なんで遺品整理ができないのか?【原因も解説】

なんで遺品整理ができないのか?【原因も解説】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

遺品整理を自分でやると決めたのになかなか進まない。。。

こういったお客様は非常に多いです。

遺品整理は1日で終わるようなものではありません。

ですがいつかはやらないといけないもの。

今回はなんで遺品整理が自分ではできないのか?について解説していきます。

なんで遺品整理ができないのか?

亡くなった人との思い出の品と別れるのがつらい

いざ遺品を整理しようとして眺めていると昔の思い出が蘇ってきます。

「あの時一緒に行ったな」「大変だったけど一緒にやったんだな」

亡くなった人との思い入れが強いほど思い出してしまいます。

それを1つ1つ整理していく。なかなか進まないですよね、、、

量が多すぎる

遺品は家や部屋にあるものなので数が多いです。

あまりの数の多さにやる気もなくなってしまいます。

量が多いためにいつまでも終わらないという状態になります。

人は大量のものが目の前にあると必要以上に負担であると感じます。

つまり量に圧倒されるということですね。

量に圧倒されて遺品整理がなかなか進まないのです。

時間がかかる

亡くなった家に行って遺品を整理する。

1つ1つ「必要なもの」「そうでないもの」と分けるために悩まないといけません。

しかも量が大量にあるとしたら膨大な時間がかかります。

実際初めは自分でやろうとしていて2、3ヶ月やった結果一向に終わらず、、、

その後に遺品整理を依頼してくる方がほとんどです。

場所が離れている

亡くなった人の家が自分が住んでいるところと近い場合は多少はやりやすいかもしれません。

でもそれが県外で遠方だとしたら、、、

遺品整理を行う度にそこに行かないといけません。

しかも全てが終わるまで何度も何度も

場所が離れていて遺品整理ができないというケースもあります。

重たいものが持てない

遺品の中にはタンス、ベッド、冷蔵庫といった大物家具があります。

着物や服も数があることで重たくなります。

それを一人で全て運びださないといけません。

あなたはそれをたった自分一人の力だけで運出せるでしょうか?

おそらく無理でしょう。

むしろ重たいものを無理して運び出そうとして身体を痛めたら元も子もないですからね。

遺品の中の重たいものが運びだせなくて遺品整理ができないのです。

自分でできない時は遺品整理を依頼するのも1つの方法

遺品整理ができない理由は人それぞれにあるでしょう。

遺品整理をして自分がけがをしてしまったら元も子もないですからね。

だからこそ遺品整理を専門としている業者があります。

でも遺品整理を依頼するのって実際のところどうなの?って思うかもしれません。

そんなあなたのために遺品整理を依頼することのメリットとデメリットについて『遺品整理を依頼するメリットとデメリットとは?』にまとめましたよ。

遺品整理を依頼するメリットとデメリットとは?
遺品整理を自分で行う。これはあなたが思っている以上に大変なことです。何度も何度も現地に通ったりものを運んだり遺品が多いため全然減らなかったり。しかも終わるまでに20年以上かかる人もざらにいます。もちろん遺品整理ばかりに時間をかけるわけにもいかないという事情もあるでしょう。そこであなたの選択肢として遺品整理を依頼するというものがあります。この記事では遺品整理を依頼するメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

「なんで遺品整理ができないのか?」のまとめ

今回はなんで遺品整理が自分ではできないのかについてお話ししました。

遺品整理をすることは肉体的精神的にも大きな負担がかかります。

もし自分で遺品整理をすることができずにお悩みでしたら遺品整理を依頼するのも一つの方法ですよ。

自分だけに抱え込まずに相談するようにしてくださいね。

 

 

ご連絡先はこちら株式会社フィージア

TEL 06-7897-5558   FAX 06-7891-8488

info@fieasia.net

対応可能エリア:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする