地の時代から風の時代へ 250年の大浄化の満月終了から新しい流れに乗る

地の時代から風の時代へ 250年の大浄化の満月終了から新しい流れに乗る

こんにちは✨矢島奈月妃です。

人は天体の影響を大きく受けています。

そして今その天体の影響で時代は大きな転換期に差し掛かってます。

もし宇宙から降り注いでいるエネルギーを少し意識するだけで人生が加速できたら、、、

これっていいですよね?

約250年続いた地の時代が終了し新たな風の時代の幕開けを迎えようとしています。

今回は新しい風の時代は地の時代と比べてどのような流れになるのか変化などを見ていきましょう。

新たな風の時代をスムーズに受け入れ軽やかに時代の波に乗るためにぜひ最後までご覧になってください。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも科学やスピリチュアルについて考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。


アニメーション講座情報!あなたもアニメーションを作ってみませんか?

『【初心者向け】アニメーションソフトVyondマスターコース』をUdemyにて配信中!

Udemy講座でVyondを学んであなたもアニメーションを作ってみましょう。

コースを見てみる

風火水土(地)4つの元素

地の時代と風の時代ってそもそも何なの?と思いませんでしたか?

ここでは知らない人のために少しお話ししますね。

私たちの住むこの地球と言う物質の世界は火・空気(風)・水・土(地)の4つの元素から構成されていると言われています。

 

誰でも知っている身近な12星座。

12星座もこの4つの元素に振り分けられます。

牡羊座、獅子座、射手座は火

山羊座、牡牛座、乙女座は地

魚座、蟹座、蠍座は水

水瓶座、双子座、天秤座は風

の要素をもっています。

太陽がその星座に居るタイミングなので1ヶ月ごとに変わります。

私たちは各惑星からの影響を日常的に受けているのですが今回は「風の時代」に関係する木星と土星についてだけ触れますね。

 

木星と土星は社会や概念の変化といった集団に対して作用する惑星だそうです。

今年の12月に土星が水瓶座に入ります。

そしてその後を追うように木星が水瓶座に入り12月22日に最接近します。

木星は約1年かけて星座を移動し土星は約29年かけて12星座を移動します。

つまり同じ星座に位置するのは20年に1度。

惑星がホロスコープ上で同じところに位置することをコンジャンクションと言います。

そして特に木星と土星が同じところに位置することをグレートコンジャンクションと呼び

それがこの12月以降は250年ぐらい風の星座でしか起こらないんです。

1821年 牡羊座の火の時代を最後に1842年 山羊座の地の星座で木星と土星が重なりました。

 

ここから幕末、明治、大正、昭和、平成の間はずっと地の星座でグレートコンジャンクションが起こっていました。

火は活性、水は鎮静、地は安定、風は活動とそれぞれ特徴的なエネルギーを持っています。

安定が重視されていた地の時代から活動の風の時代へ。

1981年 風の星座である天秤座で木星と土星が重なり

2000年には地の星座である牡牛座で木星と土星が重なりました。

もうすでに40年前にふわっと風の時代の流れが入ってきて1度地に戻りましたが2020年12月以降はもう戻ることはありません。

なのでこれから先はどんどんと風の性質が強い時代となっていくということなんです。

 

積極的に行動を起こしていく事が必要となります。

アメリカのトランプ大統領は口先だけでなく積極的に行動を起こしています。

風の時代を切り開いていくのはトランプ大統領だと思います。

なぜそういったことを思ったのかと言うとトランプ大統領の就任演説を見れば全てがわかります。

トランプ大統領の就任演説については『トランプ大統領就任演説「アメリカを再び偉大に」』の記事をご覧ください。

地の時代から風の時代の違いは?

私たちの身の回りがどのように変わっていくのかをザクッと見ていきましょう。

まず物質主義から精神主義にかわっていきます。

地の時代ではお金に価値基準がありました。

ですが風の時代では情報やネットワークなど目に見えないものや精神的なものに価値が移り変わります。

所有から共有へ。

もうすでに実際に今でもシェアオフィスやシェアハウスなどシェアリングエコノミーと言う形で共有する概念がどんどん広がってきていますよね。

新しい時代にはこれまで闇に葬り去られてきた夢のエネルギーであるフリーエネルギーが世界に解禁されるなんて話もあります。

フリーエネルギーについては『フリーエネルギーとは 夢のエネルギーは果たして実現するのか?』の記事でご確認ください。

 

そして今までは上下関係や権威を重んじて一部の人にしか中々チャンスは掴めませんでした。

ですがこれからは平等で誰にでもチャンスが訪れる世界。

出る杭は打たれる制限のある窮屈な世界から風通しの良い爽やかな世界へと時代はどんどん変化していきます。

生きている全ての人にとって初めての大きな基盤の転換期。

この風の時代に乗り遅れないようにしっかり順応していきたいものですね。

風の時代に乗るポイント

ではどうすれば風の時代に乗ることができるのか?

地の時代ではリーダーが舵を取って行く方向を決めていました。

でも風の時代ではリーダーに頼るのではなく個性を出していかないといけない時代です。

すなわち依存から自立へ。

なので今までの時代よりも自分軸が大切になってきます。

自分と向き合う時間をもって心の声を聞いてください。

『自分がどうありたいか』

『自分の望みはなんなのか』

『どんな人たちと過ごしたいのか』

『人生をどう歩んでいきたいのか』

ちゃんと自分自身が知っておかないと軽やかに動けないですよね?

 

そして目に見えない精神的なものに価値を置く風の時代のキーワードは

情報やネットワーク、知識、コミュニケーション

になります。

自分自身が一番自分を理解していないと自分という人間を人に伝えることはできません。

情報がこれだけ溢れた世の中。

自ら検索して情報を掴みにいく姿勢も大切になってはきますが

心そして個性を出して表現して自分から発信いかないといい情報も人脈も入って来にくくなります。

ですが話を伝えることが苦手という人もいると思います。

そんな方は『なぜあなたの話は伝わらないのか?』の記事を読んでどうすれば伝わりやすくなるかを学んでみてください。

今はちょうど時代が移行する期間となっています。

しっかりとこの移行期間に自分と向き合う時間を持ってください。

風の時代の生き方については『風の時代の本当の生き方』の記事でさらに深堀していますのでぜひご覧ください。

 

そして軽やかな風の時代に乗れるように重い荷物は思い切って地の時代に置いていきましょう。

物質だけではなく感情なども含めてとにかく全てにおいて身軽になれるように。

そうすれば行きたい時に行きたい場所に行けるそんな時代がきます。

みんなと同じ道を歩けば安心だと思われてた安定の時代はもう終わっていきます。

日月神示によれば新しいミロクの世が訪れるとも言われています。

ミロクの世については『日月神示が示す救世主が降り立つ「ミロクの世」』の記事をご確認ください。

地の時代から風の時代へのまとめ

今回は地の時代と風の時代の違いや新しい時代を迎えるためのポイントをお話しました。

風の時代はとにかく身軽にしていつでも風に乗っていけるようにしましょう。

イメージで言うと風の谷のナウシカのメーヴェ(笑)

もちろんコントロールするのはあなた。

自分が決めればあなたは好きな場所へ行くことが出来ます。

 

2020年9月は12星座締めくくりとなる魚座の満月でした。

満月のキーワードは『浄化』

そして魚座のキーワードとなるのも『浄化』や『リフレッシュ』なんです。

ここで詳しくは触れませんがホロスコープを見ても

地のエレメントである牡牛座・乙女座・山羊座がグランドトラインという正三角形を描いて

地の時代の締めくくりを表していたり

天王星だけでなく木星と土星、冥王星、海王星も逆光しています。

 

この5つの惑星の逆行も地の時代の締めくくりを意味していると言われてます。

天体をあげての地の時代の大浄化をしているようでした。

なんか歴史的な瞬間に立ち会えた感じでワクワクしました(笑)

これから社会全体の概念が大きく変わってくるかと思います。

今まで当たり前だった事が当たり前じゃなくなる。

そんな事ももうすでに起こってきています。

 

今までの考え方ややり方に固執せずどんどん変化を受け入れる勇気を持ってくださいね。

自分の内側に意識を向け頭で考えるのではなく心で感じてください。

これからは精神や心の時代と言われる風の時代。

あなたは自分の心が求める方向をちゃんと知っていますか?

アニメーション講座情報!あなたもアニメーションを作ってみませんか?

『【初心者向け】アニメーションソフトVyondマスターコース』をUdemyにて配信中!

Udemy講座でVyondを学んであなたもアニメーションを作ってみましょう。

コースを見てみる