【映画がもっと面白くなる!】鬼滅の刃が教えてくれた人生で大切なこと

【映画がもっと面白くなる!】鬼滅の刃が教えてくれた人生で大切なこと

こんにちは✨矢島奈月妃です。

社会現象にまでなっている『鬼滅の刃』(きめつのやいば)

普段アニメを見ないという人も「鬼滅の刃は見た!」という方も多いかと思います。

非常に盛り上がったまま原作はフィナーレを迎えました。

そして2020年の10月16日に待望の新作アニメが劇場公開!

めちゃくちゃ楽しみですねー!

鬼滅の刃は誰が何といっても大ヒット漫画でしょう。

それと同時に鬼滅の刃は日本人にとって大切なことを教えてくれていると感じます。

今回は鬼滅の刃が教えてくれた人生で大切なことについてお話しします。

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも役立つ動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

アニメーション講座情報!あなたもアニメーションを作ってみませんか?

『【初心者向け】アニメーションソフトVyondマスターコース』をUdemyにて配信中!

あなたの素晴らしい商品を多くの人にアピールしてみませんか?

コースを見てみる

鬼滅の刃とは

『鬼滅の刃』は2016年から2020年まで週刊少年ジャンプで連載されていた吾峠呼世晴先生による漫画作品。

2019年のアニメ化を皮切りに大ヒット!

コミックスの累計は1億部を突破しています。

主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)は炭焼きの一家に生まれた少年。

平穏につつましく大切な家族と一緒に暮らしていました。

ですがあるときに炭治郎が家に戻ると家族は「鬼」に惨殺され

家族の中で唯一の生き残りである妹の禰豆子(ねずこ)も鬼になってしまう。

鬼になってしまった妹を人間に戻すために心優しき少年である炭治郎が鬼を討つというストーリー。

主人公以外のキャラクターも非常に魅力的で何よりも敵である鬼も悲しい過去を持つという涙なくしても見れない作品です。

 

『鬼滅の刃』は自分が強くなるために人を食らう鬼と鬼から人々を守るために鬼狩りを行う鬼殺隊の戦いを描いています。

鬼は超人的な身体能力や不死性に超再生、さらに妖術といった能力を持っているまさに人類の天敵とも呼べる存在。

一方で鬼殺隊の剣士はただの人であり生身の体で鬼に立ち向かう。

人であるために傷の治りも遅く失った手足が元に戻ることもありません。

それでも鬼に立ち向かうのです。

なぜなら人を守るために

 

アニメの1話の衝撃がすごすぎてその後はのめりこむように観てしまいました。

アニメは映像美に定評があるufotableが手掛けていたため非常に繊細で美しい描写。

まだ見たことがないという人はぜひ見ることをおすすめします!


鬼滅の刃が教えてくれた人生で大切なこと

鬼滅の刃が教えてくれた人生で大切なことは次の3つ。

宣言すること

一人では生きていけない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

宣言すること

炭治郎のかかげる目標は一見すると無謀だと捉えられることかもしれません。

「そんなの今のお前には無理だ!」「そんなことできるはずがない!」

バカにされても笑われたとしても炭治郎は目標を人の前で宣言します。

俺は…俺と禰豆子は鬼舞辻無惨を倒します!!

俺と禰豆子が必ず!!

悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!!

鬼舞辻無惨とは鬼の始祖であり全ての元凶。

炭治郎がその宣言をしたときは炭治郎の実力は全くそれに及びませんでした。

それにも関わらずはっきりと自分よりも格上である柱やお館様の前での決意表明。

柱やお館様には笑われるということにはなりましたが非常にカッコイイシーンです。

そして実際に炭治郎はその目標を成し遂げるに至ります。

 

日本人は良い意味でも悪い意味でも人のことを気にします。

「こんなことを言ったら他人にどう思われるかわからない」

そんな気持ちが前面に出てしまって何も口に出さないまま終えてしまいます。

 

でも言葉には不思議な力があります。

引き寄せの法則って聞いたことありますか?

思うだけでものごとを引き寄せるというもの。

炭治郎は口に出して宣言することで『悲しみの連鎖を断ち切る』という結果を引き寄せました。

一方で口に出さずに何もしないということも『何も生まれない』という結果を引き寄せているのです。

つまりここでも引き寄せの法則が発動しています。

良い面ばかりを考えてしまいがちですが悪いことも引き寄せてしまうのが引き寄せの法則なのです。

だからこそ炭治郎のように良いことを宣言すると良いことが引き寄せられますよ。

一人では生きていけない

鬼は基本的には一体で行動します。

それは鬼同士で共食いをしてしまうから。

鬼が結託して主人である鬼舞辻無惨に対して謀反を起こさないため。

なので鬼は鬼殺隊とは1対多で戦うことになります。

いくら強力な身体や異能を持っていたとしても鬼殺隊に討たれることもあるのです。

 

たとえ鬼殺隊の剣士が敗れても他の剣士が自分の意志をつないでくれる。

その絆が何世代にもわたってつながっているのです。

人は確かに弱いかもしれません。

鬼と比べると力も弱く怪我も治りは遅い。

 

ですが人には協力する力があります。

たとえ自分の夢が叶わなかったとしてもその願いを後世に託すことができる。

それが人が持っている大いなる力。

ですが鬼のように一人ではそれができないのです。

これはいくら一人で強い力を持ったとしても団結した集団には到底かなわないということ。

そして一致団結することで大きな力を得ることができることを表していると言えます。

『鬼滅の刃』の大きなテーマがです。

鬼によって愛を奪われた人が剣士となって戦う。

愛を奪われてしまったことで鬼になってしまう。

剣士と鬼。

彼らに共通するのが愛です。

 

鬼はただ人を襲う悪としては描かれていません。

それぞれが悲しい過去があり鬼になってしまいました。

・ある鬼は嫉妬や嫌悪感から逃れるために

・ある鬼は大切な妹を助けるために

・ある鬼は大切な人を守れなかったために

鬼たちは最期に過去の記憶を取り戻します。

自分は誰かにとって大切な存在だったことを思い出して。

鬼たちも最後は大きな愛によって救われるのです。

 

鬼殺隊の剣士も大切な人を守るために命をかけて戦います。

もちろんの自分のためではなく大切な人のために。

たとえそれが強大な敵だとしてもです。

自分のような悲しい過去を他の人にも背負わせないため。

それこそ他愛の精神。

人のために命をかけて戦うことができる。

 

その姿はかつての日本軍の軍人のよう。

彼らがいたからこそ今の私たちがいるのです。

左とか右とか関係なく自分たちを愛してくれる人がいることを忘れてはいけませんね。

 

今は時代の転換期です。

占星術によれば地の時代から風の時代へと変わる節目の時期が今です。

風の時代はつながりが重点に置かれる時代です。

そこで鍵となるのが愛。

愛があるからこそ人は繋がり合うことができます。

鬼殺隊の剣士のように時代を超えて繋がる。

それを可能とするのが鬼滅の刃のメインテーマとなる愛なのです。

人にとって非常に大切な愛。

鬼滅の刃はその愛を壮大に扱ったからこそヒットしたのではないかと思います。

鬼滅の刃が教えてくれた人生で大切なことのまとめ

今回は鬼滅の刃が教えてくれた人生で大切なことについてお話ししました。

漫画から学ぶことはたくさんあります。

とくに今回の鬼滅の刃では愛の偉大さや大切さについて学びました。

愛があるからこそ人は強くなれる。

大切な人を守るときに人は大きな力を発揮することができる。

何か新しいことに挑戦する時でも自分のためだけではなく

あなたの大切な人のためにがんばることで大きな力を発揮することができるかもしれませんよ。