トランプ大統領リバティ大学卒業祝辞「決してあきらめるな!」

トランプ大統領リバティ大学卒業祝辞「決してあきらめるな!」

こんにちは✨矢島奈月妃です。

トランプ大統領がリバティ大学で行ったスピーチをご存知でしょうか?

このスピーチが非常に感動的。

聴く者に勇気と夢と可能性を与えてくれる。

そんなスピーチです。

一部内容を抜粋してトランプ大統領のリバティ大学での卒業祝辞をご紹介します。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも科学やスピリチュアルについて考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

トランプ大統領リバティ大学卒業祝辞「決してあきらめるな!」

2017年5月13日。

アメリカバージニア州にあるリバティ大学の卒業式でスピーチを行いました。

小さくはじめ大きなビジョンを追求する。

そしてあきらめない時に成功を掴み取ることができます。

絶対にあきらめないでください。

今日あなたメッセージを1つお伝えするなら

決してあきらめないでください。

人生にはあきらめたくなる時があるでしょう。

家に帰りたくなる時があるでしょう。

母の元に帰りたくなる時があるでしょう。

でも決してあきらめないで

家に帰って父や母に言うんだ

できるよ!できるよ!

やってみせる。

あなたはきっと成功するでしょう。

 

私は多くの素晴らしい人たちを見てきました。

ですが彼らは人生をあきらめた。

彼らは優秀であり最高の生徒でした。

だが彼らはあきらめた。

本当に才能も能力もなかった人たちを見てきました。

彼らは決してやめることなくあきらめなかった。

だからこそ今日の世界で最も成功している人たちの仲間入りをしているのです。

自分の信じるもののためにそして自分を大切にしてくれる人のために

戦うことを決してやめないでください。

威厳と誇りを持って自分を持ってください。

利権や権力に挑戦することを恐れずに。

無理だと言われれば言われるほど

できないと言われるほど

それが間違いだったということを証明すべきなのです。

「ありえない」という言葉をやる気という意味に置き換えてください。

 

アウトサイダーになる機会を楽しんでください。

それを受け入れてください。

アウトサイダーになるのは大丈夫。

喜んで受け入れてください。

なぜなら世界を変化させるのはアウトサイダーだからです。

壊れたシステムがあなたが間違っていると言うほどあなたはずっと前進すべきです。

これからずっと前進しなければなりません。

そして自分自身への勇気をいつも持ってください。

最も大切なことは自分が愛することをすること。

そうでなければたいした成功はできないでしょう。

だから愛することをしてください。

 

本当に価値があるものというのは簡単には成り立ちません。

信念に従うということは批判されることを意味しています。

それは正しいことをする勇気を持っていない人からの批判です。

彼れは何が正しいのかわかっているかもしれません。

ですが正しいことをするための勇気や根性を持ってはいない。

信念に従って行動することは「the Road Less Traveled(誰も行ったことがない道)」と呼ばれています。

私は皆さんが真実のための戦士になることをわかっています。

私たちの国と家族のための戦士になるでしょう。

皆さんは簡単な道ではなく正しい道を選ぶことを知っています。

そして自分と自分の国と信念に忠実であることを。

 

ワシントンの政治家からどう生きるべきかの講釈なんて必要ありません。

私はここに立って次世代のアメリカのリーダーを見ています。

この中にいる1人や2人ぐらいは大統領になるかもしれません。

大統領になるつもりの人はいますか?

手をあげてください。

皆さんの心には奉仕、犠牲、献身が刻まれています。

皆さんは前進していかないといけません。

そしてあなたの希望と夢を行動で示していく。

アメリカは夢の国。

なぜならアメリカは本当に夢を信じている人たちの国だからです。

アメリカでは政府ではなく神を信じます。

 

批評家になることは簡単でありそして悲しいこと。

なぜなら批評家は仕事をやり遂げることができないから。

でも未来は夢見る人のものであり批判する人のものではありません。

未来は自分の心に耳を傾ける人のものであり批評家が何を言っても関係ありません。

なぜなら彼らは自分のビジョンを本当に信じるからです。

懸命な仕事や偉大な信念、そして素晴らしい献身のおかげで夢は実現されてきました。

 

アメリカは人々が自分の信念で行動するときによりよくなるでしょう。

私が大統領である間は誰もあなたが信念に従うのを止めません。

あなたの本当の気持ちを話すことを止めません。

アメリカは新しい時代が始まっています。

そしても皆さん一人一人も新しい時代を始めます。

その物語は理想や忍耐力、根気によって描かれていきます。

夢があるアメリカから未来を創ります。

批評家が何を言おうとも。

黄色人種や黒人、そして白人に関わらず1つの故郷

そして1つの栄光ある運命を共有します。

私たちは同じ赤い血が流れている愛国者です。

私たちは偉大なアメリカの国旗に敬意を表します。

私たちは神によって作られました。

 

皆さんがこのリバティ大学で学んだことを覚えている限り

自分の信念に誇りを持つ限り

自分の勇気と神に対する信頼を持つ限り

皆さんは失敗しません。

私は皆さんにそれを約束できます。

2017年度卒業生の皆さんに神の御加護がありますように。

アメリカに神の御加護がありますように。

ここにおられる全ての方々に神の御加護がありますように。

ありがとう。

なぜ決してあきらめるなと伝えたのか?

トランプが大統領に就任する時にアメリカ国民は夢や希望を失っていました。

腐敗した利権や政治家の手によって。

当時の様子はトランプ大統領の就任演説でも語られています。

トランプ大統領の就任演説は『トランプ大統領就任演説「アメリカを再び偉大に」』の記事をご覧ください。

ドナルド・トランプは大富豪となり4度もの破産を乗り越え大統領へとなりました。

彼の生き様そのものが彼の言葉を物語っています。

「決してあきらめるな。そうすれば成功する」

大成功者が語る真実の言葉だから間違いありません。

生徒たちに「行動するんだ」と伝え彼自身も行動で国民に示しました。

 

有言実行。

傍若無人な印象を持っている人がいるかもしれませんが実際のところは違います。

ドナルド・トランプについては『アメリカ大統領ドナルド・トランプ。知られざる彼の真実とは』の記事でご確認ください。

彼は74歳と高齢ながらも今日もアメリカのために命を懸けて働いています。

アメリカを夢の国にするため。

世界に希望をもたらすため。

だからこそ彼は「決してあきらめるな」とスピーチを行いました。

 

夢は人を強くします。

これからの新しい時代でも間違いなく夢は必要です。

夢は人を惹きつけます。

そして大きな力となって現実を切り開いていくのです。

そのためには夢が必要なのです。

これからの時代の生き方については『風の時代の本当の生き方』の記事をご覧ください。

トランプ大統領リバティ大学卒業祝辞「決してあきらめるな!」のまとめ

今回はトランプ大統領のリバティ大学での卒業祝辞をご紹介しました。

非常に感動的なスピーチでしたね。

決してあきらめなかった男が語る「決してあきらめるな」。

まさに背中で語るとはこのことです。

現在アメリカ大統領選は様々な問題が起きています。

どんな結末を迎えるのか情報に躍らせれずにじっくりと待ちましょう。