ブログオワコン説について【私が思うこと】

ブログオワコン説について【私が思うこと】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

 

先日『なぜ経営者はブログをやった方が良いのか?』という記事を書きました。

まだ見てないよという方はなかなか良いこと書いているのでちょっと覗いてみてくださいね!

今世間的には『ブログはオワコンだ!』という流れがあります。

まぁそれはおおむね正しいでしょう。

今回はブログオワコン説に対して私が思うことについて話したいと思います。

 

ブログはオワコン

『オワコン』って言葉を知っていますか?

オワコンは『終わったコンテンツ』の略語となります。

Webの世界だと一世を風靡したMixiとかGreeとかが該当するんでしょうね。

そしてもちろんブログもオワコンでしょう。

毎日ブログを読むという習慣がある人がどれくらいいるでしょうか?

ほとんどいないでしょう。

見る人がいなくなればもちろん衰退していくしかないわけです。

ブログがオワコンなのはあなたの知ってのとおりです。

 

ブログがオワコンな3つの理由

ブログがオワコンだと思う理由は次の3つ。

1.動画にシフトする

2.Googleが賢くなった

3.SEOが難しい

それぞれ詳しく解説していきます。

 

動画にシフトする

今Googleで何かを検索すると上の方に動画が出てきますね。

例えば「オムライス 作り方」と検索してみましょう。

すると上の方にオムライスの作り方の動画が出てきますね。

正直なところ料理の作り方は文字で見るよりも動画で見る方がわかりやすいです。

「百聞は一見にしかず」という言葉があるように。

この動画というのはYouTube上にアップロードされた動画になります。

あなたも知ってのとおりYouTubeというのはGoogleの子会社です。

GoogleがYouTubeに送客しているという構造ですね。

 

YouTubeの視聴回数が増えれば広告収入も増えますからね。

企業戦略としては当然でしょう。

そして2020年には新しい通信システムとなる「5G」が登場するとされています。

5Gは今の4Gよりもさらに早くインターネット通信を行うことができます。

つまりは動画も今まで以上にサクサクで見られるということです。

そういったインフラも整うという背景からも動画へシフトしていくというのは必然でしょう。

そうなると文字だけのブログはきついですね、、、

 

Googleが賢くなった

近年Googleの検索システムは随分と進化しました。

Googleは検索ユーザに価値ある情報を届けるとともに検索ユーザの手間も減らそうとしています。

例えば「アボカド 栄養」と検索をしてみます。

そうすると記事に飛ぶことなく検索結果自体に情報が表示されるようになっています。

アボカドの説明があったりアボカドの栄養成分表があったりと。

キーワードで検索すると検索結果を見るだけでユーザは知りたいことを知ることができるようになっています。

それだといくらブログを書いてもブログを見てもらうことができないわけです。

 

もう一つ面白いのがしっかりとしたキーワードでなくても意図を読み取って検索結果を表示するようになったことです。

例えば「なんとかの犬」と検索してみます。

そうすると検索結果に出てくるのは「なんとかの犬」ではなく「パブロフの犬」が出てきます。

これはユーザがどんなことを知りたいかを先回りしてGoogleが教えていると言えます。

ここまで来るとGoogle先生様様という感じですね。

もう時代の進化を感じずにはえられませんね。

 

SEOが難しい

ブログで集客する方法って何パターンかあります。

例えばSNSやメルマガ。

そしてSNSやメルマガよりもはるかに多くの人を集客できるのがSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)となります。

10年以上前はホームページを作るだけで集客ができる時代がありました。

サイト内にメタキーワード(サイトがどんなキーワードに関連しているか設定する)を入れるだけで集客ができる時代がありました。

大量のペラサイトから被リンクを送って検索順位を上げて集客できる時代がありました。

でも全てはもう過去の話です。こんな方法は今では一切通用しません。

ですが世の中のWeb屋の認識というものは驚くほど低いものです。

未だに上に書いた方法が通じると思っている人もいるくらいです。(もう少し勉強しましょうね!)

 

近年Googleは賢くなりました。

より正しい情報を検索ユーザに届けようとしています。

そして2018年の8月に「健康アップデート」というGoogleの検索アルゴリズムが大きくアップデートされました。

その影響により健康や医療関係の記事が軒並み検索順位を落としました。

その一方で政府や専門家が運営しているサイトが上位に来るという結果になりました。

この結果からGoogleはその情報が本当に正しいのかを見ているということです。

情報の正しさを担保するために専門家という肩書きを確認したんですね。

これまでは大量の記事を投稿すれば順位が上がるという時代でした。

しかし近年のキュレーションメディアの問題があったようにただ大量の情報を追加したらいいというわけではなくなりました。

過去に有効であったSEOを使うことが難しくなってきたのが正直なところです。

これではブログはオワコンと言われても仕方ないですね、、、

 

私が思うこと

実際のところブログはオワコンでしょう。

それは私も思います。

ですがブログを辞めるかというと私は辞めないです

ブログオワコンなんて正直なところ10年前からずっと言われていることです。

「ブログはオワコン、オワコン」言い続けられているわけです。

それでも今もブログはあります。

 

今もブログがあり続ける理由はやはり成果が出るからです。

もちろん成果を出すのは難しくなりました。

でも難しくなったからといって成果が全く出せないか?というとそうではありません。

私が運営している他のメディアではブログからの集客が成功しています。

しかもたった半年の運営でです。これが事実です。

もちろん過去のように何も考えずに成果が出るほど甘くはありません。

でもそれってどんなジャンルであろうとビジネスである以上甘いなんてことはないです。

ただ単に今までがボーナスステージだっただけです。

 

Googleも昔に比べたら賢くなりました。

それと同時に「ちゃんとしたコンテンツは評価する」という土台が出来上がったということを意味しています。

正しい人が勝てるようになった。私はそう思います。

だからこそブログを辞めることはありません。

Webの世界で最も強力な戦略は諦めないことです(根性論ですいません、、、)

「ブログはオワコン、オワコン」っていう意見が盛り上がるほどブログで成果を出せずに諦める人は増えます。

そして諦めなかった人だけが勝てる世界になります。

私はブログはオワコンなんてことは気にしないです。

 

私の記事を読んでたった1人でも価値を感じてくれるのであればそれは継続するための十分すぎる理由になるからです。

ビジネスってお客様がいるから成り立つことを忘れてはいけません。

それがたった1人だったとしてもお客様であることは変わりません。

たった1人のために尽くすことができないのに「ビジネスなんてできるか!」という話です。

 

「ブログオワコン説について」のまとめ

今回は「ブログオワコン説」について私が思うことを書いてみました。

ブログはオワコンだという説に対しては私も納得しています。

だからといって辞めるかというと辞めないです。

たった1人でも読みたいと思ってくれる人がいるなら辞めてはいけないと思うからです。

ブログって自分の子どもみたいなものです。

それを辞めるということは育児放棄をしているのと同じです。

親は自分の子供を育てる責任があります。

だからこそ私はブログを辞めません。

これからもあなたの生活に少しでも役に立つ情報を発信していきますよ!

 

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする