【まずは理解】遺品整理と生前整理の違いって?

【まずは理解】遺品整理と生前整理の違いって?

こんにちは✨矢島奈月妃です。

「遺品整理」と「生前整理」。

何だか似ている2つの言葉。

ではこの2つに大きな違いはあるのでしょうか?

今回は遺品整理と生前整理の違いについてみていきましょう。

遺品整理と生前整理の違い

整理するタイミングが違う

遺品整理は「遺品を整理する」ことなので亡くなってからのタイミングで行うことになります。

生前整理は「生前に整理する」ことなので本人が元気なときに行います。

自分の意志か他人の意志か

遺品整理は本人が亡くなっているので自分の意志では整理することができません。

どんなものを残すのかを決めるのは遺族となります。

生前整理では自分の意志で何を残すのかを決めることができます。

重要な書類の情報についても身内に伝えることができます。

最も本人の意思が伝えやすいのが生前整理となります。

もしあなたが何か大きな財産を持っているのであれば一度生前整理をすることを検討してはどうでしょうか?

生前整理はどういった場合にするのか?について『【事例紹介】どんな場合に生前整理をするのか?』で詳しく解説していますよ。一度見てみましょう。

やり方は変わらない

遺品整理と生前整理で実際にやることが変わるかというとほとんど変わりません

家や部屋を整理することが遺品整理や生前整理となりますからね。

ただ生前整理は自分で作業を見守ることができるためより安心して任せることができるでしょう。

知りたい内容に関しても遺品整理の業者に聞くことができるのも生前整理における魅力の一つですね。

遺品整理や生前整理について悩んでいることがありましたら一度ご相談くださいね。

「遺品整理と生前整理の違いって?」のまとめ

今回は遺品整理と生前整理の違いについて紹介しました。

実際遺品整理も生前整理もやり方に大きな違いはありません。

しかし本人が亡くなった後に遺族同士でもめるということが実際に起きます。

「あの土地はどうするんだ!」「あの財産は俺のものだ!」

遺品が火種となって遺族が争うなんて悲しいことも起きてしまいます。

そんなことが起きないためにも生前に自分の意志をはっきりと表明しておきましょう。

生前整理をしておくことで何を誰に渡すのかを決めることができますからね。