ホームページで収入を得るために意識するべきたった2つのこと【公式をマスター】

ホームページで収入を得るために意識するべきたった2つのこと【公式をマスター】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

 

「ホームページの更新を頑張っているんだけどなかなか収入に結びつかない、、、」

そう悩む人って結構多いです。

1000記事以上の大規模サイトでかなり力を入れているのにアクセスが0、、、

悲しすぎますよね。

それだと更新するモチベーションも続きません。

もちろん闇雲に更新して収入が得られるほど甘い世界ではないのも事実。

 

今回は

ホームページで収入を得たい

収入が得られる仕組みが知りたい

もっとホームページの更新をがんばりたい

という方に向けてホームページで収入を得るために意識するべきたった2つのことをご紹介します。

これを意識するだけで収入は劇的に伸びる!

ホームページで収入を得るために意識するべきこと

ホームページからの収入(売上)は次の公式で求められます。

公式は次のとおり

PV(アクセス数)×CVR(成約率)

つまりはPVまたはCVRが増えることによってホームページからの収入は増えるということです。

ではそれぞれの要素について詳しく見ていきましょう。

PV(アクセス数)

ページビュー

PVとはページビュー、つまりはそのページへのアクセス数となります。

インターネットの世界ではアクセス数のことをPVと表現するので覚えておきましょう。

そもそもこのPVがないとホームページでは収入は得られません。

 

たとえばあなたがセミナーを開くとしましょう。

そのセミナーには誰も参加者を集められなかった。

それだと当然収入は0円となります。

 

世の中の99.9%のホームページのアクセス数は月間1万PV未満です。

多くが月間100~1000PV程度です。

あまりにもアクセスが少ないと売れるかどうかもわからないのが現実。

まずは月間アクセス数1万以上を目指すのが先決です。

1万PVであれば1年間しっかりと運営すればどんな人でも達成できる数です。

ただ99.9%の人は継続ができなくて諦めているに過ぎません。

 

コツコツ継続する。

これってビジネスでも同じだと思います。

継続していたら周りが勝手にやめていって自分だけが生き残っている。

こんな状況はよくある話です。

 

1年で月間アクセス数を5万PV以上にした私が断言します。

月間アクセス1万PVは継続すれば誰でも達成できます。

そうすればあなたも1000人に1人(0.1%)の人間です。

なかなかすごいとは思いませんか?

まずはしっかりと運営して月間アクセス数1万以上を目指しましょう。

ホームページへのアクセス数を増やす具体的な方法は『ホームページのアクセスを増やす具体的な方法【誰でもできる】』の記事で紹介しています。

ぜひあなたのホームページ運用にも取り入れてみてくださいね。

CVR(成約率)

CVRとはコンバージョンレート、つまりは成約率です。

成約率という概念がわかりにくいと思うのでここで簡単な例えを。

あなたは化粧品をホームページで販売しています。

100人が化粧品のページをみてその内10人が購入しました。

その化粧品の成約率は

10÷100×100=10%

となります。

 

この成約率が高ければ高いほど収入アップへとつながります。

もし月間で100個販売したいならそのページへのアクセスが月間1000PVがあれば良いことになります。

インターネットの強いところは情報を数値で表せること。

これはテレビやラジオ、新聞にはできないことです。

具体的な数値がわかるからこそ改善ができます。

現状がわからないことには改善もできないですからね、、、

ホームページで収入を得るためにはPVとCVRの2つの数字を意識するようにしてください。

そうすることで劇的に変わることでしょう。

ホームページで収入を得るために意識するべきこと

今回はホームページで収入を得るために意識するべきたった2つのことをご紹介しました。

意識をした場合としなかった場合では結果が大きく異なります。

ホームページで結果が出ないのは多くの場合は数値を見ることなくなんとなくで判断しているからです。

なんとなくな判断からはなんとなくな結果しかでません。

せっかく数値で出せるというネットの最大の強みを活かせるというのに。

この記事を読んだあなたはぜひPVとCVRという数値に向き合うようにしてくださいね。

そうすることでホームページはきっとあなたにも応えてくれますから。

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする