マイケル・フリン将軍。アメリカの敵と戦う真の愛国者の姿

マイケル・フリン将軍。アメリカの敵と戦う真の愛国者の姿

こんにちは✨矢島奈月妃です。

トランプ大統領が元側近であるマイケル・フリンに恩赦を出したというニュースがありました。

日本人のほとんどがマイケル・フリンについては知らないと思います。

彼はトランプ政権になってからわずか3週間で大統領補佐官の職を追われることになります。

彼に一体何があったのか?

アメリカ大統領選でもそうですがアメリカには数多くの陰謀が渦巻いています。

マイケル・フリンもその陰謀の渦に巻き込まれた一人です。

今回はマイケル・フリンについてご紹介します。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる

マイケル・フリン将軍

マイケル・フリンは1958年12月にロードアイランド州ミドルタウンで生まれました。

父は銀行業で母は不動産業を営む。

1981年にロードアイランド大学経営学部を卒業しました。

その後はアメリカ陸軍に入隊し情報畑を歩むことになります。

イラク戦争やアフガニスタン戦争にも従軍しています。

2017年1月にトランプ政権が発足すると国家安全保障問題担当大臣大統領補佐官と言うトランプの右腕として任命されました。

ですが2017年2月にロシアゲートを受けて大統領補佐官を辞任することになります。

それから彼の長い戦いが始まるのです。

ロシアゲート

ロシアゲートとは2016年のアメリカ大統領選挙の最中にロシアが選挙に介入しトランプを勝たせるための政治工作を行ったとされる疑惑。

2016年12月にフリンがロシア大使と電話していました。

2017年11月にフリンがロシア大使と電話していたことに関してFBIに対しあいまいな話をしたため偽証罪で起訴されることになります。

ですがシドニー・パウエル弁護士の助力もあり2020年5月に司法省はフリンの起訴を取り下げます。

それはFBIの捜査担当者に違法捜査があったためです。

FBIからは「我々の目標は何か。真実を自白させるか、偽証させることで起訴するか、辞任させるか」という衝撃のメモも見つかっています。

3年もの時間をかけながらもロシアゲートを立証するような証拠は一切見つからずロシアゲートは収束を迎えました。

マイケル・フリンの完全勝利という形でロシアゲートは幕を終えたわけです。

ロシアゲートの詳しい流れに関しては『シドニー・パウエル軍師! アメリカ最強弁護士「クラーケンを解き放つ!」』の記事をご覧ください。

ですがフリンを失脚させトランプ大統領をホワイトハウスから追い出そうとする人物も続々と明らかになっています。

それが前大統領のオバマやバイデン、ブレナンといった政府高官。

ロシアゲートはオバマゲートと名前を変えてオバマ陣営を追い詰めつつあるのです。

トランプ大統領の恩赦

ロシアゲート疑惑によりフリンの息子まで脅迫されるような事態にまでなっていました。

だからこそ息子を守るために彼は戦ったのです。

そして2020年11月25日にトランプ大統領から恩赦を与えられた。

それによって彼は自由の身となりました。

文字通りに法的にも自由なのです。

裁判所もFBIもCIAももう彼には手出しできません。

だから彼はトランプ大統領と愛する国のために戦うことを始めました。

そしてマイケル・フリンは恩赦後はじめて声明を発表します。

全能の神の恵みにかけてまた妻のローリの愛と勇気、家族の力と不屈の精神、

そして友人たちと、祈り、知恵、思いやりを持って私を取り囲んでくれた全ての愛国者の鼓舞に心から感謝いたします。

アメリカの正義の守り神であるシドニー・パウエルと何千もの善良な人々のおかげで今日私は自由を満喫しています。

アメリカは全ての市民が公正と平等に扱われるように独裁と圧制と戦った指導者が築いた国です。

こうした憲法上の神から授かった権利は恐怖心や憎しみによって否定されたり隠蔽されたりするべきではありません。

復讐心から行動したりする人々は私たちの安全を脅かています。

どんな家庭や個人も二度と私と家族が経験したような悪意を持って標的にされること。

そして悪口や中傷を受けるべきではありません。

みなさんも私もトランプ大統領もトランプの子供たちもです。

 

国や大統領や未来の大統領に対するクーデターによって人質に取られることを二度と許さないない。

今私たちははもう一度自分の足で立ち上がり待ち受けていることを恐れはしない。

私たちは再び信条と主張のために濡れ衣と虚偽、憎悪によって試練を受けるかもしれません。

ですが我々を阻止することはできませんし止まることもありません。

私たちは犠牲やリスクを受け入れて重大な課題を克服するために取り組む必要があります。

特に我々の国の歴史上のこうした試練の時においては。

国家としての存続そのものが危機に瀕しています。

フリン家は両親であるチャーリーとヘレンが教えたような戦士になるのを決してやめません。

私たちはともに立ち上がり家族を故郷を名誉をそして国を守ります。

現在でもアメリカは子供たちと孫たちの未来を守るために真の愛国者を必要としています。

そして最後に我々の最終的な運命を審判するのは1人だけです。

アメリカに神の祝福がありますように。

A Personal Statement from General Flynn to America: Faith, Family, and Friendships

トランプ大統領の真の敵

今回のアメリカ大統領選挙では民主主義の根幹である選挙を破壊する行為が平然と行われています。

アメリカとは自由の国です。

自由だからこそ夢を求めてアメリカに人々が集まるのです。

ですが今回の選挙を転覆させる連中が考えていることはアメリカの共産主義化です。

共産主義によって国民の自由を全て奪ってやろうと考えています。

トランプ大統領が戦っているのは共産主義です。

 

共産主義とはみんな平等にしたらみんなが幸せになるという考え方のこと。

また自国だけでなく世界中全てを共産主義化して世界征服を狙っています。

そもそも人間はみんな違うので共産主義の言う全員平等なんてものは破たんしているわけです。

なぜなら自由を意志を持った人間なんだから。

そして共産主義になるということは全体を管理するために独裁主義にならざるを得ません。

独裁主義になるということはあるジャンルに精通していないのにも関わらずめちゃくちゃな指示を出すこと。

しかも指示にはむかうと即逮捕という。

 

たとえば中国の毛沢東の例を出しましょう。

彼の最も失敗した例は農業政策でしょう。

彼は米の生産量を上げるために稲を10倍密集させて植えました。

ソーシャルディスタンスなんておかまいなしの完全密の状態。

そうするとお互いの稲が養分を奪い合い米が不作。

米が不作な理由はスズメが米を食べたからと言う理由でスズメを駆除する。

そうすると今までスズメが食べていたバッタなどの害虫が増えすぎて農作物を荒らされまくる。

その結果として全ての農作物が不作となり数千万人の規模で餓死が発生しました。

共産主義にすると独裁主義にならざるを得ないのでどうしてもこういったことが発生します。

しかも中共は法律やルールを守るという概念がありません。

「技術やお金がないなら奪ってしまえば良い」というジャイアン理論なわけです。

こんなことになるにも関わらずあなたは共産主義が素晴らしいと思いますか?

一部の権力者にとってはそれで良いかもしれません。

富と権力を一点のみに集中させて他の人は苦しむ。

あまりにもアンバランスすぎるわけです。

 

バイデンは既に中共に飼いならされた犬でしかありません。

そういった人物が次の大統領になるということは日本にめちゃくちゃな要求をすることが目に見えています。

大量の中国の移民を受け入れさせる

日本の土地を中国に売らせる

アメリカ軍の撤退

南京大虐殺の謝罪要求

中国への謝罪要求

日本の中国の属国化

少し考えただけでもこれだけ恐ろしいことが待っているわけです。

先人たちが守ってきたこの日本がなくなるということを意味しているわけです。

それでもまだバイデンが良いという世迷言を繰り返しますか?

それでもまだ目が覚めせませんか?

それでもまだ現実が見えませんか?

トランプ大統領がこの4年間で中共をけん制し続けてくれたおかげで日本人として今日まで生きられているのです。

国益を考えるとトランプ大統領が次の任期も全うしてくれることを願うばかりです。

そしてその間に日本は独立国家になるべきだと思います。

他のトランプチームは?

他にもトランプさんのために人物がいます。

たとえば弁護士チーム。

トランプ弁護士チームには優秀な弁護士が揃っています。

彼らがアメリカだけでなく今世界のために戦ってくれていると言っても過言ではありません。

トランプチームの弁護士については『トランプ大統領を支えるアメリカ最強弁護士軍団』の記事をご覧ください。

マイケル・フリン将軍のまとめ

今回はマイケル・フリンについてご紹介しました。

マイケル・フリンはオバマやバイデンなどグローバリストたちの魔の手によって貶められた人物に一人です。

彼は間違いなく愛国者でありこれまでアメリカのために尽くしてきた人物です。

そんな彼に対してこれほど極悪非道なことが平然とできるとなと正直怒りに震えています。

ですが彼はオバマの重要な情報を握っている人物。

恩赦を与えられた今だからこそ愛国者として国のために戦ってほしいと願うばかりです。

今回のアメリカ大統領選挙はアメリカだけの問題ではありません。

その影響は間違いなく日本にもあります。

かつての日本の政治家の外交力は世界最高レベルでした。

しかも愛国心にあふれる政治家ばかりが国の発展を願い政治を行っていたのです。

先人たちができたことを今の私たちができない道理なんてありません。

今こそ日本人として立ち上がるときが来ていると思います。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる