「トランプは勝つ」:4つの予言を紹介【アメリカ大統領選挙】

「トランプは勝つ」:4つの予言を紹介【アメリカ大統領選挙】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

連日様々な情報が報道されているアメリカ大統領選挙。

メディアの偏向報道や不正など続々と明らかになっています。

一体どちらが勝つのか?

裁判まで発展しているので状況がよくわからなくなっています。

ですがトランプ大統領が就任してからの4年間でアメリカは偉大な国へと返り咲きました。

まさに数々の奇跡がトランプ大統領によって起きていると言っても過言ではありません。

間違いなく神に選ばれた男がドナルド・トランプのではないかという予言を見つけました。

「トランプは勝つ」と予言している予言があることをあなたはご存知でしょうか?

今回は「トランプは勝つ」と予言した4つの予言をご紹介します。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも科学やスピリチュアルについて考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

「トランプは勝つ」:4つの予言

「トランプは勝つ」と予言しているのは次の4つ。

ランス・ワルナウ

サドゥ・スンダール・セルバラジ

カルロ・マリア・ビガノ

神のお告げ

それぞれ詳しく見ていきます。

ランス・ワルナウ

ランス・ワルナウはアメリカのキリスト教宣教師です。

10月9日に次のように述べました。

トランプ大統領の勝利を助けるために大天使ミカエルを送った。

大天使のグループを率いて空から舞い降りてきた。

聖書では大天使ミカエルが悪魔王サタンと対峙し最終的に悪魔を打ち負かす。

大天使ミカエルはアメリカの政治や社会的混乱を観察し対応するだろう。

神はトランプを選んだ。

選ばれた人を攻撃すれば神の選択を攻撃するのと同じだ

トランプ大統領に対抗するのは神への対抗に等しい。

 

トランプ大統領を批判するような世論を無視するように。

アメリカに対する神の恵みと慈悲はまだ終わっていない。

トランプ大統領がその座に座ることができなければアメリカは終わってしまう。

トランプ大統領は間違いなく最終的に再選される

今回の大統領選挙は間違いなく善と悪との戦いです。

バイデン陣営には様々な不正や疑惑が大量に出てきています。

「選挙を盗む」という民主主義の根幹を揺るがすことをしているのです。

メディアやSNSの異常なまでのトランプ叩きも目に余ります。

トランプ大統領は神に選ばれた存在です。

大統領は神に誓っていますからね。

そんな人物に対して攻撃をするということは神への反逆とも取れる行為です。

今回の大統領選については日本の予言書である日月神示にも記述がありました。

日月神示が予言したアメリカ大統領選挙については『日月神示が予言したアメリカ大統領選挙』の記事をご覧ください。

 

日本人は古来より神に愛されてきた民族です。

そんな私たち神の民族が神に選ばれた人を攻撃するのは非常に悲しいこと。

その狂った体制もトランプ大統領が再選することで変わることを願うばかりです。

サドゥ・スンダール・セルバラジ

サドゥ・スンダール・セルバラジとはインドのイエス福音教会の牧師です。

彼は10月18日にこのような言葉を述べた。

私は赤と青が何なのかわからない。

私は彼らの政治を理解していない。

私はただ天からの声を伝える。

 

初めて祈った時示現が現れ鷲がこう言った。

鷲は泣きアメリカ人が間違った人を選ぶと二度と起き上がれないだろう。

トランプ大統領は心の中で血と涙と流している。

彼は人の前では強い姿を見せるがとても孤独で一人で戦っている。

間違った人を選んではいけない。

神はアメリカにさらに4年を与えたので間違った選択をしてはいけない。

彼は戦士であり反抗者でありとても強い人。

 

彼はアメリカ人とアメリカの重荷を背負いアメリカのために戦うことをいとわない。

神はトランプを守るために3人の大天使を送った。

全てを破壊したい人がいるため11月3日の選挙結果が出た後に多くのことが起こる。

祈りを続けてください。

11月3日までではなく1月20日まで。

その間に大事件が起こるから。

11月3日の選挙が終わった後は様々な問題が起きました。

選挙不正に詐欺に暴動。

選挙に関するあらゆる不正をやりまくったバイデン陣営。

歴史上ここまで汚い選挙はありませんでした。

まさしくサドゥ氏が言った予言通りになっています。

不正に関して訴訟を起こしている中心人物はシドニー・パウエル弁護士。

シドニー・パウエルについては『シドニー・パウエル軍師! アメリカ最強弁護士』の記事をご覧ください。

 

アメリカが復活したのは間違いなくトランプ大統領になったからです。

政治腐敗が進んでいたホワイトハウスから悪徳政治家を退場させ

税金を下げるなどこれまでの政治家がやらなかったことをやってきました。

まさしく国民のための政治をやったのがトランプ大統領です。

トランプ大統領は中共やメディアやFBIなど様々な組織と孤独な戦いをしています。

もちろんお金のためではありません。

 

彼の大統領の給料は1$です。

「トランプ大統領が大統領選挙でごねているのはお金が惜しいからだ」

というわけのわからない意見がありますが、、、

お金が惜しかったらなぜ年間1$しかもらわないのでしょうか?

毎日毎日命をかけて働いています。

それは大好きなアメリカを取り戻したいからではないでしょうか?

純粋な愛国心。

やはり政治家を務める人物は愛国者でなければいけないと思います。

職業=政治家ではなくビジネスマンが政治家にならないといけません。

これはトランプ大統領も同じことを言っています。

日本の政治家のように反日の人物を政治家にしてはいけないのです。

カルロ・マリア・ビガノ

カルロ・マリア・ビガノは元在米カトリックの大司教です。

彼は6月7日にトランプ大統領に書簡を送りました。

人類は正義と邪悪との戦いを経験している。

10月25日に2度目の書簡を送りました。

現在神と人類に反対する世界的な陰謀は世界の運命を脅かしている。

善悪による生死の戦いが繰り広げられている。

トランプ大統領は闇の勢力を阻止する人で闇の子が最後に攻撃する人である。

そして全能の神はトランプ大統領を助けるために軍を並べている。

 

さらに邪悪の勢力がパンデミックを利用して健康危機の名の下に世界を封鎖し

人々の自由と財産を要求する「グレート・リセット」が進行中だ。

世界的な暴政を確立しようとしている。

邪悪は憎しみしか知らず善良な人には神のご加護がある。

私たちに神のご加護があれば誰が私たちに反対することができるだろう。

11月4日に3度目となる書簡を送りました。

善悪による生死の戦いが繰り広げられている。

邪悪の勢力は世界的な専制政治を確立しようとしているが

善良な人には神のご加護がある。

守護者であるトランプを助けるために全能の神も列をなしている。

ニュースを見てわかる通りに様々な陰謀が渦巻いています。

その陰謀はアメリカの大統領選挙までおよび世界の運命を脅かしていると言えます。

それは世界的な暴政へとつながるものでしょう。

ですが神様はトランプ大統領を助けると言っています。

神のご加護を受けている善良な人が悪に打ち勝つと。

神のお告げ

アメリカやイギリス、カナダの民間人と教会では「トランプ大統領は神に選ばれし人」という話が流れていました。

聖書の予言を信じ300年もの間隠れてきたアーミッシュでさえ「トランプ大統領は神に選ばれた人」であると信じているのです。

アーミッシュはこれまで政治に無関心でした。

アメリカの南北戦争の時でさえ表舞台に顔を出さなかったのです。

ですがそんな彼らがトランプに投票するために馬車に乗り投票所に向かいました。

その模様はアメリカで大きく報道されました。

 

聖書にはトランプという名前が2度にもわたって登場します。

神はトランプを救世主としてこの世に使わしたと。

トランプ大統領は非常に敬虔なキリスト教の信者です。

彼の非常に有名な言葉「アメリカでは政府ではなく神を信じる」。

これを現役の大統領が公に言うのです。

神を信じていることがよくわかる話ですね。

他にもトランプ大統領は本当に素晴らしいことを述べています。

トランプ大統領が述べた内容については『トランプ大統領就任演説「アメリカを再び偉大に」』の記事をご覧ください。

世界の他の予言

世界には他にも様々な予言があります。

予言の中にはもちろん中には完全にデタラメなものも含まれています。

ですが行く方向を間違えるととんでもないことになってしまうと警告を発している予言があるのも事実。

世界の他の予言について気になる方は『世界の様々な予言をまとめました』の記事でご確認ください。

「トランプは勝つ」:4つの予言のまとめ

今回は「トランプは勝つ」と予言した4つの予言をご紹介しました。

ご紹介した4つの予言からトランプ大統領は悪に打ち勝ち再選するでしょう。

そうすることで長い間続いてきた悪との戦いに終止符が打たれことになります。

トランプ大統領は歴代のアメリカ大統領の中で最も偉大な人物です。

自分が言ったことを実行して実現する。

それが実際にできる政治家は果たしてどれくらいいるのでしょうか?

トランプ大統領が勝利をおさめるかどうかは近々わかるでしょう。

トランプ大統領の勝利を信じましょう。