原子結合って何なの?今さら聞けないトピックを解説!

原子結合って何なの?今さら聞けないトピックを解説!

こんにちは✨矢島奈月妃です。

 

原子が結合して分子となる。

理科で習った知識として当然持っていると思います。

でも実際にその結合する瞬間を見たことがある人ってどれくらいいるでしょうか?

いないと思います。

なぜならこれまで原子結合の瞬間の映像がなかったから。

ですが2020年1月18日に「原子結合の撮影に成功した」というニュースが発表されました。

世界でもはじめて原子結合の撮影に成功したのです。

今回は原子結合って何?という方のために原子結合についてわかりやすく解説します。

原子結合って何?

原子結合とは原子が結合して分子になることです。

教科書で2つの○がくっついている図を見たことがあるでしょう。

それが原子結合の状態ということです。

原子が結合しまた離れる様子の撮影が世界ではじめて成功しました。

どんな様子なのかは次の動画を見てください。

中央の2つの黒い丸が対象とする原子です。

その原子が結合して分子になってまた離れるという様子がリアルタイムで撮影されました。

撮影されたのはレニウムという原子。

撮影に成功したのはノッティンガム大学のアンドレイ・クロビストフ教授率いる研究チーム。

極小単位で行われる化学反応を観察できたことは科学技術の進歩を感じる話ですね。

 

ナノテクノロジーの分野もこれからの進歩が非常に期待される分野です。

ナノテクノロジーが発達することで私たちは病気から解放されるとも言われています。

自分の体内で病気に対抗するための薬を生産する。

そんな未来がもうじき近づいています。

こういった科学のトピックからは目が離せないですね。

原子結合のまとめ

今回は原子結合についてご紹介しました。

原子同士がくっついて分子になる。

誰しもが当たり前に知っている話。

ですがその瞬間を誰も見たことがなかったのです。

おそらくは本当だけどそれを実証したということは非常に価値があります。

原子レベルで構造を解析することは私たち生命の解明には必要なこと。

私たちはまだまだ自分のことですら知らないんですから。

 

誰も見たことがない瞬間を見ることができたのは科学の進歩があったからこそ。

今回の原子結合の観測によってまた新しく一歩を踏み出したということです。

テクノロジーの進歩によってどんどん世界が変わっていきます。

これからの10年が一体どのようになっていくのかは楽しみで仕方がないですね。

2020年は科学に関する大きなトピックが絶えない年ですね。

これから変わっていく世界。

大きく期待しましょう。

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする