文章の読みやすさが簡単に判断できる方法【誰でも簡単】

文章の読みやすさが簡単に判断できる方法【誰でも簡単】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

自分で文章を書くとき「その文章が読みやすいかどうか」というのはかなり大事なポイントです。

そもそも読みにくい文章は読まれないですからね。

いくら時間を書いた文章であっても読みにくかったら読者はすぐに離れていきます。

そういう状態は書き手としても寂しいですからね。

読者が離れることを減らすためにも読みやすい文章を書くことをオススメしています。

「でも読みやすい文章ってどんなの?」

と思うかもしれません。

そこで今回は文章の読みやすさが簡単に判断できる方法をご紹介します。

文章の読みやすさが簡単に判断できる方法

文章の読みやすさが簡単に判断できる方法。

それは書いた文章を声に出して読んでみることです。

人間が文章を読むときは2パターンの方法で行っています。

1つは目で見て読む視読。

もう1つは音読。

視読はイラストのように文章を読むことをさします。

いわゆる速読に使う方法ですね。

でもこの視読は訓練をしないとできません。

そしてほとんどの人が音で文章を読む音読をしています。

実際に声を出さなくても頭の中で音を出していますからね。

文章を声を出して読んでみてつまるようだったらその文章は読みにくい文章なのです。

書いた文章を声に出して読んでみることでその文章が読みやすいかを簡単に判断できますよ。

読みやすく編集するための2つの方法

文章が読みやすいかどうかは声に出して読むだけで簡単に判断できます。

でも判断してそれを編集しないと意味がありません。

次からは読みやすく編集するための2つの方法をご紹介します。

方法1:つまったところで文章を切る

編集の方法の1つめは「つまったところで文章を切る」。

1文が長いことでつまるという現象がよく起きます。

文章を書くことに慣れていない人がよくやってしまうこと。

それは何を書いていいのかよくわからないからとりあえず書いてしまう。

1文が長いとなんとなく書いているような気分になります。

でも1文が長いことで読むのがしんどくなります。

だから1文は短くした方がいいのです。

自分が読むのにつまったということは読者も同じようにつまるということです。

それを防ぐためにもつまったところで文章を切るようにしましょう。

方法2:読みにくい言い回しを変える

編集の方法の2つめは「読みにくい言い回しを変える」。

普段あまり見慣れていない文章というのは読みにくいです。

最近だと「霊験あらたか」というのが読みにくいと思ったのでそれを「パワースポット」と変えました。

もちろん難しい漢字があることで読むことの邪魔をしてしまいます。

例えば「所謂」(読み方はいわゆる)

これをよく”しょせん”と読み間違えてしまいます、、、

しょせんではないとわかっていながらも「所謂」という漢字を見て「なんだっけー?」と思いモヤっとしますね。。。

読者が読みやすくなるためにも読みにくい言い回しをわかりやすい表現に変えるようにしましょう。

ブログに使う漢字の注意点は『ブログに難しい漢字を使ってはいけない【伝わる文章を書こう】』の記事にて解説しています。

ブログに難しい漢字を使ってはいけない【伝わる文章を書こう】
あなたは普段から他の人のブログを読んでいるでしょうか?そしてあなた自身はブログを書いているでしょうか?いろいろな人のブログを読んでいくとその中に読みにくいブログってあるんですよね。そういった記事では難しい漢字が記事にたくさんあります。書いている人の気持ちとしては「自分はそういった漢字を知っているぞ!」っていうことをアピールしたいのかもしれないですが、、、それってただの独りよがりのブログを書いているだけにすぎません。そんなブログでアクセスが増えるわけもなく、、、今回はブログに難しい漢字を使ってはいけない理由を3つお話しします。

「文章の読みやすさが簡単に判断できる方法」のまとめ

今回は文章の読みやすさが簡単に判断できる方法をお話ししました。

結論から言うと書いた文章をもう一度自分で読むだけという。

でもこれをすることで客観的に自分の文章を見つめなおすことができます。

文章力をアップするにはかかせない方法なのでぜひ使ってみてくださいね。

 

ご連絡先はこちら株式会社フィージア

TEL 06-7897-5558   FAX 06-7891-8488

info@fieasia.net

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする