テレワーク(在宅勤務)とは?メリットも紹介

テレワーク(在宅勤務)とは?メリットも紹介

こんにちは✨矢島奈月妃です。

 

新型コロナウィルスが感染を拡大しています。

感染対策のためにテレワークを推奨する企業が増えてきています。

日本企業ではなかなか導入が進まなかったテレワーク。

今こそ働き方を見直す時期が来ているのかもしれません。

今回はテレワークについてわかりやすくご紹介します。

 

他にも役立つ動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

今回の内容は動画でも解説しています。

テレワーク(在宅勤務)とは?

テレワークとはインターネットや電話、パソコンを使って会社ではなく自宅や出先で働くことです。

在宅勤務やリモートワークとも呼ばれていたりします。

日本ではこれまで「会社に行って働く」ということが当たり前でした。

もちろん対面に優るコミュニケーションはないとは思います。

ですが全ての人がそうあるべきかと言われると違うのではないのでしょうか?

また近年では様々なツールが登場しテレワークができやすくなっています。

今一度テレワークについて考えてみると良いでしょう。

ではテレワークを導入することによるメリットを見ていきましょう。

テレワークのメリット

テレワークによるメリットは

離職率の低下

求職者の増加

オフィスや備品などのコストの削減

生産性向上

などがあげられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

離職率の低下

結婚や介護を理由に会社を辞めざるを得ない人がこれまで大勢いました。

働きたいのに会社に行けないという理由で辞めざるを得なかった。

これは本人にとっても会社にとっても大きな損失です。

人が辞めるということは残った社員の負担も増えてしまいます。

そうするとさらなる離職者を増やしかねません。

 

そこでテレワークです。

テレワークを導入すると働く場所を選びません。

子育てをしていても介護をしていてもパソコンやスマホがあれば働くことができます。

辞めたくなかった人も辞めなくてよくなります。

離職率が下がることは会社にも働く人にとっても大きなメリットです。

求職者の増加

特に若者世代は生活の質を向上させることに対して興味があります。

働きたいように働く。

これが若者の願いのように思います。

テレワークは働き盛りの若者にとって大きな魅力です。

求人票に「在宅勤務可」と入れたことで応募者数が増えたという話もあります。

人手不足を抱える日本企業にとって応募者が増えることは非常に良いことですね。

オフィスや備品などのコストの削減

人が会社に集まって働く。

それだけでオフィスや備品、維持費といったコストがかかります。

全ての人がそうではありませんが無駄な残業をしている人もいるのも事実。

ある意味会社という場所があったからこそ発生していた問題です。

 

でもテレワークを導入するとオフィスや維持などが必要最低限となります。

今までかかっていたコストを新しい投資に回すこともできるのです。

生産性向上

テレワークなので通勤が不要です。

今まで通勤に使っていた時間を有効活用することができます。

働いている人が集中しやすい場所で仕事をする。

そうすると生産性も向上します。

テレワークを導入したことで利益が伸びたという話も。

 

アメリカではすでにスタンダードな働き方であるテレワーク。

今の時代だからこそテレワークが日本社会にも必要だと感じます。

テレワークのまとめ

今回はテレワークについてご紹介しました。

テレワークは労働者にとっても会社にとっても大きなメリットがあります。

ですがこれまでは既存社員の圧力により中々導入できないと言った背景がありました。

会社に行って仕事をする。

これまで当たり前だったものがどんどん変わっていく世の中です。

その流れに乗れるのか置いていかれるのかによって今後の人生が大きく変わります。

当社もテレワークに大きな可能性を感じテレワークを推奨しています。

ぜひ一度テレワークについて考えてみませんか?

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする