ネットの誹謗中傷!ダメ絶対【許してはいけない!】

ネットの誹謗中傷!ダメ絶対【許してはいけない!】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

 

先日ネットの誹謗中傷がきっかけで若者が天国に行ってしまうという悲しい事件がありました。

ネットの誹謗中傷はこれまでたくさんありました。

それがきっかけで自ら命を絶ってしまう人も大勢いました。

言葉は人を生かすことができます。

それと同時に人を殺すことにもつながります。

人の命は何よりも大切にしないといけません。

それを簡単に奪うことなんて許されません。

誹謗中傷なんて絶対にダメですよ。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも役立つ動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

ネットの誹謗中傷!やるな絶対

今の日本社会と言うのは本当に平和です。

今からたった100年前は人は武器を持って殺し合いをしていたのですから。

でもそんな人間は今の日本にはほとんどいません。

もしいたとしたらすぐに逮捕されます。

それが今の社会です。

今私たちが生きているこの社会は日本の偉大なる先人たちが懸命に努力をしてつなげてきた未来です。

「こんな世の中は絶対におかしい」と思って必死の想いで文字通り自らの命を捧げながら築いてきた社会です。

昔の人が今の社会を見たらこういうでしょう。

「平和になってくれたんだね」って。

 

そんな彼らの生き様や魂をけなすようなことは絶対にしてはいけないです。

今では武器を持って人を傷つける人は少なくなりました。

でも人は新しいもので人を傷つけるようになりました。

それはネットを使った誹謗中傷です。

 

自分の気分が悪いから人を傷つけてやる。

そんな考え方ってまずおかしいんです。

どう考えても生きる世界を間違えてしまったとしか言えません。

「自分がされて嫌なことは他人にはするな」

そんなことは小学生でもわかります。

でも大人になるとそんな当たり前のことを忘れてしまって他人を誹謗中傷し悦に入る。

こんな情けない大人が非常に増えています。

 

これからはネットでの誹謗中傷も厳罰化されます。

そりゃそうですよね。

人の心を深く傷つけているのですから。

ナイフで人を刺しているのと何もかわりません。

 

先日ツイッターでとある弁護士がつぶやいていました。

「今誹謗中傷に関する問い合わせが急増している。

どんな人の問い合わせが多いかというと誹謗中傷をしていた人からの問い合わせ。

この発言なんですけど誹謗中傷にあたらないですよね?という問い合わせ」

このつぶやきをみて唖然としました。

人を傷つけておきながら自分の身に危機が迫ると途端に縮こまる。

自分は安全なところに居て石を投げる。

こんな大人には絶対になってはいけません。

そしてこんな大人を未来のある子供たちに見せてはいけないと思います。

 

社会と言うのは他人に対する敬意が根底にあって成り立っています。

それを乱す者は退場してもらう他ありません。

他人に対して敬意を払えないと大人。

ハッキリ言ってめちゃくちゃカッコ悪いです。

もちろん人としても嫌いなのですが。

 

他人に対して敬意を払うってそんなに難しいことでしょうか?

「今のこの発言をしたら相手はどう思うのかな?」

たったそれを一瞬考えるだけですよね。

それを考えた結果、「やっぱりおかしいよね」と思ったらその発言はしない方が良いだけです。

そんなに難しいことでしょうか?

相手が嬉しいなと思ってもらうコミュニケーションをする。

これのどこが難しいのでしょうか?

そんなこと簡単ですよね。

大人なんですから。

 

こうして情報発信をしていると誹謗中傷のコメントは届きます。

平気で「馬鹿」だの「死ね」だのきます。

誹謗中傷のコメントがくるとやっぱり傷つきます。

私も人間ですから。

ネットで顔が見えないからと言って他人に好き勝手言っても良いなんて道理はないです。

やっぱりネットを使う人間のモラルを上げていくしかないのかなと思います。

ちなみに誹謗中傷のコメントは全部情報を残してありますのでご注意を!

誹謗中傷をする人の特徴

誹謗中傷をする人には特徴があります。

それは自分に対して自信がないことです。

だから自分より弱い人を見つけて誹謗中傷をしてマウントを取って悦に入る。

他人を誹謗中傷したところであなたの人生って1ミリも良くならないですよね。

こんなこと言われなくてもわかっていますよね。

それでも言ってしまうのはとにかく暇だからなのでしょう。

自分が本当にやりたいことをしているなら他人のことを誹謗中傷している時間って1秒たりともないはずです。

私は本当に今やりたいことをやっています。

だから時間が足りません。

もちろん誹謗中傷に割く時間なんて1秒もありません。

でももし自分が常に虐げられていて暇で暇で仕方なかったらもしかしたら毎日誹謗中傷で悦に入るような人間になっていたのかもしれません。

ほんの少しの歯車の組み合わせの違いで異なる人生を送っていたのかもしれません。

誰でも「ムカァァァーーーーー」と思うときはあります。

人間ですもの。

でもその怒りをそのまま他人にぶつけても良いかというとそれは違いますよね。

自分で自分をコントロールする。

それが大人っていうものですよね。

誹謗中傷っていう何も役に立たないことに人生の貴重な時間を割くよりも

本当に自分がやりたいことを見つけましょう。

そっちの方がよっぽど楽しい人生が送れますよ。

ネットの誹謗中傷!やるな絶対のまとめ

今回はネットの誹謗中傷についてお話ししました。

ネットでは顔が見えないから何を言っても良いと勘違いしている人がいます。

それはただの勘違いです。

絶対にやめてください。

私は文章を書くのが仕事です。

だからこそ痛いほどわかります。

言葉は人を生かすことも殺すこともできるということが。

もしあなたの言ったたった一言の言葉で相手が傷つくなら。

悪いことは言いません。

絶対にやらないでください。

そんな誹謗中傷ばかり言う人間に良い未来は神様が与えてくれませんよ。

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする