無料で情報集めを効率化>>

初心者からプロまで おすすめのアニメーション制作ソフト11選

初心者からプロまで おすすめのアニメーション制作ソフト11選

「アニメーションを制作したい」

これまではアニメーションを簡単には制作することはできませんでした。

ですが時代の進歩によりアニメーションですら簡単に制作することができるようになりました。

しかも中にはパワーポイント感覚で簡単に使えるアニメーションソフトまで。

おすすめのアニメーションソフトは次の通り

  • Vyond
  • VideoScribe
  • Renderforest
  • Moovly
  • Doodly
  • Toonly
  • Powtoon
  • Animaker
  • Adobe After Effects
  • Adobe Animate
  • Moho Pro

今回はおすすめのアニメーションソフトを価格や機能面から徹底比較します。

結論から言うと高機能で案件も豊富なVyondがコスパも良く最もおすすめです。

アニメーションソフトを選ぶときのポイント

person pointing direction

様々なアニメーションソフトが登場しています。

ではそんなアニメーションソフトをどうやって選べばいいのか?

アニメーションソフトの選ぶポイントをご紹介します。

日本語フォント

アニメーションソフトは多くが海外製です。

そのため英語が標準になっています。

ですがアニメーションソフトには日本語フォントがあるのも多いです。

またフォントを追加できるソフトもあります。

日本語フォントが使えるのかはソフトを選ぶうえで重要なポイントでしょう。

価格

価格と機能が自分に遭っているかも検討しておきましょう。

アニメーションソフトは数千円から数万円までと幅広いです。

予算に応じてあなたの納得できるソフトを選びましょう。

使いやすさ

アニメーションソフトによってソフトの使いやすさは異なります。

ソフトが使いにくいと肝心のアニメーションを作るまでに時間がかかってしまいます。

できるなら使いやすいソフトを選ぶことがポイント。

ソフトの使いやすさは無料お試しを使って試しておきましょう。

素材数

アニメーションを効率的に作るにはすでに準備された素材を使うことです。

各アニメーションソフトによって素材の点数は異なります。

素材が多ければ多いほど作成できるアニメーションの種類も増えるでしょう。

ソフトを上手に活用するだけで素材を追加することなくソフトだけで簡単にアニメーションが作成できます。

スタイル

アニメーションは主にカラーまたはホワイボードのスタイルがあります。

ソフトによっては両方使えたり1つのスタイルしか使えなかったり。

どんなアニメーションを作りたいのかによっても選ぶべきソフトは変わります。

ソフトのサンプル動画や無料体験でどんなアニメーションが作られるか確認しておきましょう。

おすすめのアニメーションソフト

おすすめのアニメーションソフトを「価格」「無料体験の有無」「日本語対応」「素材数」「動作環境」で評価・比較して一目でわかりやすいように表にまとめました。

ソフト月額無料体験スタイル日本語対応素材数動作環境
Vyond5,000円〇(14日間)カラー

ホワイトボード

10万クラウド
VideoScribe5,900円〇(7日間)ホワイトボード6,000クラウド

インストール

Renderforest1,999円カラー

ホワイトボード

500万クラウド
Moovly9,900円カラー

ホワイトボード

130万クラウド
Doodly3,900円×ホワイトボード8,000インストール
Toonly3,900円×カラー2,000インストール
Powtoon8,900円カラー

ホワイトボード

1,000クラウド
Animaker2,000円カラー

ホワイトボード

1億クラウド
Adobe After Effects2,728円〇(7日間)カラーインストール
Adobe Animate2,728円〇(7日間)カラーインストール
Moho Pro10,978円(買い切り)×カラーインストール

上の表を見れば各アニメーションソフトの特徴がすぐにわかりますがそれぞれの特徴やポイントを詳細に解説します。

Vyond

公式サイトVyond
月額$49(5,000円)
無料体験〇(14日間)
評判と口コミ評判と口コミはこちら
よくある質問よくある質問はこちら

Vyondビヨンドは簡単にアニメーションが作成できるソフト。

世界で1600万人のユーザーが愛用しているクラウドサービスの動画ソフトです。

Vyondにはあらかじめ10万種類以上のイラストやキャラクター、背景が準備されています。

それらの素材を組み合わせることで非常にクオリティの高いアニメーションを誰でも簡単に作ることが可能です。

 

操作もパワーポイント感覚で行えるので2、3日もあればVyondの使い方をマスターすることができます。

Vyondの公式サイトには様々なチュートリアルが用意されているのでそれらを見ながら効率よくマスター。

画面は英語表記ですが日本語フォントの使用ができます。

さらにProfessionalプランでは自分の好きなフォントを追加できるので動画の質もぐっとアップすることが可能。

 

Vyondのメリットとデメリットは次の通り

メリットデメリット
使える素材が多い

シンプルでわかりやすい

操作が簡単

情報が多い

日本語フォントが使える

価格が高い

ネット環境に依存

基本的に英語

圧倒的に使いやすくて大量の素材を使ってさくさくアニメーションを作ることができます。

 

Vyondを使っているユーザーの口コミは次の通り

 

価格は月額$49(4,900円)のEssentialプランから。

各プラン毎の価格と機能は次の通り

EssentialPremiumProfessional
月額$49(5,000円)$89(9,000円)$179(18,000円)
3ヶ月$119(12,000円)$219(22,000円)$444(44,400円)
年額$299(30,000円)$649(65,000円)$1,099(110,000円)
スタイルカラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

キャラクター作成ビジネスフレンドリー

ホワイトボード

コンテンポラリー

ビジネスフレンドリー

ホワイトボード

コンテンポラリー

ビジネスフレンドリー

ホワイトボード

日本語対応〇(フォント追加可能)
素材数10万10万10万
動作環境クラウドクラウドクラウド
出力720p720p

1080p

GIFアニメーション

720p

1080p

GIFアニメーション

ロゴ××
チーム作業××
オブジェクト一括変更××

Vyondの価格の詳細については『Vyondの価格』の記事をご覧ください。

 

最もおすすめのプランがProfessionalプラン

ProfessionalプランはVyondの個人で使える最上位のプランとなります。

ProfessionalプランではVyondの全ての機能を使うことができます。

フォントの追加やチーム作業も可能になります。

Vyondを使って案件獲得をしたい方は必須のプランです。

Vyondは14日間の無料お試しがあるのでまずは無料で使ってみてくださいね。

\14日間無料でアニメを作る!/

Vyondを無料体験する方法は『Vyondの無料体験版を使う方法を徹底解説』の記事で動画と画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

クーポン情報(プラン更新にも利用可)
KICKING10 (月額プラン10%オフ)

RUED15 (年額プラン15%オフ)
Vyondの特徴やメリット、似たソフトについては『Vyondの評判と口コミ』の記事をぜひご覧ください。

Vyondの使い方をマスターする方法は『Vyondアニメーション作成講座』をご覧ください。

VideoScribe

公式サイトVideoScribe
月額5,900円
無料体験〇(7日間)

Vyondと並んで有名なのがこのVideoScribeビデオスクライブ

YouTuberでもこのVideoScribeを使っている人はいます。

VideoScribeはホワイトボードアニメーションに特化したソフトです。

作るアニメーションがホワイトボードのみという方にはぴったり。

画面は英語表記ですが日本語フォントの使用ができます。

VideoScribeはチュートリアル動画が充実しているため習得する学習コストは高くないでしょう。

 

価格は月額$5,900円から。

各プラン毎の価格と機能は次の通り

月額5,900円
年額25,419円
スタイルホワイトボード
日本語対応
素材数6,000
動作環境クラウド

インストール

出力360p

640p

720p

1080p

他にもVyondとVideoScribeでは違いがあります。

VideoScribeとVyondの違いについては『VyondとVideoScribeを徹底比較』の記事をご覧ください。

Renderforest

公式サイトRenderforest
月額1,999円
無料体験

Renderforestレンダーフォレストはオンライン上で簡単にアニメーションや動画、ロゴまで作れる動画編集ソフト。

動画編集のスキルが無くても簡単に扱えるのが特徴です。

スマートフォンからも動画作成ができます。

日本でRenderforestを使っている人はまだまだ少ないです。

他の人との差別化をしたい人にRenderforestは良い選択となるでしょう。

 

価格は月額1,999円のLiteプランから。

各プラン毎の価格と機能は次の通り

FreeLiteProBusiness
月額無料1,999円3,499円5,499円
年額無料17,988円23,988円38,388円
スタイルカラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

日本語対応
素材数1,000100万500万500万
動作環境クラウドクラウドクラウドクラウド
出力720p720p720p

1080p

720p

1080p

ストレージ500MB10GB30GB50GB

Renderforestは無料でも使うことができるので試してみましょう。

\無料で始める/

Moovly

公式サイトMoovly
月額$99(9,900円)
無料体験

Moovlyムーブリーは誰でも簡単に動画が作れるソフト。

Moovlyでは様々なテンプレートが用意されています。

そのテンプレートに当てはめることで簡単に動画を作ることができます。

もちろんアニメーションのテンプレートもあるのでアニメーションも簡単に作成可能です。

かなり高機能なソフトになっています。

 

価格は月額$99(9,900円)のProプランから。

各プラン毎の価格と機能は次の通り

ProMax
月額$99(9,900円)$199(19,900円)
年額$399(39,900円)$599(59,900円)
スタイルカラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

日本語対応
素材数130万130万
動作環境クラウドクラウド
出力1080p1080p
ダウンロード数2550
文字起こし×

Moovlyは無料体験できるので気になる方は試してみましょう。

Doodly

公式サイトDoodly
月額$39(3,900円)
無料体験×

Doodlyドゥードリーはホワイトボードアニメーションに特化したソフトになっています。

線が非常に細かいのが特徴。

まだ日本ではそれほど馴染みがあるソフトではありませんがだからこそ特徴的な動画を作ることができます。

 

価格は月額$39(3,900円)のStandardプランから。

各プラン毎の価格と機能は次の通り

StandardEnterprise
月額$39(3,900円)$69(6,900円)
年額$240(24,000円)$480(48,000円)
スタイルホワイトボードホワイトボード
日本語対応
素材数3,0008,000
動作環境インストールインストール
出力480p

720p

1080p

480p

720p

1080p

Doodlyは30日間の返金保証があるので安心して利用できます。

Toonly

公式サイトToonly
月額$39(3,900円)
無料体験×

ToonlyトゥーンリーはDoodlyを販売している会社が提供しています。

Doodlyと違いこちらはカラーのアニメーションを作成することができます。

イラストのスタイルはシンプルでアメリカの漫画風な動画を作成することが可能です。

Doodlyと同じくブラウザ上で動かすソフトとなります。

 

価格は月額$39(3,900円)のStandardプランから。

各プラン毎の価格と機能は次の通り

StandardEnterprise
月額$39(3,900円)$69(6,900円)
年額$240(24,000円)$480(48,000円)
スタイルカラーカラー
日本語対応
素材数1,0002,000
動作環境インストールインストール
出力480p

720p

1080p

480p

720p

1080p

Toonlyは30日間の返金保証があるので安心して利用できます。

Powtoon

公式サイトPowtoon
月額$89(8,900円)
無料体験

Powtoonポウトーンはアメリカの教育現場でも使われているアニメーション制作ソフト。

豊富なテンプレートを使って簡単にアニメーションの作成が可能です。

画面は英語ですが簡単な英語ばかりなので問題なく使えるでしょう。

Powtoonは日本語にも対応しているので日本人向けのアニメーション作ることができます。

 

価格は月額$20(2,000円)のベーシックから。

LITEPROFESSIONALBUSINESS
月額$89(8,900円)$182(18,200円)
年額$240(24,000円)$720(72,000円)$1,200(120,000円)
スタイルカラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

日本語対応
素材数1,0001,0001,000
動作環境クラウドクラウドクラウド
出力720p720p

1080p

720p

1080p

ストレージ2GB10GB50GB
ダウンロード数5無制限無制限

無料お試しがあるのでどんどんアニメーションを作ってみましょう。

Animaker

公式サイトAnimaker
月額$20(2,000円)
無料体験

Animakerアニメーカーはアニメーション動画を作成できるクラウド型のサービス。

素材数が1億点と非常に多いのが特徴。

素材やテンプレート、BGMを使って簡単にアニメーションが作成できます。

ただしプランによってダウンロード数の上限があります。

 

価格は月額$20(2,000円)のベーシックから。

各プラン毎の価格と機能は次の通り

無料ベーシックスタータープロ
月額無料$20(2,000円)$35(3,500円)$79(7,900円)
年額無料$120(12,000円)$228(22,800円)$588(58,800円)
スタイルカラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

カラー

ホワイトボード

日本語対応
素材数1億1億1億1億
動作環境クラウドクラウドクラウドクラウド
出力720p720p720p

1080p

720p

1080p

1440p

ダウンロード数5(ロゴ付き)51030

無料お試しがあるので使い心地を試してみましょう。

Adobe After Effects

Adobe After Effects

公式サイトAdobe After Effects
月額2,728円
無料体験〇(7日間)

After Effectsはアニメーション制作だけでなくモーショングラフィックスといった本格的な映像作品を作れるソフト。

まさにプロ向けのソフトとなります。

他のソフトと組み合わせることでさらに真価を発揮すると言えます。

 

各プラン毎の価格と機能は次の通り

月額2,728円
スタイルカラー
日本語対応
動作環境インストール

After Effectsは7日間の無料お試しがあるのでじっくり試すことができます。

Adobe Animate

公式サイトAdobe Animate
月額2,728円
無料体験〇(7日間)

Adobe Animateは他のソフトで作成した素材やキャラクターを使ってアニメーションを作成できるソフトです。

他のAdobe製品とも連携が可能なのが最大の特徴。

After Effectsと比べるとAnimateはドロー系の機能が強いためアニメーションを新規に作成するのにぴったりです。

After Effectsと組み合わせることでプロ顔負けのアニメーションを作成することができます。

 

各プラン毎の価格と機能は次の通り

月額2,728円
スタイルカラー
日本語対応
動作環境インストール

After Effectsは7日間の無料お試しがあるのでじっくり試すことができます。

Moho Pro

公式サイトMoho Pro
価格10,978円
無料体験×

Moho Proモホープロは初心者でも簡単にアニメーションが作成できるソフト。

作画、着色、アニメ設定をソフト内で全て行うことができます。

オリジナルのアニメーションを作成したい人にはおすすめのソフトです。

時間をかけることでTVレベルのアニメーションも作成できます。

 

各プラン毎の価格と機能は次の通り

月額10,978円
スタイルカラー
日本語対応
動作環境インストール

頻繁にセールもやっているのでおすすめです。

おすすめはVyond

turned on Best neon sign

ここまで様々なアニメーションソフトをご紹介しました。

その中でもおすすめはやはりVyondです。

Vyondをおすすめする理由は次の5つ

使える素材が多い

シンプルでわかりやすい

操作が簡単

情報が多い

日本語フォントが使える

それぞれ詳しく見ていきます。

使える素材が多い

Vyondは10万点以上の素材や背景を簡単に使うことができます。

そのため別に素材を準備しなくても簡単に高品質なアニメーションを作ることができるのです。

さらにBGMや効果音も準備されているので動画作成に必要なものはVyondだけで十分にそろってしまいます。

Vyondは頻繁にアップデートされているので今もなお使いやすくなっているのがVyondの大きなメリットです。

シンプルでわかりやすい

Vyondで作ったアニメーションは何と言ってもシンプルでわかりやすいです。

実写の動画だと人や背景、テロップなど情報がごちゃごちゃすることがあります。

専門家が書く文章なんかはごちゃごちゃしているの典型例でしょう。

ですがVyondアニメは情報がそぎ落とされてシンプルかつわかりやすく相手に伝えることができます。

アニメ以上に情報を伝えやすい媒体はなかなかないでしょう。

操作が簡単

Vyondの操作はパワーポイントを操作するように簡単に行うことができます。

全くアニメーションを触ったことがない人でも2、3週間もあれば十分に技術を習得できるでしょう。

誰でも簡単にアニメーションが作れるのがVyondの大きなメリットとなります。

情報が多い

アニメーションソフトと言えばVyondと言うくらいにまでVyondは日本でメジャーなソフトになりました。

今ではネット上にもVyondに関する様々な情報があります。

他のアニメーションソフトでは英語の情報であることがほとんど。

圧倒的に情報量が多いのがVyondと言えます。

数あるアニメーションソフトの中で日本人ユーザーが最も多いのがVyond。

そのため気軽に情報収集できるのがポイントです。

日本語フォントが使える

Vyondは日本語フォントを使うことができます。

そのため日本でアニメーションを使いたい人にとってぴったりでしょう。

Vyondは日本語フォントを使えるので日本人向けにアニメーションを作りたい人にはVyondが良い選択肢です。

LINEで無料相談!

Lineメッセージを使った相談も『フィージア公式LINE』で受け付けています。

わからないことやお困りごとがありましたら下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料で相談/

友だち追加

おすすめのアニメーションソフトのまとめ

今回はおすすめのアニメーションソフトをご紹介しました。

おすすめのアニメーションソフトは次の通り

ソフト月額年額無料体験スタイル日本語対応素材数動作環境
Vyond5,000円30,000円〇(14日間)カラー

ホワイトボード

10万クラウド
VideoScribe5,900円25,419円〇(7日間)ホワイトボード6,000クラウド

インストール

Renderforest1,999円17,988円カラー

ホワイトボード

500万クラウド
Moovly9,900円39,900円カラー

ホワイトボード

130万クラウド
Doodly3,900円24,000円×ホワイトボード8,000インストール
Toonly3,900円24,000円×カラー2,000インストール
Powtoon8,900円24,000円カラー

ホワイトボード

1,000クラウド
Animaker2,000円12,000円カラー

ホワイトボード

1億クラウド
Adobe After Effects2,728円〇(7日間)カラーインストール
Adobe Animate2,728円〇(7日間)カラーインストール
Moho Pro10,978円(買い切り)×カラーインストール

今回ご紹介したソフトの中には無料体験版があるソフトもあります。

まずは実際のソフトを無料体験してみて使いこなすことができるかを試してみましょう。

その中で使いやすいものを実際に使ってみる。

アニメーションを含む動画編集ソフトはソフト毎に癖がありますから。

色々なソフトを触ってみてあなたに合ったアニメーションソフトを使いましょう。

おすすめ 初心者でも10分でできるブログの始め方

おすすめ アニメーションソフトVyondを徹底レビュー

おすすめ おすすめマーケティングツールまとめ

おすすめ おすすめのアニメーションソフト
 

無料メルマガ登録でビジネス動画テンプレートプレゼント!

CTA-IMAGE 無料メルマガ登録で穴埋めするだけで簡単にできるビジネス動画テンプレートをプレゼント!

3秒で登録可能!