6Gって何?ドコモが技術コンセプトを発表

6Gって何?ドコモが技術コンセプトを発表

こんにちは✨矢島奈月妃です。

 

あなたは「6G」についてご存知でしょうか?

2020年1月22日にドコモが6Gに向けた技術コンセプトを発表しました。

ドコモ、6Gに向けた技術コンセプト(ホワイトペーパー)公開

「いやいやまだ5Gですら来てないじゃん!」

と思う人はいるかもしれません。

ですが世界は5Gの次となる6Gの未来を見据えているのです。

中国も6Gを国策としていますしね。

今回は6Gについてどこよりもわかりやすく解説していきます。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも役立つ動画を配信しているのでぜひチャンネル登録をお願いします。

6Gって何?

6Gとは第6世代移動通信システムの略称であり次々世代の通信規格のことです。

6Gは5G以上の超高速通信となります。

6Gは今から10年後の2030年代の実現に向けて各国が研究を行っているのです。

5Gって何?という方は『5Gとは?生活はどう変わるの?【誰でもわかるように解説】』の記事で徹底解説しているのでぜひご覧になって下さい。

6Gの特徴

6Gは5Gをさらに拡張したものとなります。

5Gが持つ特徴としては次の3つ。

超高速・大容量通信

超低遅延・超高信頼

多数同時接続

それら3つの特徴をパワーアップするとともに次の2つの特徴も追加されます。

超カバレッジ拡張

超低消費電力・低コスト

それぞれの特徴について見ていきましょう。

超高速・大容量通信

6Gは5Gよりもさらに通信容量がアップし毎秒100GBの通信が可能となります。

これは5Gの5倍で4Gの100倍の速さです。

ここまで来ると人々が通信しているかどうかを気にする必要すらなくなるほど。

6Gでより高速により大容量のものが通信できるようになります。

超低遅延・超高信頼

6Gではさらに超低遅延となります。

通信の遅延は0.001秒未満であり人間の感覚では感じることができません。

5Gよりも超低遅延・超高信頼となるのです。

多数同時接続

5Gで同時接続可能なのは1平方キロメートル当たり100万台。

6Gではさらに増え1平方キロメートル当たり1000万台となります。

5Gと比べると10倍の接続可能となるのです。

超カバレッジ拡張

超カバレッジ拡張とはカバレッジ(通信可能エリア)を空、海、宇宙などあらゆる場所へと拡張していくことです。

これまでの通信は陸が中心でした。

ですが6Gでは空、海、宇宙などあらゆる場所での通信を可能とします。

「田舎では電波が悪い、、、」なんてことはもうなくなります。

世界中のどこに居てもましてや宇宙に居ても通信が可能となっていくのです。

超低消費電力・低コスト

6Gによりさらに通信は超高速化するため超低消費電力となっていくでしょう。

そして無線の信号を使った給電技術により充電不要なデバイスが登場することが考えられています。

「スマホの充電が切れた」という悩みからは解放されますね。

6Gがなぜ必要?

「5Gでさらに世界はよくなるんだから6Gなんていらないでしょう?」

と思う人もいるかもしれません。

当然と言えば当然ですよね。

5Gの導入で世界が一変すると言われているんですから。

そこからさらに一変するのか!という話です。

5Gが普及することであらゆるものがインターネットに繋がるIoT社会が到来します。

IoTについては『IoTとは?わかりやすく簡単に説明!』の記事で解説しているのでIoTがわからない人はぜひ読んでください。

IoT社会の到来によってインターネットにつながるものが爆発的に増えます。

そうすると5Gで補えるデータ量の許容量をオーバーしてしまうのです。

それも数年で。

だからこそ6Gへ移行していかないと5Gでのインフラが役に立たなくなってしまうのです。

6Gで変わる生活

5Gのその先である6G。

6Gによって私たちの生活がどのように変わるのか見ていきましょう。

ホログラム

ホログラムとは立体映像のこと。

SF映画などで見たことがあるはず。

5Gでもホログラムは実現するでしょう。

ですがホログラム映像だとわかってしまいます。

6Gでのホログラムだともうそれがホログラムなのか人間なのかの見分けがつかなくなるレベルです。

本人が移動しなくてもまるでテレポーテーションのように人物を登場させることができます。

働き方としてもリモートワークがさらに主流のものとなるでしょう。

VR(バーチャルリアリティ)

ホログラムのように現実社会に投影するだけでなく

人はよりリアルなバーチャル空間へと行けるようになります。

しかも現実とバーチャルな空間の区別すらつかないほどリアルなものになるでしょう。

その超リアルなバーチャル空間で大人数のゲームなどを楽しむことができます。

触覚情報伝送

6Gでは触覚の情報を遠隔地へと送ることができます。

触覚の情報を送ることができれば力加減を調節しながら遠隔手術ができるようになります。

より精密な高度医療を施すことができるのです。

ロボットによる遠隔地介護も本格化するかもしれません。

IoE(Internet of Everything)

IoEとはInternet of Everything。

つまり全てのものがインターネットにつながるということです。

5Gで注目を集めているIoTではモノがインターネットにつながります。

ですがそこには私たち人は含まれていません。

IoEとは人も含めた全てがインターネットにつながるということ。

既に海外では主流となりつつ人体にチップを埋め込むということも普及するでしょう。

脳内にチップを埋めこんで言語の同時翻訳が行われるかもしれません。

全てが一体化していくのが6Gの大きな特徴と言えるでしょう。

6Gのまとめ

今回は6Gについてご紹介しました。

6Gとは5Gの次の第6世代超高速通信のこと。

その特徴は

  • 超高速・大容量通信
  • 超低遅延・超高信頼
  • 多数同時接続
  • 超カバレッジ拡張
  • 超低消費電力・低コスト

SFの世界がついに現実のものへと近づいてきました。

5G以上の変革が6Gでは訪れます。

まずは2020年より始まる5Gで世界はどのように変わっていくのか楽しみで仕方がないですね。