謎に包まれた男プーチン ロシア皇帝の真実の姿

謎に包まれた男プーチン ロシア皇帝の真実の姿

こんにちは✨矢島奈月妃です。

ロシア大統領ウラジーミル・プーチン。

彼には様々な噂が流れています。

謎に包まれた男であることは言うまでもありません。

ですが今後の世界を左右する男はこのプーチンです。

今回はプーチンについてご紹介します。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも科学やスピリチュアルについて考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる

プーチン

プーチンは1952年10月7日にサンクトペテルブルクに労働者夫婦の家庭に生まれました。

本名はウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン。

幼い頃からスパイに憧れ大学卒業後はロシアの諜報機関であるKGBに入ります。

1985年に翻訳者と身元を偽ってドイツのドレスデンに潜入しました。

任務は技術的な機密情報のスパイと西ドイツに密入国すること。

プーチンが日々の任務の中で感じていたのが「ソ連の衰退」。

そしてプーチンは1990年にKGBを辞めました。

 

その後政界に向かうことになるのです。

エリツィン政権でプーチンは公職に就きます。

エリツィンの辞任後は後継者となり2000年に大統領に就任するのです。

現在4期目に突入したプーチン大統領は強いロシアを体現しその支持率は90%を超えます。

これほど高い支持率を得るリーダーは世界でも非常に少数でしょおう。

またプーチンは柔道をこよなく愛し8段を所持。

本人は柔道と出会ったことで人生が大きく変わったと語っています。

実際に柔道を外交にも活用しているのです。

プーチンは親日家としても知られています。

お隣の国のリーダーが親日なのは良いことですね。

プーチンの名言

プーチンは様々な名言があります。

その一部をご紹介します。

犯人たちがどこに隠れても我々は見つけ出す。

地球のどこにいても見つけだし処罰する。

我々が戦っている相手は残酷な連中、人間に化けた獣だ。

仮におばあちゃんに別の性的特徴があった場合、これはもうおじいちゃんになってしまう。

政治というのは仮定法を受け付けない。

役人は1回尻をつかまれたくらいじゃ慌てたりしない。

尻は2回つかまねばならない。

悪事は全部つかまねば!

そうすればやっと腰を上げるだろう。

私は人生を通じ柔道に取り組んできた。

私の家には嘉納治五郎の像があり毎日見ている。

毎日日本のことを思い出している。

柔道は相手への敬意を養う。

単なるスポーツではなく哲学でもあると思うのです。

我々は誰も敵とはしないし誰であっても我々の敵となることはオススメしない。

人が特別であるということを思わせることは危険だ。

目的がどうであれ。

神様の承諾を願っている時にみんなが平等であることを忘れてはいけない。

国家公務員は少なくとも頭を持つべきだと思う。

国際関係を創るためには感情ではなく国の利益に基づくべきである。

私に2回投票してくれた人の前では恥ずかしいことなどない。

この8年間私はガレー船の奴隷のように働いた。

朝から夜まで一生懸命。

プーチンの噂

そんな謎に包まれたプーチンには様々な噂があります。

不死身

動物のスパイ

ベルリンの壁崩壊

ラスプーチンの末裔

悪と戦う

それぞれ詳しく説明します。

不死身

プーチンには不老不死ではないか?という噂があります。

その理由としては今から100年前に撮影された写真。


全く顔が変わらないプーチンがそこには写っています。

プーチンの顔はずっと変わらないなと不思議に思っていました。

それは不老不死だったからなんです。

一体どんなテクノロジーが使われているのか非常に気になりますね。

動物のスパイ

ブーチンは動物好きで有名です。

日本から秋田犬を贈呈されプーチンに非常に可愛がられています。

鳩がプーチンに対して敬礼をしているなんて動画もあります。(CGかもしれませんが、、、)

またプーチンが熊に雄大に乗っている写真が出回るなど(これもコラではありますが)

これだけ動物好きなのは理由があると言われています。

それは動物をスパイとして活用しているから。

仮に動物をスパイとして活用することができれば非常に諜報活動がしやすくなります。

鳩なんてどこにもいますからね。

誰にも怪しまれることなく情報を手に入れることができますから。

ロシアのとてつもない情報収集力は動物によって支えられているのかもしれませんね。

ベルリンの壁崩壊

1989年の当時はKGBの諜報員として東ドイツでスパイ活動を行っていました。

そこに因縁の相手であるローマ教皇ベネディクト16世が現れます。

168cmという小柄な体格でありながら柔道8段という驚異的な実力を持つプーチン。

恐ろしいほどの殺気を放ちながらベネディクト16世と対決を行いました。

その対決はすさまじくプーチンとベネディクト16世が衝突したことで発生した覇気によってベルリンの壁が崩壊するほど。

これがベルリンの崩壊。

なんと衝撃波によって歴史的なイベントを起こしていたのです。

これはフィクションです。

ラスプーチンの末裔

ラスプーチンとはロシアに実在した怪僧。

手をかざすだけで人の病気や怪我を癒すことができ絶大的な権力を握りました。

手をかざして怪我を癒す能力はあのイエス・キリストも持っていたとされる能力。

プーチンはなんとラスプーチンの末裔だというのです。

名前も似ていますからね、、、

ヒーリング能力を使って若い身体を維持しているのかもしれません。

悪と戦う

プーチンは世界の巨悪と戦っていると言われています。

この世界はある支配者によって支配されているなんて話は聞いたことがあると思います。

呼び方はいろいろありますがイルミナティやカバールや軍産複合体という言葉は聞いたことがあるでしょう。

彼らと戦っているのがプーチン。

日本のメディアは何故かプーチンを叩きます。

プーチンは親日家としても有名にも関わらずです。

何故に日本を好きだと言ってくれる人物を叩くのか?

メディアが異常に叩くということはその人物の行いが正しいということです。

こういった感覚を身に付けないことにはいつまで騙されることになります。

 

世の中というのは本当のことを教えてはくれません。

メディアが流す情報は常に加工が加えられた情報。

メディアにとって都合が悪いことは流しません。

メディアが公平性があるなんて大嘘です。

そんなメディアに騙されないように自分で考えて調べる必要があります。

世の中の支配者について調べてみると世界の見える角度が変わるかもしれません。

世界の支配者についてはnoteで話しています。

noteを見てみる

プーチンのまとめ

今回はプーチンについてご紹介しました。

謎に包まれた男プーチンではありますが日本が好きなのも事実。

世界のリーダーが日本を好きなことは日本人にとって良いことですよね。

プーチンはロスチャイルドの金融支配から独立することも発表しました。

国のために働く大統領はロシア人にとって非常に心強いものがあります。

正義のために戦う人は応援しないといけませんね。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる