無料で情報集めを効率化>>

スマートコントラクトについて初心者でもわかるように解説

スマートコントラクトについて初心者でもわかるように解説

こんにちは✨矢島奈月妃です。

あなたは契約書を書くのは好きでしょうか?

多くの人は「契約ってめんどくさいな」って思っているかもしれません。

何かと大量の書類を書かされるのが契約。

しかもすぐに契約が結ばれずに審査だとかで時間を待たされる。

割とストレスフルなのが契約の場面。

でも大事なので無下にもできないのが契約というもの。

そんな契約に今革命が起きようとしています。

その技術がブロックチェーンを使ったスマートコントラクト。

今回はスマートコントラクトについて解説します。

今回の内容は動画でも解説しています。

他の内容について考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

チャンネルのおすすめ動画は『未来Laboおすすめの動画10選』でぜひご確認ください。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとはブロックチェーン上であらかじめ決められた行動(契約)を自動で行うプログラムのこと。

スマートコントラクトを日本語にすると契約の自動化。

ブロックチェーンについては『ブロックチェーン』の記事をご覧ください。

 

たとえばスマートフォンで何かのアプリをダウンロードする場合。

「アプリのダウンロード」ボタンを押すと「アプリのダウンロード」が自動的に始まります。

それはアプリのダウンロードボタンが押されたらアプリのダウンロードをスタートすると事前にプログラムされているから。

何かの行動を取ったら決められた行動が自動的に行われるのがスマートコントラクトの基本的な概念です。

実際のところはスマートコントラクトはブロックチェーンと合わせて利用されています。

スマートコントラクトのメリット

取引の透明化


これまでの契約では改ざんや詐欺的な契約が結ばれるというリスクがありました。

ですがスマートコントラクトはブロックチェーン上で行われるため取引データの改ざんや不正が困難になります。

さらにどんな取引や契約が行われたのかが全て公開されるという特徴があります。

こそこそ隠れて怪しい契約を結ぶなんてことができなくなるのです。

信用がいらない

これまでの契約では相手を信用することが必要不可欠でした。

この契約を結んだことで本当に実行してくれるのか?は不透明なまま契約を結ばないといけません。

もし仮に契約を結んだとしてもそれを実行しないという詐欺的な契約も実際にあります。

たとえそれが大手企業だとしてもです。

郵政の不正な契約の話は有名ですよね。

これまでは信用を逆手にとった不正な契約が存在したのです。

 

ですがスマートコントラクトでは契約が決まると後は自動的に取引が行われます。

そこに相手を信用するなんてことは必要ないわけです。

自動販売機でジュースを購入する時に「お金を入れたら本当にジュースを出してくれるのか?」

と疑問を持つ人がほとんどいないように。

この契約をしたらどんな結果が得られるのかがわかっていますからね。

時間とコストの削減

これまでの契約ではお互いに信用し合う必要がありました。

もし相手を信用できない場合でも仲介者を間において契約をしていたと思います。

ですが仲介者を間に置くということは余計な時間やコストが発生することを意味しています。

 

さらに仲介者が不正を行わないなんて保証もないわけです。

人が増えれば増えるほどその取引は透明性を失い莫大な時間とコストがかかります。

東京オリンピックのお金が知らない内に莫大な増えていったのが例でしょう。

 

ですがスマートコントラクトはすでに決められた動作をただ実行するだけです。

そこに仲介者なんてものは必要ありません。

そのため時間とコストを削減することができるのです。

スマートコントラクトでできること

不動産契約

スマートコントラクトの活用が期待されているのが不動産契約。

日本での不動産取引といえば手間が非常にかかる契約です。

あなたがマンションを借りるとしましょう。

 

その借りるに当たって信用の担保として保証人や保証会社と契約を結ばないといけません。

さらに貸主が契約の手間を省くために仲介業者と契約しています。

そのためマンションを借りる場合は仲介業者に仲介手数料を払わないといけません。

 

契約書類も仲介業者とやりとりする必要があり時間がかかります。

気に入った物件を借りるだけでも住むまでに数週間もかかることはざらにありますよね。

これはあくまでもマンションをただ借りるだけの話。

それなのに考えられないほど多くの手間がかかっているのです。

 

だとすると企業が行う不動産取引ではさらに膨大な時間とコストがかかるのは容易に想像できますよね。

そこでスマートコントラクトを利用した不動産契約であればこれまでのようなコストや時間を大幅に削減できます。

さらに不動産情報も一般に開放されることになります。

誰しもが簡単にインターネットから不動産の情報を見ることが可能になるのです。

スマートコントラクトは不動産業界そのものを破壊する技術だとも言えます。

今までのような詐欺的な行いをしてきた不動産業者は窮地に追い込まれるでしょうね。

著作権管理

スマートコントラクトは音楽の著作権管理にも活用することができます。

日本でもJASRACを筆頭に問題は山積み。

アーティストに正当な対価が支払われなかったり楽曲使用料の管理が不透明だったり。

当然著作権にも利権が絡んでおり金儲けを企んでいる者が余計なことをしているのが現状。

それを打破する技術として期待されているのがスマートコントラクトです。

 

スマートコントラクトを活用することで楽曲の使用料の徴収からアーティストへや著作権者の分配までの全ての管理を自動で行うことが可能。

途中に余計な人間が利権を求めて介入することもなくなります。

さらに著作権管理の透明性もスマートコントラクトによって担保されるのです。

スマートコントラクトによって見える化ができるので不正ができなくなります。

今後スマートコントラクトの活用によって正当にアーティストが評価されるようになるのです。

LINE登録で無料プレゼント

LINEにご登録いただいた方にビジネスで役立つPDFを無料でプレゼント

プレゼントがほしい方は『フィージア公式LINE』をご登録してください。

またLINEでは占いや心理テスト、メッセージを使った個別相談もできますよ。

わからないことやお困りごとがありましたら下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料でプレゼントをゲット!!/

友だち追加

スマートコントラクトのまとめ

今回はスマートコントラクトについて解説しました。

何かと手間がかかるのが契約。

その手間がかかる契約をスムーズに行うことができるのがスマートコントラクトです。

デジタル後進国の日本ではありますがデジタル化の波は間違いなく来ています。

しかも後進国ということは他国ですでに確立した確実性のある技術を取り入れることができるということ。

日本人は手探りで新しい物を見つけるよりもすでにあるものを改良するのが得意な民族です。

改良してレベルアップさせる。

だからこそ今はデジタル後進国だとしても後々に素晴らしい技術を取り入れることができます。

日本には優秀な技術を持ったエンジニアがたくさんいますから。

スマートコントラクトの未来に期待しておきましょう。

おすすめ 初心者でも簡単にできるWordPressブログの始め方

おすすめ アニメーションソフトVyondを徹底レビュー

 

無料LINE登録で情報収集ツール集プレゼント!

CTA-IMAGE 無料LINE登録で豪華特典プレゼント

・情報収集を簡単にする情報収集ツール集

・LINE限定の動画まとめPDF

・10本以上のハイクオリティ動画

・当たる心理テスト

・毎日できる無料占い

3秒で登録可能!