ダンケネディが残した偉大なる名言【ビジネスで成功したい人に贈る】

ダンケネディが残した偉大なる名言【ビジネスで成功したい人に贈る】

こんにちは✨矢島奈月妃です。

 

あなたはダンケネディという人物をご存知でしょうか?

アメリカのトップマーケッターでありスーパーコピーライター。

マーケティングを勉強している人で彼の考えに触れたことがない人はいない。

とまで言われる世界一の億万長者メーカー。

そんな彼は2019年の8月21日にこの世を旅立ちました。

彼の最後の言葉は『A PERSONAL LETTER FROM ADAM WITTY』より読めます。

私も彼の影響を受けた一人。

彼は生前様々な名言を残しています。

その言葉1つ1つが今のビジネスを形作っているのです。

今回はダンケネディが残した偉大なる名言をご紹介します。

ダンケネディが残した偉大なる名言

 

他人があなたに自尊心や心の平和を与えてくれることは決してない

こういったものはあなた自身が行動してはじめて生まれるものだからである

 

資金がないと金を儲けられないという人は、たとえ資金があっても儲けることができない

 

途中でやめた人間だと言われることを恐れてはいけない

目標を変えて方向転換するのは恥ずべきことではない

むしろやみくもな忍耐と継続は愚かと言うほかない

試してみてダメだったら別の方法を試してみること

自分の望む方向に導いてくれるものを探そう

 

ビジネスの成功は発明や投資から生み出すというより純粋に忍耐強さが生み出すことの方がずっと多い

 

ビジネスの世界でも感じの良い人物とは言えないのに成功している経営者は珍しくない

他人を怒らせる覚悟がないとそして実際に反発を買わないと人を動かすことはできない

 

私はいつも常識をすべて疑ってかかってきた

そのせいで子どもころ教会の教理の講義に出席するのを遠慮してほしいと言われたことがある

牧師を質問攻めにして迷惑がられたのだ

 

大きな成功を収めている人はリスクを無視して先を急ぐ

ほとんどの人は必要以上にゆっくりしすぎている

 

私たちはとにかくルールを欲しがる

しかしこのようなルールは実際のところどの程度役に立つのだろう

結局のところ「ルールは破られるためにある」という最もありふれた格言こそ究極のルールなのかもしれない

 

ミスを許さない姿勢はイノベーションをつぶしてしまう

ミスを許さない姿勢は失敗を隠す体質を生む

そうした環境では失敗や問題がずっと隠されたままになりようやく表面化した時にはもう取り返しがつかない場合が多い

 

いつだって売込みによって成功した人たちを

もっともうるさく激しく批判するのは自分では売込みをしようとしない人たちである

 

給料を2倍にしたいと本気に思っているなら答えは簡単である

自分の価値を3倍にするための行動をとればいいのだ

 

私はほとんどの場合プロジェクトの計画と実行を同時に進める

完璧を期すのではなくときには質を犠牲にしてもとりあえず製品を送り出すことを優先する場合も多い

欠点の矯正や微調整は市場にデビューさせたあとですればいい

 

どうせ魚を釣るならいけすの中に居る魚を釣りたい

それも小さないけすで水を張ってない方がいい

大きい魚に越したことはないしできれば機関銃を使って仕留めたい

 

クリエイティブなアイデアはクリエイティブでない努力をしっかりやらないと何の価値もない

行動しなくてはダメだ

せっかくのアイデアを価値あるものにするためには作業服に着替えて袖をまくりあげ

クリエイティブでない退屈な仕事もたくさんやらなければならない

 

ノートルダム大学で経営学をトゥルーが言っていた

ひとつのテーマについて異なる見解を取る複数の参考文献を読ませると

学生は「誰の言っていることが正しいのか」と教えてほしがるという

だがどんな状況にも通用する万能のルールなど現実には存在しない

 

私はこれまでそれが何であっても「やり方がわからないからはじめるのをよそう」と思ったことは一度もない

そして「誰だって何でもできるようになる。プロにだってなれるのだ」と確信するにいたった

 

ダンケネディが残した偉大なる名言のまとめ

今回はダンケネディが残した偉大なる名言をご紹介しました。

ダンケネディは私たちに教えてくれます。

「常識を疑え!そして行動し続けるんだ」

強い言葉で背中を押してくれます。

日本人にとってはきつい言葉かもしれない。

でも彼が言っている言葉は本質を語っているに過ぎない。

その本質に対して目を背けるのか?それともその言葉を糧に一歩前に踏み出すのか?

誰だって何でもできるようになる。プロにだってなれるのだ