

フリーメイソンを面白がったテレビなどによって悪い団体に仕立て上げられたという側面が強いかなと。

もちろん全ての活動が表に出ているわけではないので裏で何かしているかもしれませんが。

彼の活動についてぜひご自分で調べてみてくださいね。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる