【衝撃】コンテンツマーケティングを失敗する人の特徴5選

【衝撃】コンテンツマーケティングを失敗する人の特徴5選

こんにちは✨矢島奈月妃です。

ここ5年の間にコンテンツマーケティングはWEB集客において市民権を得ました。

今WEB上で売上を上げている会社がこぞって実践するコンテンツマーケティング。

ですがほとんどの会社では失敗してしまっているのも事実。

「成功は偶然、失敗は必然」

という言葉がありますが失敗するのはそれ相応の理由があります。

成功したいならまずは失敗例を知ってそれを回避することです。

びっくりするくらい同じ失敗をする人が多いですから。

コンテンツマーケティングを失敗したくな人に向けて

コンテンツマーケティングを失敗する人の特徴を5つほどご紹介します。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも役立つ動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

コンテンツマーケティングを失敗する人の特徴

コンテンツマーケティングを失敗する人の特徴は次の5つ

楽して稼ぎたい人

文章を読むのが苦痛な人

お客様のことを考えたくない人

自分が見せたい情報だけ提供する人

自分で調べるのが嫌な人

それぞれ詳しく見ていきます。

楽して稼ぎたい人

コンテンツマーケティングとはお客様にとって有益な記事を書くことがスタートです。

実際のところコンテンツマーケティングめちゃくちゃめんどくさいです。

記事も100本書いてからがスタートと言う世界。

記事を1本書いて月収○○万円なんて嘘です。

もしそんな方法があるなら教えてください(笑)

楽して稼ぐとは真逆の方法がコンテンツマーケティングなのです。

楽して稼げるなんてものはありません。

ちなみに「楽して稼げますよ!」と言って近づいてきた人は99%詐欺師なのでご注意くださいね。

文章を読むのが苦痛な人

コンテンツマーケティングはたくさんの文章を書くことでしかできません。

それにも関わらず文章を読むことが苦痛だと感じている人。

そんな人がそもそも文章が書けるわけがないんですよね。

今の日本人は本当に文章を読める人が少なくなりました。

それは痛いほどわかります。

だからこそ読まなくても良い動画を使っていたりしますから。

でも動画を作るにしてもまず始めは文章を作ることから始まります。

 

何をするにしても文章が必要になります。

文章が書けないということは自分の考えを相手に伝えることができない人です。

それってめちゃくちゃ損しています。

人類が繁栄したのも文章を使って人に伝えることができたから。

もしそれができなかったら最弱クラスの種族である人類はここまで繁栄できなかったんですから。

文章と言うのは人類が発明した最大の文明の利器です。

文章を読むのが苦痛と言うのは人類最大の文明の利器を放棄していること。

そう考えると文章を読むのが苦痛というだけで損していますよね。

それでも文章を読むのが苦痛で苦痛でという方はWEBで集客することを諦めた方が良いでしょう。

集客する方法は他にもありますからね。

お客様のことを考えたくない人

ビジネスの相談をよく受けますが、、、

お客様のことをしっかりと考えている人って非常に少ないです。

私が売りたいから売る

という考えの人が多いです。

 

昔であればモノが少なかったのでそれでも売れたかもしれません。

ですが時代は飽和の時代です。

競合も似たようなサービスを提供しています。

つまりお客様はどんなものでも選べるということです。

 

そうすると商品力ではもう売れないということ。

ではどうすれば売れるのか?

それはお客様が「この商品は私にぴったりだ」と思う商品です。

どれだけ私のものだ!と感じてもらえるかが大事。

 

それにもかかわずお客様のことを一切考えない。

それだと商品は売れません。

リアルでも同じだと思いますが

「この人私のこと考えているんじゃなくてお金のことばっかり考えているなぁ」

そう思ったお客様があなたから商品を買うことはまずないですよね?

あなたに対して怪しい印象しか受けません。

あなたが本当にWEBを使って稼ぎたいと考えているのであればお客様のことを考えるのは必須ですよ。

自分が見せたい情報だけ提供する人

コンテンツマーケティングの大原則はお客様が欲しい情報を提供することです。

それにも関わらず自分の商品・サービスのことだけアピールする。

それをやりたいことはわかります。

でもお客様はあなたの商品・サービスのことは知りません。

そして興味もありません。

お客様が興味があるのは自分のことだけですから。

本当にお客様を集めたいならお客様が求めているものを提供するしかありません。

コンテンツマーケティングとはお客様に対するです。

お客様がわからないことを解決する。

それの根本も愛だと思います。

お客様のことを考えずに自分の利益ばかり考える。

そういった人間がWEBにいることでWEBの世界が汚くなってしまいます。

さっさと退場することをおすすめします。

自分で調べるのが嫌な人

コンテンツマーケティングの目的はお客様に自分の記事を検索してもらうことです。

お客様は検索をしてあなたのサイトに訪れます。

検索する人の気持ちがわからないと検索される記事を作るのは無理です。

それにも関わらず自分で調べるのが嫌いなら検索で人を集めるのはもう諦めてください。

自分ができないことを相手に要求しても無理な話。

コンテンツマーケティングを成功させたいならまずは自分でたくさん検索してください。

検索はGoogleが無料で提供しているのでいつでもできますよ。

コンテンツマーケティングを失敗する人の特徴のまとめ

今回はコンテンツマーケティングを失敗する人の特徴を5つほどご紹介しました。

コンテンツマーケティングを失敗する人の特徴は

  • 楽して稼ぎたい人
  • 文章を読むのが苦痛な人
  • お客様のことを考えたくない人
  • 自分が見せたい情報だけ提供する人
  • 自分で調べるのが嫌な人

この記事を読んで「ギクッッッッ!」と思った方は要注意。

コンテンツマーケティングは非常に強力な集客手段です。

成功すると会社を上場させることすらできますから。

成功の影には多くの失敗があるもの。

そして失敗する時は共通点があります。

もしあなたがコンテンツマーケティングを成功させたいと思うなら今回ご紹介したものをやらないようにしてくださいね。

もし今回の特徴に当てはまらない場合はコンテンツマーケティングで成功する可能性がぐっと上がります。

それでも何からはじめたらいいのかわからない場合はコンテンツマーケティングを総合的にサポートする『WEBの懐刀』というサービスを提供しています。

ぜひご活用くださいね。

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする