無料で情報集めを効率化>>

【徹底評価】moosend(ムーセンド)とは?moosendの評価・レビューを紹介

【徹底評価】moosend(ムーセンド)とは?moosendの評価・レビューを紹介

こんにちは✨矢島奈月妃です。

ブログやYouTubeで情報発信をしている人にぜひやってほしいのがメルマガ配信。

メルマガ配信ができるソフトはたくさんありますがその中でおすすめしたいのがmoosendムーセンド

moosendはメールマーケティングをするのに必要な機能が全て揃ったオールインワンのソフトです。

今回はmoosendの評価とレビューを行います。

今すぐmoosendを使いたいという方はこちらをクリックしてください(記事内の該当箇所に飛びます)

\30日間無料体験!/

moosendを無料お試しする方法は『moosendで無料お試しする方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

moosendの特徴やメリット、似たソフトについては『moosendの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

moosendとは

ドラッグ&ドロップで簡単に美しいメールを作成できるmoosendムーセンド

\30日間無料体験!/

moosendを無料お試しする方法は『moosendで無料お試しする方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

moosendの特徴やメリット、似たソフトについては『moosendの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

使える機能はメルマガ配信やステップメール配信、ランディングページ作成とオールインワンのメールマーケティングツールです。

登録者数の上限は100人で送信数は無制限です。

さらに無料体験版でも送信するメールにロゴは表示されません。

なので製品版と遜色ない機能を試すことができるのです。

 

moosendの機能をまとめると次の通り。

Free TrialPRO
初期費用無料無料
配信可能数無制限無制限
登録可能アドレス数100件500件~
メルマガ配信
ステップメール配信
フォーム作成
ロゴ××
A/Bテスト
ヒートマップ
レポート

有料版の前にまずは30日間の無料体験から始めてみることをオススメします。

\30日間無料体験!/

moosendを無料お試しする方法は『moosendで無料お試しする方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

moosendの特徴やメリット、似たソフトについては『moosendの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

moosendのメリット

sunflowers

moosendのメリットは次の通り

費用が格安

操作が簡単

ECサイトに対応

それぞれ詳しく説明します。

費用が格安

moosendの月額費用は900円と他のメールマーケティングツールと比べても格安です。

さらにこの費用でメールマーケティングに必要な機能が全て揃っています。

費用を抑えたいという方におすすめなのがmoosendです。

操作が簡単

moosendはドラック&ドロップで作成できるメールビルダー機能があります。

そのため初心者でも簡単におしゃれなメールを作成することができるのです。

操作も直感でできるので習得も簡単。

画面も一部は日本語に対応しているのでわかりやすいです。

ECサイトに対応

moosendはECサイトに対応したメールマーケティングツールです。

そのためWebサイトと簡単に連携ができかご落ちの対応などもできます。

ECサイトを運営している人にとってぴったりなマーケティングツールと言えるでしょう。

\30日間無料体験!/

moosendを無料お試しする方法は『moosendで無料お試しする方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

moosendの特徴やメリット、似たソフトについては『moosendの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

moosendのデメリット

white and black jigsaw puzzle

moosendのデメリットは次の通り

情報が少ない

それぞれ詳しく説明します。

情報が少ない

moosendは海外では利用者が増えてきたソフトですが日本だと使っている人はまだまだ少ないです。

そのためmoosendの日本語情報が少ないのが現状。

moosendの情報を得るためには英語を読む必要があります。

当サイトではmoosendに関する情報も発信しているので参考にしてください。

moosendで使える支払い方法

person holding black and white electronic device

moosendで使える支払い方法は次の通り

クレジットカード・デビットカード

PayPal

それぞれ詳しく説明します。

クレジットカード・デビットカード

moosendでは下記のクレジットカードとデビットカードで支払いが可能です。

VISAMasterCardAMERICAN EXPRESS
DISCOVER

JCBは対応していないのでご注意を!

またプリペイドカードに関しては基本的には使えないと考えてください。

PayPal

moosendでクレジットカードを登録したくない人におすすめなのがPayPal。

PayPalに登録しているクレジットカードや銀行口座に紐づいて決済ができます。

PayPalはクレジットカードやデビットカードを持っていない人でも銀行口座から直接支払うことができるのがポイント。

moosendの価格

各プラン毎の価格についてまとめると次の通り

月額年額
Free無料
PRO$9(900円)$84(8,400円)

それぞれのプランについて詳しく見ていきます。

Free Trialプラン

登録者数月額年額
1,000無料

登録してから30日間無料で使えるFree Trial。

登録者数の上限は100人で送信数は無制限です。

使える機能はメルマガ配信やステップメール配信、ランディングページ作成。

moosendは無料版では珍しくメールにロゴマークがつきません。

なので製品版と遜色ない機能を試すことができるのです。

まずは30日間の無料体験から始めてみることをオススメします。

\30日間無料体験!/

moosendを無料お試しする方法は『moosendで無料お試しする方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

moosendの特徴やメリット、似たソフトについては『moosendの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

PROプラン

登録者数月額年額
0 – 500$9(900円)$84(8,400円)

登録者数が500人未満の場合は最安の900円でmoosendを使うことができます。

これは他のメルマガ配信ツールと比べても非常にコストパフォーマンスが高いです。

登録者数の最大数も100万人までかなり大規模にメール配信ができます。

\30日間無料体験!/

moosendを無料お試しする方法は『moosendで無料お試しする方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

moosendの特徴やメリット、似たソフトについては『moosendの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

moosendに似たソフト

black flat screen computer monitor

moosendに似たソフトは次の通り

名前月額初期費用無料お試し
sendinblue2,270円無料
MailerLite1,000円無料
GetResponse1,558円無料

それぞれ詳しく説明します。

sendinblue

公式サイトsendinblue
月額2,270円
初期費用無料
無料お試し
配信可能数20,000件/日~
登録可能アドレス数無制限

メール配信だけでなくSMSでの配信もできるsendinblueセンドインブルー

sendinblueは1日300件まで送信できる無料プランがあります。

使い勝手も非常にシンプルに使うことができます。

シンプルながらも見栄えの良いテンプレートを使った配信メールや登録フォームを簡単に作成可能。

sendinblueはAIを駆使して配信効果を最大化するための配信時間を割り出します。

A/Bテストやヒートマップ、開封率などのレポートもリアルタイムで確認可能です。

 

電話番号によるSMSマーケティングができるのが特徴。

メールアドレスではなくSMSによるメッセージ配信なのでより多くの人にリーチすることも可能です。

さらにFacebook広告とも連携ができsendinblueから広告を配信することができます。

MailerLite

公式サイトMailerLite
月額1,000円
初期費用無料
無料お試し
配信可能数無制限
登録可能アドレス数1000件~
無料お試し

MailerLiteメーラーライトは簡単にメールの配信や効果測定、ステップメールの設定ができるメールマーケティングツール。

登録者が1000人以下の場合は月間で12000通まで無料で使うことができます。

機能も充実していながらかなり低コストでメールマーケティングを始めることができるのです。

GetResponse

公式サイトGetResponse
月額1,558円~
初期費用無料
無料お試し
配信可能数無制限
登録可能アドレス数500件~

GetResponseゲットレスポンスは誰でも簡単に始められるメールマーケティングツールです。

メール配信だけでなくランディングページの作成もGetResponseで行うことが可能です。

もちろんプログラミングの知識は不要。

ドラッグ&ドロップで簡単設計。

メールマーケティングに必要な機能が全て揃っているのがGetResponseです。

moosendの始め方・使い方

black traffic light with green light

最後にmoosendの始め方をご紹介します。

moosendの始め方・使い方は次の通り

アカウント作成

アップグレード

ログイン

メール配信

ステップメール配信

ランディングページ作成

それぞれ詳しく説明します。

アカウント作成

moosendの公式サイトにアクセスします。

moosend

\30日間無料体験!/

moosendを無料お試しする方法は『moosendで無料お試しする方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

moosendの特徴やメリット、似たソフトについては『moosendの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

公式サイトに行ったら右上の「Get Moosend for free」をクリックします。

アカウントの情報を入力します。

「メールアドレス」を入力します。

「Continue」をクリック。

ドメインとパスワードを入力します。

入力項目は次の通り

Your login domainダッシュボードのドメインを決めます

好きな文字列を入力

passwordパスワードを入力

ただしパスワードは

小文字

大文字

数字

記号

8文字以上になるように設定

入力が終わったらプライバシーポリシーにチェックを入れます。

「Register」をクリック。

 

名前を入力します。

項目は次の通り

First NameFirst Nameは名前

名前をローマ字で入力

Last NameLast Nameは苗字

苗字をローマ字で入力

入力が終わったら「Continue」をクリックします。

 

住所等を入力します。

入力項目は全て英語となっています。

Company Name会社名を入力

個人事業主の場合は屋号や名前

Street Address1/2住所を入力
City市区町村を入力
Country日本在住の場合は「Japan」を選択
State/Province都道府県を入力
Postal/Zip Code郵便番号を入力

住所を入力する時は『日本語の住所から英語に変換するサイト』を利用すると良いでしょう。

全ての入力が終わったら「Continue」をクリックします。

 

ビジネス情報について入力します。

入力項目は全て英語となっています。

What industry are you in?業種を選択
How many people work for your organisation?従業員数を選択
How many subscribers do you have?メーリングリストの数を選択
Do you sell online?オンライン販売をするかを選択

全ての入力が終わったら「Continue」をクリックします。

 

アカウントの手続きは完了しました。

入力したメールアドレス宛てにアカウント有効化のメールが届きます。

moosendのアカウントを有効化します。

有効化のメールが届いていると思うのでメール内のURLをクリックします。

クリックするとmoosendのダッシュボードにログインします。

以上でmoosendで無料お試しを始めることができます。

30日間お試しができるのでじっくりその機能を試してみましょう。

アップグレード

右上の「0 out of 1,000 members」にカーソルを合わせます。

現在の契約状況が表示されます。

「請求概要」をクリックします。

「プランを変更」をクリックします。

moosendの価格は次の通り

月額年額
Free無料
PRO$9(900円)$84(8,400円)

 

登録者数をカーソルで選択します。

登録者数に応じて価格が変動します。

支払いは月額、6ヶ月、年額です。

6ヶ月の場合だと15%、年額払いの場合だと20%オフとなります。

Proプランの「Purchase」をクリックします。

支払い情報を入力します。

決済方法の「新規追加」をクリックします。

moosendの支払い方法はクレジットカードとPayPalです。

今回はクレジットカードで決済するので「Card」をクリックします。

クレジットカード情報を入力します。

項目は次の通り

Cardholder Nameカード名義を入力
Card numberカード番号を入力
Expiration Date有効期限を入力
CVVセキュリティコードを入力

情報を入力したら決済をします。

「Validatils and complete payment」をクリックするとカード決済されます。

以上でmoosendをアップグレードできました。

ログイン

moosendの公式サイトにアクセスします。

moosend

右上の「Login」をクリック。

ログイン情報を入力します。

「メールアドレス」と「パスワード」を入力。

「Login」をクリックします。

moosendにログインできるとダッシュボードに移動します。

メールの作成はダッシュボード内で行うのでログインの方法は覚えておきましょう。

メール配信

moosendでメールを配信する方法を解説します。

ダッシュボードの「キャンペーン」にカーソルを合わせます。

「標準」をクリックします。

「キャンペーンを新規作成」をクリックします。

標準の「作成」をクリック。

送信するメールの基本設定を行います。

項目は次の通り

キャンペーン種類HTMLかテキストを選択
キャンペーン名メール配信名を入力
件名メールの件名を入力
プレビューテキスト件名の右側に表示されるテキスト

テキストを入力

送信者名送信者名を選択
返信先返信先のメールアドレスを入力
確認メール送信先メール配信後の確認メールが送られるメールアドレスを入力

項目の入力ができたら「次へ」をクリックします。

 

メーリングリストを選択します。

メーリングリストを選択したら「次へ」をクリックします。

 

メールのデザインを設定します。

「デザインを開始」をクリック。

テンプレートが表示されます。

好きなテンプレートを選択します。

配信するメールの内容を設定します。

ドラッグ&ドロップで項目が設定できます。

内容が設定できたら「Update Campaign&Continue」をクリック。

メール配信の予約を設定します。

メールを今すぐ配信するのか指定の時間の配信するのかを設定します。

配信予約が設定できたら「次へ」をクリック。

送信する内容のプレビューが表示されます。

内容に問題がなければ「送信」をクリックします。

送信が完了しました。

以上がmoosendでメール配信する方法になります。

ステップメール配信

moosendでステップメールを配信する方法を解説します。

ダッシュボードの「オートメーション」をクリックします。

「Create new automation」をクリック。

 

ステップメールを送るためのトリガーを選択します。

「トリガーを選択」をクリック。

ここでは各種トリガーを選択することができます。

今回は「ユーザーが任意のキャンペーンを開封したとき」をトリガーにします。

「ユーザーが任意のキャンペーンを開封したとき」をクリック。

トリガーの回数を選択します。

「保存」をクリック。

オートメーションのトリガーが追加されました。

次はトリガー後のアクションを決めていきます。

「⊕」をクリックします。

トリガー後のアクションを選択します。

トリガー後にメールを送りたいので「その後メールキャンペーンを送信」をクリックします。

送るメールの内容を設定します。

件名と送信者名を入力。

まだ送るメールの内容が決まっていない場合は「キャンペーンを新規作成」をクリックしてメールの内容を設定します。

キャンペーンの使い方については『moosendでメール配信する方法』の記事をご覧ください。

送るメールが設定できたら「保存」をクリックします。

送るメールが設定できました。

他の内容も送る場合は先ほどの工程を繰り返して下さい。

ステップメールの内容ができたら「レシピとして保存」をクリックします。

ステップメールの内容を保存します。

各項目を入力します。

Recipe Nameステップメールの名称を入力
Recipe Descriptionステップメールの概要を入力
Recipe Industryステップメールの種類を入力

各項目の入力ができたら「保存」をクリックします。

これでステップメール配信の設定ができました。

ランディングページ作成

moosendでランディングページを作成する方法を解説します。

ダッシュボードの「マーケティングツール」にカーソルをあわせます。

「ランディングページ」をクリックします。

「新規作成」をクリックします。

ランディングページの基本設定を行います。

各項目を入力します。

入力項目は次の通り

名前ランディングページの名前を入力
ページタイトルランディングページのタイトルを入力
メタディスクリプションランディングページの概要を入力
ファビコンファビコンを設定

全ての項目の入力が終わったら「次へ」をクリックします。

 

ランディングページのデザインを行います。

「デザインを開始」をクリックします。

デザインテンプレート一覧が表示されます。

好きなデザインを選びましょう。

デザインを位置から作成することも可能です。

テンプレートを使ってデザインや内容を変更します。

デザインができたら「Proceed to Next Step」をクリック。

「Save as template」をクリックします。

「Template name」に名前を入力して「Save」をクリックします。

ソーシャルメディアでのシェアの設定を行います。

見出し、説明、画像を入力したら「次へ」をクリック。

コンバージョンの追跡設定を行います。

「次へ」をクリック。

公開方法の設定を行います。

ドメインを設定するかWordPressで公開するかを選択します。

WordPressのサイトを持っている場合はmoosendのプラグインを使うことで簡単に設定が行えます。

「次へ」をクリックします。

ランディングページの概要が表示されます。

「公開」をクリックします。

以上でランディングページの作成ができました。

 

moosendでメールやステップメールを配信する方法はこちらの動画も参考にしてください。

\30日間無料体験!/

moosendを無料お試しする方法は『moosendで無料お試しする方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

moosendの特徴やメリット、似たソフトについては『moosendの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

moosendのよくある質問

moosendのよくある質問をご紹介します。
moosendにログインする方法は『moosendにログインする方法』の記事をご覧ください。
moosendが対応している支払い方法はクレジットカード(VISA、MasterCard、AmericanExpress、Discover)、PayPalとなっています。moosendの支払い方法の詳細については『moosendの支払い方法』の記事をご覧ください。
moosendは30日間無料でお試しすることができます。moosendで無料お試しをする方法は『moosendで無料お試しをする方法』の記事をご覧ください。
moosendの価格は月額900円~となります。moosendの価格については『moosendの価格・料金』の記事をご覧ください。
無料お試しが終了後は有料プランにアップグレードする必要があります。moosendをアップグレードする方法は『moosendをアップグレードする方法』の記事をご覧ください。
moosend以外にもメール配信システムはあります。moosendに似たソフトについては『moosendに似たソフト』の記事をご覧ください。
moosendのレビューについては『moosendの評判・レビュー』の記事をご覧ください。
他のmoosendのよくある質問は『moosendのよくある質問』の記事を参考にしてください。

またLineメッセージを使った相談も『フィージア公式LINE』で受け付けています。

わからないことやお困りごとがありましたら下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料で相談/

友だち追加

moosendの評価・レビューのまとめ

今回はmoosendの評価とレビューを行いました。

ブログやYouTubeだけでなくメールマーケティングもやっていきたい。

そんな人におすすめなのがmoosend。

moosendを使ってメールマーケティングに取り組んでみましょう。

\30日間無料体験!/

moosendを無料お試しする方法は『moosendで無料お試しする方法』の記事で画像つきでわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

moosendの特徴やメリット、似たソフトについては『moosendの評価・レビュー』の記事をご覧ください。

おすすめ 初心者でも10分でできるブログの始め方

おすすめ アニメーションソフトVyondを徹底レビュー

おすすめ おすすめマーケティングツールまとめ

おすすめ おすすめのメルマガスタンド21選

 

無料メルマガ登録でビジネス動画テンプレートプレゼント!

CTA-IMAGE 無料メルマガ登録で穴埋めするだけで簡単にできるビジネス動画テンプレートをプレゼント!

3秒で登録可能!