遺品整理って誰がするの?相続によって変わる対処法を解説

遺品整理って誰がするの?相続によって変わる対処法を解説

こんにちは✨矢島奈月妃です。

大切な人が亡くなるとその後は膨大な手続きに追われることになります。

少し落ち着いたらぜひ行いたいのが遺品整理です。

「でも遺品整理って一体誰がやるの?」

あなたはそう思うかもしれません。

今回は遺品整理は誰が行うのか?について詳しく見ていきます。

遺品整理って誰がするの?

財産を相続した場合

財産を相続した場合は相続人が遺品を整理することなります。

相続を放棄するかの決断は3ヶ月以内に行わないといけません。

相続税を申告・納付する期限が10ヶ月以内となっているので期限が違うことに気を付けておきましょう。

遺品整理でトラブルになるときは誰か一人に遺品整理を押し付けた時に発生しやすくなります。

不要なトラブルにならないためにも、、、

財産を相続するということは遺品整理も責任を持って行うということを重々承知しておくことが大切ですよ。

遺品整理を行うのは相続した人と覚えておきましょう。

人が亡くなった時にどんな手続きをする必要があるかは『【保存版】大切な家族が亡くなった後の手続きまとめ』の記事で詳しくまとめています。

ぜひご覧になってくださいね。

【保存版】大切な家族が亡くなった後の手続きまとめ
人が亡くなった後には膨大な手続きが待っています。それこそ悲しみに暮れる暇もなくです。今回は大切な家族が亡くなった後の手続きについてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

相続を放棄した場合

財産の相続を放棄した場合はその所有権が他人に移ることを意味しています。

相続を放棄した時点で自分のものではないため遺品を整理することはできません。

他人のものを勝手に処分してはいけないことと同じですね。

ただし相続を放棄する前に遺品整理をしてしまうと相続を承認したことになるので注意が必要です。

相続が放棄された場合は家庭裁判所に申請することで相続管理人が選ばれることになります。

相続管理人は法律に基づいて相続財産を処分・換金し報酬を差し引きます。

さらに資産が残った場合は最終的に国庫に納めることになります。

誰も相続しない場合は資産は国の物になるということですね。

「遺品整理って誰がするの?」のまとめ

遺品整理は一体誰がするのか?について見ていきました。

遺品整理を誰がするかについては悩むところですよね。

遺品整理を誰がするかは相続をしたのか/しなかったのかによって大きく変わります。

相続をしたのにも関わらず遺品整理をしないなんてことはくれぐれもしないようにしてくださいね。

遺品整理をすることで亡くなった人との思い出も整理することになりますから。

 

 

ご連絡先はこちら株式会社フィージア

TEL 06-7897-5558   FAX 06-7891-8488

info@fieasia.net

対応可能エリア:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山

 

 

注目記事 Vyondのよくある質問集  

人気記事 WEBを使って集客する方法

この記事や動画が気に入ったらサポートをお願いします。気軽に支援ができます。

サポートをする