優秀なWEB担当者が採用できない3つの理由【解決策つき】

優秀なWEB担当者が採用できない3つの理由【解決策つき】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

 

『自分ができないことは他の人にやってもらえばいい』

そう考えている経営者って結構多いと思います。

ですがそれができないケースがあります。

それは優秀なWEBの担当者を雇ってWEB関係をやってもらうこと。

本当に優秀なWEBの担当者を雇うことはほぼできないでしょう。

ではなぜ優秀なWEB担当者を採用できないのか?その理由についてお話しします。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも役立つ動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

優秀なWEB担当者を採用できない3つの理由

優秀なWEB担当者を採用できない3つの理由は次の通り

囲い込めない

費用が払えない

社長の実力以上の人は雇えない

それぞれ詳しく解説していきます。

囲い込めない

普通の会社であれば雇うことで社員を囲い込もうとします。

ですがWEBについて詳しいということはそのスキルを使って自分で稼げるということです。

自分で稼げるのにも関わらずあなたの会社に就職する理由ってなんでしょうか?

中にはお金じゃなくて中には社長に憧れて入社するケースもあるかもしれません。

でもそれって社長であるあなたがWEBのことに精通している場合だけだと思います。

そうではない場合は優秀なWEB担当者を雇えることなんて現実的にはほとんどないです。

 

本当にないかどうかを知りたいなら知り合いの経営者に聞いてみてください。

「優秀なアフィリエイターやブロガーって雇ったことある?」と。

99%の経営者が「そんな人は雇ったことないなぁ」と答えるでしょう。

もちろん0%ではありません。

そんな奇跡が起こることがあるかもしれません。

「でもそんな奇跡を信じて経営しますか?」という話です。

無理なものは無理なものです。

なので優秀なWEBの担当者はまずまず雇えないと考えておいた方が良いでしょう。

費用が払えない

もし万が一そんな優秀なWEB担当者に会えたとしましょう。

でもそんな彼らを雇うための費用ってそもそも払えますか?

自分でアフィリエイトやブログをやって月収1000万円を稼いでいる人。

一体いくらなら雇うことができるのでしょうか?

条件としては非常に厳しいでしょう。

そもそも社長としては「安く雇えたらいいな」という考えもあると思います。

でもそんな人材は安く雇うことは不可能です。

WEBに強いという人は基本的には上昇志向な気質を持っています。

でないと執筆や分析に莫大な時間をかけないですからね。

 

WEBに対して知識がない社長はWEBの力を不当に安く見積もる傾向があります。

私も良く言われます。

「WEB使ってちょろっとやれば売上なんて簡単に上がるでしょー」

むしろそんな方法があるなら教えてほしいくらいです、、、

そしてこのような考えをしている社長は採用の時にも同じように思考するでしょう。

だからこそ雇用のミスマッチが起きて優秀なWEB担当者が雇えなくなります。

社長の実力以上の人は雇えない

会社と言うのは社長がピラミッドの頂点です。

だからこそ社長の実力以上の人は雇えません。

WEBのことが全く分からないのに優秀なWEB担当者を雇おうとしているということは

社長の実力以上の人を雇おうとしているということです。

 

創業メンバーだったらそんな優秀なWEB担当者も雇えるかもしれません。

ですが今回の話でいえば新規での採用を考えていると思います。

それならば優秀なWEB担当者を採用できる可能性は限りなく低いのです。

社長の実力以上の人は採用できないと覚えておきましょう。

優秀なWEB担当者が採用できないならどうするか?

この記事を見ているということはおそらくWEBを本格的に導入しないといけないと考えているでしょう。

では優秀なWEB担当者が採用できないならどうすればいいのか?

方法としては次の2つあります。

社員をWEB担当者として教育する

外注する

この2つが現実的なところとなります。

ですがこれにも問題があるのです。

教育と外注の問題

社員に対して教育をするにしても社内にWEBに精通している人が誰もいないという状態でしょう。

社長のあなたがいくら「WEBをやって」と言ったところで社員も何をどうすればいいのかわからないのです。

自主的に勉強させるにしてももし興味があるならもうすでにやっているはずでしょう。

ですが現実はWEBに対して詳しくはない社員しかいない。

つまりはそもそもWEBに対して興味がないケースがほとんど。

社内でやり方が確立されていないのにどうやって適応させていくかも分からない手さぐり状態では失敗は避けられません。

だから社内で教育をするというのはあまり現実的ではないのです。

 

一方で外注にするにしてもこれまであなたはマーケティングもわかるようなWEB制作会社って会ったことありますか?

おそらくないでしょう。

口では「WEBもマーケティングもSEOもわかります!」と言っておきながらいざ蓋を開けてみると全然だったという場合がほとんどだと思います。

以前日本のWEB制作会社のアクセス数を2500社ほど調べたことがあります。

その結果月間のアクセスが1万以上あった会社は10社にも満たなかったのです。

ホームページ上でデカデカと「WEB集客は任せてください!」と謳っていながら。

これが日本のWEB制作会社、SEO会社の真実です。

口はどうでもよくて大事なのは実力。

自社でWEB集客ができないのにどうやって他社でWEB集客をするのでしょうか?

私にはわかりません(ちなみに先月のこのサイトの月間アクセスは16万を超えました!)

実際に外注するにしても結構ハードルが高いというのが本当のところです。

実際の解決策

「社員をWEB担当者として教育する」または「外注する」

を単体でやってしまうと高確率でできないor失敗します。

そんな会社を多く見てきました。

だったら「社員をWEB担当者として教育する」または「外注する」を組み合わせればいいのです。

ですがドメインやサーバーの管理費などと言って小さいお金を取りに行くのが多い業界です。

わざわざ従業員の教育までやってくれる会社なんてそうそうありません。

(むしろあるならその会社を教えてほしいくらいですが、、、)

 

ということでWEB集客をサポートしながら社員をWEBのプロフェッショナルとして育成するというサービスを作っちゃいました!

その名も『WEBの懐刀』

このサービスに私がWEBのことを何も知らない時に出会っていたら間違いなく申し込んでいたでしょう。

それほどオススメなサービスです。

あなたの会社のWEBに関する懐刀として当社をお使いください。

当社は今もなお現役でWEBマーケティングに取り組んでいる会社です。

10年前の知識なんて一切役に立たない業界です。

本当にWEBで成果が出したいなら今もなお手を動かして

最前線で戦っている会社に相談するのが一番手っ取り早いと思います。

 

もしあなたが

優秀なWEB担当者を採用できない、、、

WEBに取り組みたいけど何からしたらいいのわからない、、、

そういった悩みを抱えているようでしたら一度当社にご相談ください。

初回相談無料であなたの会社が抱える悩みを明らかにしていきます。

WEBの懐刀に興味がある方は下のボタンをクリックして詳細を確認してください。

WEBの懐刀はこちら

優秀なWEB担当者を採用できない3つの理由のまとめ

今回は優秀なWEB担当者を採用できない3つの理由をご紹介しました。

理由としては

囲い込めない

費用が払えない

社長の実力以上の人は雇えないから

優秀なWEB担当者を採用するというのは大企業でもない限り非常に困難です。

実際WEBではやることが非常にたくさんあります。

一朝一夕で全てをマスターできるほど浅い世界でもありません。

それにも関わらず「WEBなんて簡単でしょ?」と思っている社長が多いのがかなりの問題かと。

これからの時代はオンラインに対応するのはもう必須になってしまいました。

「まだ良いでしょう」から「もうやらないと会社が存続できない」までに変わってしまいました。

だからこそこのタイミングにオンラインに力を入れてみてはどうでしょうか?

自社だけではできないという会社は『WEBの懐刀』を使ってみるのも一度検討してみてくださいね。

WEBの懐刀に興味がある方は下のボタンをクリックして詳細を確認してください。

WEBの懐刀はこちら  

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする