【事例紹介】どんな場合に生前整理をするのか?

【事例紹介】どんな場合に生前整理をするのか?

こんにちは✨矢島奈月妃です。

「生前整理ってどういう時にやったらいいの?」

そう思っている人は大勢いると思います。

でも周りに生前整理をしたことがある人はほとんどいないでしょう。

実際なかなか自分で生前整理をやったことがある人はいませんからね。

今回はどんな場合に生前整理をするのかについてお話ししようと思います。

この記事を参考にして生前整理をやってみてはどうでしょうか?

どんな場合に生前整理をするのか?

老人ホームに入居する場合

老人ホームに入居するということは当然今住んでいる場所を片付けないといけません。

そして必要なものと必要でないものを仕分けます。

その際に自分が持っている財産や貴重品を整理しておくと良いでしょう。

もしも自分が他界したとしても遺族に大きな負担をかけなくも良くなりますからね。

実際「老人ホームに入居するから部屋を整理したい」という話もよくあります。

住居をどこかに移すタイミングで生前整理を考えてみませんか?

部屋での怪我をなくすために

部屋で一人で亡くなる場合があります。

その原因として部屋にある荷物につまづくということがあります。

中には急に荷物が倒れてきて下敷きになるというケースもあります。

それの根本原因は部屋に整理されていない荷物があるからです。

部屋での怪我を防ぐためにも生前整理を行って家や部屋の整理をする。

「転ばぬ先の杖」というものですね。

実は生前整理は部屋での怪我防止にもなるんですよ。

ゴミ屋敷化している場合

これは身内からの相談で生前整理をする場合が多いです。

住んでいる本人は特に気にはしていないのですがゴミの上に生活している人もいます。

そして近隣から苦情がくる。

それが身内に連絡がいく。

身内が家に訪ねると、、、という場合です。

大量のゴミが部屋にあったとしても本人はまるで気にしていません。

ですがゴミに埋もれてしまって窒息死なんてことも実際にあります。

もちろんゴミなので非常に不衛生です。

病気にかかる場合もあるでしょう。

「ゴミ屋敷をどうしたらいいのでしょうか?」

そういった場合に遺品整理の業者に相談することで片づけをすることができます。

「久々に実家に行ったら家がゴミで大変なことになっていた!」

ぜひご相談くださいね。

身内と同居する場合

身内と同居する場合に家を片付けることでしょう。

そして家をまるごと片付けるのは大変です。

それが生前整理だとしてもです。

部屋の片づけをするためにけがをしたら元も子もありません。

肉体的負担を減らすためにも生前整理を活用してくださいね。

介護のために部屋を空ける場合

お父さんやお母さんを介護する場合に部屋を空ける必要があります。

部屋の中に荷物の量が多い場合は整理をした方が良いでしょう。

部屋をまるまる空けるというのは意外と大変なものです。

自分でやるのも一つのです。

ですが時間もかかります。

受け入れるためにあまり時間をかけたくない。

そういった場合は生前整理を活用することもできますよ。

「どんな場合に生前整理をするのか?」のまとめ

今回はどんな場合に生前整理をするのかをご紹介しました。

はじめての生前整理。

どういう場合に生前整理をするかはわからないものだと思います。

いざという時のためにも生前整理についても知識を持っていると良いですよ。

 

 

ご連絡先はこちら株式会社フィージア

TEL 06-7897-5558   FAX 06-7891-8488

info@fieasia.net

対応可能エリア:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする