相手に伝わりやすくなる3つのポイントとは?【トラブル回避】

相手に伝わりやすくなる3つのポイントとは?【トラブル回避】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

生きていく上ではコミュニケーションというものは必要不可欠なものです。

そしてコミュニケーションが原因でトラブルになってしまうなんて話はどこでも聞きます。

コミュニケーションでトラブルが発生する原因は相手に伝わるように伝えてないことかもしれません。

今回はコミュニケーションでトラブルを避けるために相手に伝わりやすくなる3つのポイントをご紹介します。

相手に伝わりやすくなる3つのポイントとは?

何度も伝える

人は一度聞いただけではほとんど理解できません。

「前にも言っただろう」なんてことは言っても意味がありません。

実際「一回で話を全て理解できたら苦労はしない」という話なんです。

人が内容をしっかりと理解するために1800回もかかるなんて話もあります。

1800回同じことを言ってようやく理解するようになります。

だからこそ「前にも言ったでしょ?」ではダメなんです。

1800回言ってからそのセリフは言うようにしましょう。

大事なポイントを強調する

あなたの話の大事なポイントを強調しているでしょうか?

話だったら何度も言うことで強調することになります。

文章だと太字や赤文字でわかりやすくしておくことが協調となります。

とにかく相手にわかりやすく強調する。

そうすることで相手もどこが大事なポイントなのかを理解してくれるようになります。

その結果として自分の話を相手に伝わりやすくなります。

あ!話す時のポイントとしては強調したいことの前に2秒間を置くといいそうですよ。

小学校5年生でもわかるようにする

「相手が大人なんだから言わなくてもわかるだろう」

これがトラブルの原因です。

特に日本人は空気感というよくわからないものに頼る傾向があります。

もちろん長年一緒にいた人だったら伝えなくても伝わるなんてこともあるでしょう。

でもそうでない場合正しく伝わることはほとんどありません。

大人だろうと何だろうとわからないものはわからないんです

もちろん難しい専門用語なんか使ってはダメです。

専門用があるだけで相手の頭の中が混乱して伝わらなくなります。

ではどうしたらいいのか?

それは小学校5年生でもわかるような言葉を使って伝えることです。

日本の義務教育では小学校5年生の国語で基本的な日本語を理解できるようになっています。

そして小学校6年生の内容は応用という位置づけになっているんです。

小学校5年生であれば基本的な日本語を理解する能力があります。

伝わるようにするためには

「小学校5年生でも理解ができるか?」

ということを考えて文章やメッセージを作ることを心がけましょう。

「相手に伝わりやすくなる3つのポイントとは?」のまとめ

相手は自分が思っていることや知っていることを基本的には知らないです。

大人であろうと年齢が上であろうと知らないものは知らないのです。

「えっこんなことも説明しないといけないの?」って思うこともあるでしょう。

でもそれが現実です。

知らないものは知らないんです。

相手に淡い期待を抱くのではなく相手に伝わるように伝える。

これがコミュニケーションの基本です。

今回ご紹介した3つのポイントを意識しながら相手に伝わるように伝えてみてくださいね。

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする