寄付できるものとは?【意外なものも寄付できる】

寄付できるものとは?【意外なものも寄付できる】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

「寄付」と聞くとお金のことばかりを考えるかもしれません。

でも実はお金以外にも寄付できるものってたくさんあります。

寄付って身近にあるものでもできます。

今回は寄付できるものについてご紹介します。

寄付できるものとは?

お金

日本で寄付をするとなると一般的なのが「お金」となります。

コンビニのレジ横にある募金箱を見たことがある人がほとんどでしょう。

お釣りを入れるだけでも日本全国で考えると大きな力となります。

寄付のやり方については『寄付の仕方とは?【簡単にできるやり方を紹介】』の記事で詳しく解説しています。

寄付の仕方とは?【簡単にできるやり方を紹介】
「いざ寄付をしようと思ってもどうやったらいいのかわからない」「わからないからやめておこう」となる人はたくさんいると思います。ですが寄付をしたいと思っている人がいるのも事実です。この記事では簡単にできる寄付の仕方をご紹介します。

日本円だけでなく外貨も寄付することができます。

外貨を寄付できる団体で有名なのが「日本ユニセフ協会」です。

外貨を送ることで寄付として取り扱ってくれます。

また空港にも外貨の募金箱が設置してあるので簡単に寄付することができます。

古着

古着の寄付も一般化してきました。

服の中には「昔は気に入っていたんだけどだんだん着なくなった」というものもあるでしょう。

そういった服を寄付することで他の人に役立てることができます。

たとえばユニクロやGUでは不要となった服の回収を店舗で行っています。

買い物のついでに寄付もすることができますよ。

日用品

日用品で寄付できるものは家具や家電、布団やタオルなどです。

「プレゼントでもらったは良いもののどこで使おうか、、、」

使い道がなくて捨ててしまうくらいだったら寄付をしてはどうでしょうか?

寄付をすることで本当に必要としている人に届けることができますよ。

食器

結婚式でもらった引き出物の食器などは家に余ってないでしょうか?

そういった家で余っている食器も寄付することができます。

「引き出物でもらったから処分するのもなんだか気がひける、、、」

そんな時は食器を寄付してはどうでしょうか?

文房具

家を探すともう使っていない鉛筆やシャーペン、ノートなどが見つかると思います。

そういった文房具も寄付することができます。

文房具は子どもが勉強をするために欠かせないものです。

海外では文房具がなくて勉強できない子どもがいます。

そういった子どもたちのために使わなくなった文房具を寄付してはどうでしょうか?

切手・はがき

使用済み切手や未使用の切手、書き損じはがきや未使用のはがきを寄付できます。

シートではなく定額のバラ切手や傷んでる古くなった切手は買ってもらえないところもあります。

郵便局でも買取はしてもらえず交換のみで一枚ずつに手数料がかかります。

同窓会の案内に送られてくる往復葉書の返信用ハガキも意外と残ってたりしませんか?

本も寄付することができます。

あなたも一度は言ったことがある「BOOKOFF」でも古本の寄付を受け付けています。

読み終えた本を処分するくらいだったら寄付をして他の人のために役立ててみませんか?

古くなった靴や成長して履けなくなった靴も寄付することができます。

特に海外の貧しい地域では靴のない生活をしている人がいます。

靴がないことで地面にある危険なもので怪我をする可能性があります。

ですが靴があることで少しでもその可能性を下げることができます。

靴の寄付は非常に喜ばれる寄付となります。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみも寄付することができます。

ぬいぐるみって場所もとって意外と処分に困るもの。

でもぬいぐるみをほしいと思っている人は世界中にたくさんいます。

寄付されたぬいぐるみは国内の幼稚園や保育園、病院などに送られます。

ぬいぐるみは子どもに非常に喜ばれる寄付の品と言えますね。

食品

食品も寄付することができます。

たとえば

  • お米やパスタ
  • インスタント食品
  • 缶詰
  • 飲料
  • フリーズドライ

が寄付として喜ばれます。

日本は世界屈指の食品廃棄大国です。

食品を廃棄するのであれば一度寄付できないのか考えてみませんか?

寄付できないもの

これまでは寄付ができるものを紹介しました。

一方で寄付できないものもあります。

次にあげるものは寄付しないようにしましょう。

  • スプレー缶や爆発物
  • ブロックや泥
  • 生ゴミや賞味期限間近の食品
  • あまりにも汚れたもの

「寄付」は善意の気持ちによって行われていると思います。

ですが受け取る人の気持ちまでしっかりと考えることができない人がいるのも事実です。

特にものを寄付する時は

受け取った相手が不快な思いをしないか?」

を判断基準にして寄付をしましょう。

「寄付できるものとは?」のまとめ

今回はどんなものが寄付ができるのかについてご紹介しました。

意外と身近なものでも寄付できることがわかったのではないでしょうか?

寄付はお金以外ももので行うことができます。

あなたが「必要ないもの」でも他の人からすると「必要なもの」かもしれません。

まずは身近なものから寄付をしてみませんか?

 

 

ご連絡先はこちら

株式会社フィージア

TEL 06-7897-5558   FAX 06-7891-8488

info@fieasia.net