遺品整理とは?大切な人との思い出を整理しませんか?

遺品整理とは?大切な人との思い出を整理しませんか?

こんにちは✨矢島奈月妃です。

誰しもがいつかは大切な人を亡くしてしまう時期が訪れます。

あなたはそのときのことについて考えているでしょうか?

いつかくるその時を考えて今から遺品整理について知っておきませんか?

この記事では遺品整理に関することをわかりやすくまとめています。

遺品整理とは?

遺品とは亡くなった方が残した貴重品や思い出の品、生前使用していた全てのものです。

大事な人が使っていたものがただのものではなく1つに1つに想いがつまった遺品となります。

実際に形があるものだけでなくオンライン口座や連絡先といったデジタル遺品もあります。

品物の持ち主がすでになくなっているため基本的に遺族が遺品を片付ける必要があります。

遺品整理とは亡くなった方の思い出の品とそうでないものとの仕分けを行い片付けを行うことです。

しかし中には亡くなった方への思い入れが強く手をつけられない方も少なくありません。

そういったときに遺品整理業者が活躍することになります。

私たちの仕事は残されたご家族の気持ちに寄り添いながら一緒に遺品を片付けることです。

「遺品整理」と似た言葉として「生前整理」があります。

遺品整理と生前整理との違いは『まずは理解 遺品整理と生前整理の違いって?』でお話ししていますよ。

遺品整理ってどうやればいいの?

「遺品整理を何度もやってことがある!」という人はほとんどいないでしょう。

ほとんどの人が遺品整理は初めての経験ということです。

初めての経験なので「どうやってすればいいの?」と戸惑うこともあるでしょう。

遺品整理をするときはまずは何かやったらいいのかを知ることから始めてみましょう。

自分で遺品整理をするとどれくらいの期間かかるの?

自分で遺品整理をする場合の期間は人それぞれになります。

実際のところ20年や30年、手がつけられていないままという話も聞きます。

それだけ自分で遺品整理をするのには時間がかかります。

その理由として遺品を整理することで今までの思い出と別れてしまう気分になるからです。

あなたもないでしょうか?何かものを見た時に昔のことを思い出すことを。

大切な人が亡くなった時にものは”もの”ではなく大切な人との思い出がつまった遺品となります。

だからこそ遺品と別れることが辛くなってしまうのです。

その結果として何十年も遺品整理に時間を要してしまいます。

自分で遺品整理をする場合はかなり長期的でエネルギーもかかることを覚えておきましょう。

遺品整理を依頼するメリットとデメリット

遺品整理を依頼するメリットは

  • 時間の節約
  • 体力的精神的負担が軽減
  • プロに聞くことで一人で考えなくてもよい
  • 遺品の供養

が挙げられます。

一方で遺品整理を依頼するデメリットは

  • 遺品が不法投棄されることがある
  • 法外な値段を請求されることがある

となります。

遺品整理をしている業者の中には怪しいことをしているところがあるのも事実です。

したがってその業者が不法投棄をしないのか?信頼できるのかについてしっかりと確認することでトラブルを未然に防ぐことができます。

遺品整理をする時に注意すること

遺品整理とまではいかないですがちょっとしたものを運ぶこともあるでしょう。

例えば自宅にある灯油やスプレー缶。

ただ取り扱い方を怪我につながるかもしれません。

よくある話としては灯油を運ぼうとしてこぼしちゃった!という場合。

灯油をこぼした場合の処理方法を『灯油をこぼしたらどうしたらいい?【処理方法と危険性について】』で詳しく解説しています。

「遺品整理とは?」のまとめ

今回は遺品整理についてご紹介しました。

あなたもいつか遺品を整理する時がやってきます。

遺品整理をすることで亡くなった人との気持ちを整理することができます。

その時に備えて遺品整理について理解しておきませんか?