無料で情報集めを効率化>>

クエン酸 クエン酸を取って健康に

クエン酸 クエン酸を取って健康に

こんにちは✨矢島奈月妃です。

連日の暑さで疲労がたまっている人も多いのではないでしょうか?

疲労回復にぴったりなのがクエン酸。

クエン酸は疲労回復以外にも様々な健康に良い面がたくさんあります。

今回はクエン酸についてご紹介します。

今回の内容は動画でも解説しています。

他の内容について考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

チャンネルのおすすめ動画は『未来Laboおすすめの動画10選』でぜひご確認ください。

クエン酸とは

クエン酸とはお酢やレモンなどに多く含まれている有機酸の一種。

そしてこれら果物の酸味主成分です。

クエン酸は人間が生きていく上で重要なエネルギーを生み出すために必要な成分でもあります。

クエン酸は体内でも合成される成分です。

 

人間がエネルギーを作り出す仕組みをクエン酸回路(TCAサイクル)と呼びます。

クエン酸はクエン酸回路の中で着火剤のような役割を担っているのです。

このクエン酸サイクルは1937年にドイツの化学者ハンス・クレブスが発見。

この功績により1953年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

クエン酸の歴史

クエン酸は1784年にスウェーデンの科学者シェーレによってレモン果汁から発見されます。

ですがその健康効果はクエン酸が発見される前から注目されていました。

古代ギリシャではヒポクラテスがお酢の力に着目。

様々な病気の治療にお酢を利用していたことがわかっています。

 

日本でお酢が作られるようになったのは紀元前4世紀。

そして飛鳥時代には自然食品としてお酢を作る官職が置かれていたほど。

お酢が国にとっても重要なものとして扱われていたことがわかります。

当時からクエン酸の効果には注目が集まっていたのです。

クエン酸の効果

ダイエット

クエン酸を取ることでクエン酸回路を活性化せることができます。

クエン酸回路が活性化すると代謝の向上につながります。

代謝が向上するとエネルギーを消費しやすくなるのでクエン酸はダイエットにも効果的だと言われているのです。

 

またクエン酸を取ることで血液中の脂肪を優先的にエネルギー源として使うようになります。

脂肪も莫大なエネルギーを持っているのでクエン酸によって効率よくエネルギーとして消費できます。

脂肪をエネルギーとして消費できると体内の脂肪も減らすことが可能。

代謝の向上だけでなく脂肪の燃焼効果も上げることができるまさにダイエットにはぴったりなのがクエン酸なのです。

疲労回復

体を動かすと疲労物質の元と呼ばれる乳酸が生成されます。

乳酸によって体内が酸性化。

酸性化することで体が疲れてしまいます。

クエン酸には乳酸の生成を抑えてくれるため疲労回復効果があると言われているのです。

ただし乳酸は疲労物質ではないとする研究もあります。

あくまで情報半分、感覚半分でお願いします。

ミネラル吸収のサポート

現代人に不足しがちなカルシウムやマグネシウムといったミネラル。

ミネラルは単体では体内に吸収されにくいです。

そこでミネラルと一緒にクエン酸を取るとミネラルとクエン酸がくっついてクエン酸塩になります。

クエン酸塩になると体内に吸収されやすくなります。

 

これがキレート効果。

クエン酸がミネラルを包み込んで溶けやすい形に変えてくれます。

この効果があるためミネラル系のサプリメントにはクエン酸が配合されたものが多く市販されているのです。

食欲増進

暑いと食欲が落ちるもの。

それは胃腸の働きが落ちているため。

そんな時にクエン酸を取ることで食欲増進効果が期待できます。

クエン酸を取ると唾液や胃液が分泌され胃腸の働きが活発になります。

そうすることで食欲増進が期待されるのです。

 

クエン酸と聞くと酸性食品かと思いがちですが体内の酸化を防ぐので実はアルカリ性食品に分類されます。

様々な病気が起こるのは体内が酸性に傾いているからとする研究もあります。

体をなるべくアルカリ性寄りにすることで体を健康に保つことができますよ。

痛風の改善

クエン酸は痛風に対しても効果的だと言われています。

痛風とは指先などの末端に尿酸が溜まることで痛みを感じる病気。

痛風の原因は代謝異常による尿酸の蓄積です。

普段であれば体外へ排出される尿酸が代謝異常で体内に残ってしまいます。

それによって尿酸値が高まり痛風の症状が出るのです。

 

尿酸は弱酸性だと血液中に溶け込み最終的に尿として体外へ排出されます。

クエン酸は体をアルカリ性にする食品。

クエン酸を取ることで弱酸性にすることができるので痛風に効果的だと言われているのです。

クエン酸が含まれる食品

クエン酸が多く含まれる食品は次の通り

お酢

レモン

みかん

グレープフルーツ

梅干し

クエン酸はサプリメントとしても市販されているため簡単に取ることができます。

クエン酸の1日の摂取量の目安は5g。

クエン酸は体内に入ってから5時間ほどで消えてしまうので何回かにわけて適度に摂取するのが良いです。

生活習慣病になりそうな人は積極的にクエン酸を取ると良いでしょう。

クエン酸と一緒に重曹も取ると良いという話もあります。

重曹については『重曹水が持つ驚くべき効果に世界が驚愕!』の記事をご覧ください。

無料プレゼント!

「情報があふれすぎていてどうやって情報を取ればいいのかわからない!」

そう悩んでいる人も多いでしょう。

そんな方にはぜひ情報取集に特化したツールを使うことがおすすめ!

LINEにご登録いただいた方には情報収集が簡単に行える『情報収集ツール集』を無料でプレゼント

プレゼントがほしい方は『フィージア公式LINE』をご登録してください。

またLINEでは占いや心理テスト、メッセージを使った個別相談もできますよ。

下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料でプレゼントをゲット!!/

友だち追加

クエン酸のまとめ

今回はクエン酸についてご紹介しました。

様々な健康効果があるとされるクエン酸。

古くは紀元前からその効果に着目されていました。

ですがクエン酸はまだまだ研究段階。

今後クエン酸のさらなる効果が報告されるかもしれません。

何だか体調が良くないなという方は積極的にクエン酸が多く含まれている食品を食べるようにしてはどうですか?

おすすめ 初心者でも10分でできるブログの始め方

おすすめ アニメーションソフトVyondを徹底レビュー

 

無料メルマガ登録でビジネス動画テンプレートプレゼント!

CTA-IMAGE 無料メルマガ登録で穴埋めするだけで簡単にできるビジネス動画テンプレートをプレゼント!

3秒で登録可能!