遺品整理でへそくり発見!!対処法はどうしたら?

遺品整理でへそくり発見!!対処法はどうしたら?

こんにちは✨矢島奈月妃です。

遺品整理をしていると驚くものを見つけるときがあります。

その代表的なのが「へそくり」です。

銀行よりもタンスに貯金をしている人も大勢いますからね。

「へそくり」を見つけたからといって自分の財布にいれてはいけませんよー!

今回はへそくりを発見した時の対処方法をご紹介します。

この記事を読むことでへそくりを発見した時の対処法がわかりますよ!

へそくりを発見した時の対処法

財布にしまわない

「へそくり発見!!財布の中にスッ、、、」

なんてことをやってはダメですよー。

軽い気持ちでやってしまうと相続税の申告時にもめることになります。

また身内間でももめる火種となってしまうことを忘れないでおきましょう。

相続税を申告する

へそくりは不動産や株式といった遺産の一部です。

つまりへそくりも遺産として扱われ相続の対象となります。

へそくりも預貯金と同じで正しく相続税を申告しましょう。

相続税は相続を開始した翌日から10ヶ月以内に現金で一括納税しないといけません。

相続税に対して税務署は厳しく目を光らせています。

もし正しく申告をしておかないと追徴課税が課されることになりますよ。

相続の申告が終わってからへそくりが見つかると相続をまたやり直さないといけなくなります。

相続税が発生する10ヶ月以内に遺品整理をしておくことをオススメしています。

遺品整理をいつからしたらいいのかについては『遺品整理はいつからはじめる?【最適なタイミングとは?】にてお話ししていますよ。

遺品整理はいつからはじめる?【最適なタイミングとは?】
こんにちは✨矢島奈月妃です。 自分に近しい人が亡くなった。 誰しもがいつかは訪れるその時。 悲しみに […]

へそくりが見つかりやすい場所

実際へそくりが見つかりやすい場所というものがあります。

代表的な見つかりやすい場所を紹介します。

  • タンス
  • カーペットや布団
  • 蔵や納戸
  • キッチン
  • 神棚や仏壇

遺品整理を依頼する前にご紹介した場所に関しては自分で確認しておくとトラブルを避けることができます。

へそくりが見つかりやすい場所は『【実録!!】へそくりが見つかりやすい場所!』にてさらに詳しく紹介しています。

【実録!!】へそくりが見つかりやすい場所!
自宅の中でへそくりが見つかりやすい場所というのは実はあります。今回はそんなへそくりが見つかりやすい場所をご紹介しますよ!※ただし旦那さんにへそくりが見つかっても私は一切の責任は負いませんのであしからず

ぜひご覧になってくださいね。

まとめ:へそくりも遺品です

今回は遺品整理をしていてへそくりが見つかった場合の対処法をご紹介しました。

日本には隠れた財産が約43兆円眠っていると言われています。

へそくりもその中の一部です。

「部屋の整理をしようとしたらふと諭吉が!」

そんな場合もあります。

ですがへそくりも遺産だということを忘れてはいけません。

無用なトラブルを避けるためにもへそくりを見つけたからといって財布の中にしまっておくことは辞めておきましょうね。

 

 

ご連絡先はこちら株式会社フィージア

TEL 06-7897-5558   FAX 06-7891-8488

info@fieasia.net

対応可能エリア:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする