ガイア理論について簡単に解説 人間は地球に何ができるのか?

ガイア理論について簡単に解説 人間は地球に何ができるのか?

こんにちは✨矢島奈月妃です。

あなたは地球についてどのような存在だと考えているでしょうか?

無機質な岩石の塊。

そう考えている人も多いでしょう。

ですが地球は1つの生命体だとする説があります。

それがガイア理論。

このガイア理論について理解が深まると自然現象の意味を理解することができます

今回はガイア理論についてご紹介します。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも科学やスピリチュアルについて考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

チャンネルのおすすめ動画は『未来Laboおすすめの動画10選』でぜひご確認ください。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。
\マル秘情報公開中!/

ガイア理論

ガイア理論とはジェームズ・ラブロックが提唱した地球を自己調整システムを備えた巨大な生命体と捉える説。

ガイア理論という名前はギリシャ神話に登場する大地の女神ガイアに由来して名づけられました。

ガイア理論によると地球の自然環境と生物はお互いに影響しながら地球の活動に関わっています。

そして地球の自己調整システムに組み込まれていると唱えています。

 

自己調整システムとは地球そのものの力で環境をより良い状態にコントロールする仕組みのこと。

人間で言うところの汗をかいて体温を調節したり発熱して病原体の力を弱めることと考えるとわかりやすいですね。

ガイア理論によると地球には精巧な自己調整システムが備わっています。

そこに人間の不必要な介入は避けるべきとラブロック博士は提唱しているのです。

 

ですが実際のところ人類が環境を破壊しているのも事実。

だとすると地球にとって人間を生み出したことは誤りだったのでしょうか?

ガイア理論に似た話でガイアの法則というものがあります。

ガイアの法則については『ガイアの法則』の記事をご覧ください。

人間の役割

人間の役割

人間も地球の一部です。

では人間はどんな役割があるのでしょうか?

科学者によって様々な説が唱えられています。

人間は不具合

まずは人間は地球の不具合だとする説。

人間でいうところのガン細胞です。

ガン細胞は細胞のコピーミスとして発生します。

DNAの不具合として発生したものがガン細胞。

 

地球にとって人間というのは不具合でありガン細胞。

そうであるなら人間が地球に危害を加えているのも納得できる話です。

本来存在してはいけなかったものが人間なのですから。

 

もし人間が不必要な存在であるなら人間の未来はどうなるのか?

地球による浄化作用が行われるということです。

具体的に言うと人間が抗うことができない自然災害が地球の浄化作用だと。

去年から山火事や洪水、地震など様々な自然災害が多発しています。

特に中国では異常なまでに発生しているのはあなたも知るところでしょう。

 

自然災害による最終的に人間は滅んでしまう。

そうすると人間にはそもそも役割なんてものは存在しておらずただの邪魔者でしかない。

確かに環境を破壊しまくっている現状を見るにわからないでもない説です。

人間が不具合だとする説は希望も何もない説。

この説を支持するならさっさと人間は滅んでしまえという結論にいたってしまいます。

人間はバランサー

人間は不具合だとする説に立つと結果的に人類の滅亡につながります。

おそらくはそれ以外のゴールってないようにも思えてなりません。

確かに人間は地球に対して危害を及ぼしている側面はあります。

これは間違いない事実。

 

そういったことから近年はSDGsというものがしきりに叫ばれていますから。

SDGsについては『SDGsとは何なのか?誰でもわかりやすく徹底解説』の記事をご覧ください。

SDGsも根本を辿れば人間を悪だとする思想から成り立っていることがわかります。

 

ですが本当に人間は悪そのものなのでしょうか?

もちろん悪の面も持ち合わせているでしょう。

ですが完全に悪そのものだとは私は正直思いません。

ましてや無意味に存在して無意味に消えていくということもないのかなと。

 

人間は不具合説では希望は残されていません。

そこで人間の地球に対する役割のもう一つの説をご紹介します。

それは人間はバランサーだとする説。

 

人間は地球において唯一他の生物を増やしたり減らしたりすることができます。

他の生物の数を減らすことは必ずしも悪いことではありません。

むしろ減らさないと他の生態系にダメージを及ぼすことだってあります。

また数が少なくなった生物を保護して増やすことも人間はしているのです。

 

生物の数を増やしたり減らしたりして地球の生態系のバランスを取る。

これこそが人間の地球における役割だと思います。

増えすぎても減りすぎてもダメですから。

そう考えてみると人間も地球にとって必要な存在だと思えてきますよね。

人類の未来

人間というのは地球の意思によって生まれるべくして生まれた存在だということ。

もちろん地球に対して好き勝手しても良いというわけではありません。

バランサーという言わば特権を与えられているからこそその力を正しく使う。

 

そのためには「今だけ金だけ自分だけ」という思考に陥らないことです。

そんなくだらない考えはテレビの中のよくわからないおじさんの中だけで十分。

ですがガイア理論が真実ならば全体のバランスを取るために逸脱した存在は排除さざるを得ないということ。

「今だけ金だけ自分だけ」というのは排除対象にバッチリ当てはまります。

 

「今だけ金だけ自分だけ」の未来を選択するのであれば滅亡の未来が待っているでしょう。

ですが世界と調和することを選択した場合はさらなる進化が待っていると思います。

それこそが最近よく言われているアセンションであり目覚めるということではないでしょうか。

そのためにはいろいろと調べて自分で考えてみるしかありません。

誰かが勝手に何かをしてくれるなんていう甘いことを期待してはいけないのです。

それこそ「今だけ金だけ自分だけ」に囚われてバイバイですから。

 

2019年からの茶番でわかったことがたくさんあると思います。

一人一人の人間も言わばコロニーのようになっているということ。

人間の体には何万もの微生物や細胞が存在して身体を保っています。

あなたはあなたの意思でその身体を守る必要があるということ。

 

微生物や細胞はあなたのために今日もがんばっています。

変なものを身体に入れた結果高熱が出て解熱剤を飲む。

健康になりたいのか不健康になりたいのかもう意味がわからないです。

「テレビが言っているから~」とか「政府が言っているから~」とかくだらないことを言わずに

自分で調べて考えて今の時代を生き残りましょう。

LINEの個別相談受付中です!

LINEメッセージを使った個別相談も受け付けています。

気になることががありましたら『フィージア公式LINE』にまでご相談ください。

わからないことやお困りごとがありましたら下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料で相談!/

友だち追加

ガイア理論のまとめ

今回はガイア理論についてご紹介しました。

ガイア理論は地球を生物と見なすというかなり大きな視点の理論となります。

もちろんそれが正しいのか正しくないのかはまだわかりません。

ですが自然の環境が破壊されてその自浄作用が起きているということはあなたも感じていると思います。

「自分だけ良ければそれで良い」という考えはガイア理論によるとアウトなわけです。

地球の自浄作用によって排除対象になってしまいますから。

これからは地球規模の大きな視野で物事を見ることが必要になってきますね。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。
\マル秘情報公開中!/