無料で情報集めを効率化>>

【徹底評価】sendinblue(センドインブルー)とは?sendinblueの評価・レビューを紹介

【徹底評価】sendinblue(センドインブルー)とは?sendinblueの評価・レビューを紹介

こんにちは✨矢島奈月妃です。

ブログやYouTubeで情報発信をしている人にぜひやってほしいのがメルマガ配信。

メルマガ配信ができるソフトはたくさんありますがその中でもおすすめなのがsendinblueセンドインブルー

sendinblueはメールマーケティングをするのに必要な機能が全て揃ったオールインワンのソフトです。

この記事を読むことで

sendinblueとは

sendinblueの評価

sendinblueの価格

がわかります。

今回はsendinblueの評価・レビューを行います。

今すぐsendinblueを使いたいという方はこちらをクリックしてください(記事内の該当箇所に飛びます)

\無料ではじめる/

sendinblueを無料体験する方法は『sendinblueの無料体験版を使う方法を徹底解説』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

sendinblueの特徴やメリット、似たソフトについては『sendinblueの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

sendinblueとは

sendinblueセンドインブルーはメール配信だけでなくSMSでの配信もできるオールインワンのメールマーケティングソフト。

\無料ではじめる/

sendinblueを無料体験する方法は『sendinblueの無料体験版を使う方法を徹底解説』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

sendinblueの特徴やメリット、似たソフトについては『sendinblueの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

sendinblueは1日300件まで送信できるFreeプランがあります。

使い勝手も非常にシンプルに使うことができます。

シンプルながらも見栄えの良いテンプレートを使った配信メールや登録フォームを簡単に作成可能。

sendinblueはAIを駆使して配信効果を最大化するための配信時間を割り出します。

A/Bテストやヒートマップ、開封率などのレポートもリアルタイムで確認可能です。

 

sendinblueの機能をまとめると次の通り。

FreeLitePremium
初期費用無料無料無料
配信可能数300件/日20,000件/日~20,000件/日~
登録可能アドレス数無制限無制限無制限
メルマガ配信
ステップメール配信
フォーム作成
Eメールテンプレート
SMS配信
チャット
A/Bテスト×オプション
ロゴオプション×
送信時間の最適化××
ランディングページ作成××〇(5つまで)
Facebook広告××
レポート
ヒートマップ××

電話番号によるSMSマーケティングができるのが特徴。

メールアドレスではなくSMSによるメッセージ配信なのでより多くの人にリーチすることも可能です。

さらにFacebook広告とも連携ができsendinblueから広告を配信することができます。

\無料ではじめる/

sendinblueを無料体験する方法は『sendinblueの無料体験版を使う方法を徹底解説』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

sendinblueの特徴やメリット、似たソフトについては『sendinblueの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

sendinblueのメリット

sendinblueのメリットは次の通り

操作が簡単

Freeプランでも十分な機能

美しいメールテンプレート

それぞれ詳しく説明します。

操作が簡単

海外製ということで操作が非常にシンプルになっています。

ステップメール配信の設定もワークフローに沿って行うだけです。

グラフィカルベースなので非常に使いやすいのが特徴です。

Freeプランでも十分な機能

Freeプランでもメルマガ配信やステップメール配信が可能です。

メールを送信するだけでだったら十分すぎる機能を備えていると言えます。

美しいメールテンプレート

sendinblueでは70以上の美しいメールテンプレートを使うことができます。

このテンプレートを使うことで簡単に美しいメールを作成することが可能です。

デザイン性が高いのもsendinblueの良い所です。

\無料ではじめる/

sendinblueを無料体験する方法は『sendinblueの無料体験版を使う方法を徹底解説』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

sendinblueの特徴やメリット、似たソフトについては『sendinblueの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

sendinblueのデメリット

man siting on wooden dock

sendinblueのデメリットは次の通り

画面が英語

情報が少ない

それぞれ詳しく説明します。

画面が英語

sendinblueは海外製のソフトのため画面は英語となります。

ですがメールの送信は日本語でも対応できるので使う分には問題はありません。

日本製のソフトに比べてもかなり高機能なメールマーケティングツールです。

 

英語を見るだけで気分が悪くなる人にとってはsendinblueは難しいかもしれません。

ですが使い方に関しても当サイトで解説しているのでぜひ参考にしてください。

海外サービスを日本語化する方法は『海外サービスを日本語化する方法』の記事をご覧ください。

情報が少ない

sendinblueは海外ではメジャーなソフトですが日本だと使っている人はまだまだ少ないです。

そのためsendinblueの日本語情報が少ないのが現状。

sendinblueの情報を得るためには英語を読む必要があります。

sendinblueの口コミ

sendinblueの口コミをご紹介します。

口コミを見る限りsendinblueは好評なものが多かったです。

操作性が良くわかりやすいのがsendinblueの良い点ですね。

\無料ではじめる/

sendinblueを無料体験する方法は『sendinblueの無料体験版を使う方法を徹底解説』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

sendinblueの特徴やメリット、似たソフトについては『sendinblueの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

sendinblueで使える支払い方法

person holding black and white electronic device

sendinblueの支払い方法は次の通り

クレジットカード・デビットカード

PayPal

それぞれ詳しく説明します。

クレジットカード・デビットカード

moosendでは下記のクレジットカードとデビットカードで支払いが可能です。

VISAMasterCardAMERICAN EXPRESS
DISCOVER

JCBは対応していないのでご注意を!

またプリペイドカードに関しては基本的には使えないと考えてください。

PayPal

sendinblueでクレジットカードを登録したくない人におすすめなのがPayPal。

PayPalに登録しているクレジットカードや銀行口座に紐づいて決済ができます。

PayPalはクレジットカードやデビットカードを持っていない人でも銀行口座から直接支払うことができるのがポイント。

sendinblueの価格

各プラン毎の価格をまとめると次の通り

月額年額
Free無料無料
Lite2,270円24,970円
Premium5,880円64,680円

それぞれのプランについて詳しく見ていきます。

Free

Freeプランの価格は次の通り

配信数月額年額
9,000無料無料

Freeプランでは1日の配信数は300件、登録者数は無制限です。

使える機能はメルマガ配信やステップメール配信、SMS配信。

ただしメールの下部にsendinblueのロゴがつきます。

Lite

Liteプランの価格は次の通り

配信数月額年額
20,0002,270円24,970円

月間配信数が2万未満の場合は最安の2,270円でsendinblueを使うことができます。

メールの下に表示されるロゴを削除したりA/Bテストを使いたい場合はオプションとなります。

月間配信数は10万まで対応。

それ以上配信する場合はPremiumプランにしましょう。

Premium

Premiumプランの価格は次の通り

配信数月額年額
20,0005,880円64,680円

Premiumプランでは配信数は100万まで対応しています。

使える機能はLiteプランの機能に加えてFacebook広告やランディングページの作成、AI機能。

ヒートマップを使ったレポート機能もあります。

Liteまでオプションだったロゴ削除やA/Bテストも使うことができます。

\無料ではじめる/

sendinblueを無料体験する方法は『sendinblueの無料体験版を使う方法を徹底解説』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

sendinblueの特徴やメリット、似たソフトについては『sendinblueの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

sendinblueに似たソフト

red and yellow number 3

sendinblue以外にもメールマーケティングを行うソフトはあります。

sendinblue以外の他のツールを試してみるのも良いでしょう。

今回はsendinblueに似たメールマーケティングソフトを3つご紹介します。

名前月額初期費用無料お試し
MailerLite1,000円~無料
GetResponse1,558円~無料
moosend700円~無料〇(30日間)

それぞれ詳しく説明します。

MailerLite

公式サイトMailerLite
月額1,000円~
初期費用無料
無料お試し
配信可能数無制限
登録可能アドレス数1000件~
無料お試し

MailerLiteメーラーライトは簡単にメールの配信や効果測定、ステップメールの設定ができるメールマーケティングツール。

登録者が1000人以下の場合は月間で12000通まで無料で使うことができます。

機能も充実していながらかなり低コストでメールマーケティングを始めることができるのです。

GetResponse

公式サイトGetResponse
月額1,900円~
初期費用無料
無料お試し
配信可能数無制限
登録可能アドレス数500件~

GetResponseゲットレスポンスは誰でも簡単に始められるメールマーケティングツールです。

メール配信だけでなくランディングページの作成もGetResponseで行うことが可能です。

もちろんプログラミングの知識は不要。

ドラッグ&ドロップで簡単設計。

メールマーケティングに必要な機能が全て揃っているのがGetResponseです。

moosend

公式サイトmoosend
月額700円~
初期費用無料
無料お試し〇(30日間)
配信可能数無制限
登録可能アドレス数500件~

ドラッグ&ドロップで簡単に美しいメールを作成できるmoosendムーセンド

使える機能はメルマガ配信やステップメール配信、ランディングページ作成とオールインワンのメールマーケティングツールです。

登録者数の上限は100人で送信数は無制限です。

さらに無料体験版でも送信するメールにロゴは表示されません。

なので製品版と遜色ない機能を試すことができるのです。

\無料ではじめる/

sendinblueを無料体験する方法は『sendinblueの無料体験版を使う方法を徹底解説』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

sendinblueの特徴やメリット、似たソフトについては『sendinblueの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

sendinblueの始め方

最後にsendinblueの始め方をご紹介します。

sendinblueの始め方は次のステップに沿って行うとスムーズに行えます。

無料アカウント作成

アップグレード

使い方

それぞれ詳しく説明します。

無料アカウント作成

sendinblueの公式サイトにアクセスします。

公式サイトにアクセスしたら右上の「Sign up free」または「Take a free test drive!」をクリックします。

「Sign up free」または「Take a free test drive!」をクリックするとアカウント登録画面に移動します。

アカウント登録に必要な情報を入力します。

アカウント作成はGoogleアカウントやApple IDでも可能です。

次の項目を入力します。

Emailメールアドレスを入力
Passwordパスワードを入力

パスワードは8文字以上

入力が終わったら「Create an account」をクリックします。

 

確認のためのメールが送られます。

入力したメールアドレス宛てに以下のメールが届きます。

「Confirm my email address」をクリックしてメールアドレスを確認します。

sendinblueのダッシュボードに移動します。

プロフィールを入力します。

「Complete your profile form」をクリック。

プロフィールを入力します。

入力項目は全て英語となっています。

First NameFirst Nameは名前

名前をローマ字で入力

Last NameLast Nameは苗字

名前をローマ字で入力

Phone Number電話番号を入力

認証コードを受け取るためSMSが受け取れる電話番号であること

全ての入力が終わったら「Next」をクリックします。

 

会社情報を入力します。

入力項目は全て英語となっています。

Company Name会社名を入力

個人事業主は屋号などを入力

Street住所を入力
Zipcode郵便番号を入力
Country日本在住の場合は「Japan」を選択
City市区町村を入力
WebsiteWebサイトのURLを入力

住所を入力する時は『日本語の住所から英語に変換するサイト』を利用すると良いでしょう。

全ての入力が終わったら「Next」をクリックします。

 

ビジネス情報を入力します。

入力項目は全て英語となっています。

Team Size従業員数を選択
How many contacts do you have?リスト数を選択
Business activityビジネス内容を選択
Business Sectorビジネス業種を選択
Do you sell online?オンラインで商品を販売するのか?について「Yes」または「No」を選択

全ての入力が終わったら「Save」をクリックします。

 

プランの選択画面に移動します。

今回は無料体験を使うため「Continue with a Free Plan」をクリック。

ダッシュボードに移動します。

アップグレード

sendinblueはFreeプランだと1日300件までしか配信ができません。

それ以上配信する場合はアップグレードが必要となります。

sendinblueをアップグレードする方法を解説します。

 

ダッシュボード内の「Upgrade」をクリックします。

プランを選択します。

sendinblueは配信数によって価格が変動します。

sendinblueの価格は次の通り。

月額年額
Free無料無料
Lite2,270円24,970円
Premium5,880円64,680円

 

今回はLiteプランを選択します。

「Select Lite plan」をクリック。

Liteプランを選択した場合は追加アドオンを購入することでメール下のsendinblueのロゴを消すことができます。

またA/Bテストやヒートマップといった解析機能も使えるようになります。

それらの機能を使いたい場合は「Lite+ add-on」をチェックします。

 

登録者数をカーソルで選択しましょう。

支払いは月額または年額です。

年額払いの場合だと10%オフとなります。

支払い情報を入力します。

入力項目は全て英語になっています。

First NameFirst Nameは名前

名前をローマ字で入力

Last NameLast Nameは苗字

名前をローマ字で入力

Company会社名を入力

個人事業主は屋号などを入力

Address住所を入力
Postal code郵便番号を入力
City市区町村を入力
Country日本在住の場合は「Japan」を選択

住所を入力する時は『日本語の住所から英語に変換するサイト』を利用すると良いでしょう。

すでに入力している場合は再度の入力は不要です。

全ての項目が入力できたら「Continue」をクリックします。

 

支払いに使うカード情報を入力します。

sendinblueの支払い方法はクレジットカードまたはデビッドカード、PayPalとなります。

項目は次の通り

Card numberカード番号を入力
Expiry date有効期限を入力
CVC/CVVセキュリティコードを入力
Name on cardカード名義を入力

利用可能なカードのブランドは

VISA

MasterCard

AMERICAN EXPRESS

DISCOVER

となります。

情報を全て入力できたら「I agree to the~」の規約とプライバシーポリシーの同意にチェックします。

「Pay 〇〇」をクリックします。

以上でsendinblueのアップグレードができました。

使い方

sendinblueの使い方に関しては下記動画を参考にしてください。

sendinblueのよくある質問

sendinblueのよくある質問をご紹介します。
sendinblueの価格は月額2,270円~となります。sendinblueの価格については『sendinblueの価格・料金』の記事をご覧ください。
sendinblueが対応している支払い方法はクレジットカード(VISA、MasterCard、AmericanExpress)、PayPalとなっています。sendinblueの支払い方法については『sendinblueの支払い方法』の記事をご覧ください。
1日300件以上のメールを送信する場合は有料プランへのアップグレードが必要になります。sendinblueをアップグレードする方法は『sendinblueをアップグレードする方法』の記事をご覧ください。
sendinblue以外にもメール配信ソフトはあります。sendinblueに似たソフトは『sendinblueに似たソフト』の記事をご覧ください。
他のsendinblueのよくある質問については『sendinblueのよくある質問』の記事を参考にしてください。

またLineメッセージを使った相談も『フィージア公式LINE』で受け付けています。

わからないことやお困りごとがありましたら下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料で相談/

友だち追加

sendinblueの評価・レビューのまとめ

今回はsendinblueの評価・レビューしていきました。

ブログやYouTubeだけでなくメールマーケティングもやっていきたい。

そんな人におすすめなのがsendinblue。

sendinblueを使ってメールマーケティングに取り組んでみましょう。

\無料ではじめる/

sendinblueを無料体験する方法は『sendinblueの無料体験版を使う方法を徹底解説』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

sendinblueの特徴やメリット、似たソフトについては『sendinblueの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

おすすめ 初心者でも10分でできるブログの始め方

おすすめ アニメーションソフトVyondを徹底レビュー

おすすめ おすすめマーケティングツールまとめ

おすすめ おすすめのメルマガスタンド21選
 

無料メルマガ登録でビジネス動画テンプレートプレゼント!

CTA-IMAGE 無料メルマガ登録で穴埋めするだけで簡単にできるビジネス動画テンプレートをプレゼント!

3秒で登録可能!