無料で情報集めを効率化>>

総資産1京円!?世界最大の銀行一家ロスチャイルド家

総資産1京円!?世界最大の銀行一家ロスチャイルド家

こんにちは✨矢島奈月妃です。

「ロスチャイルド」

きっとあなたもこの名前を聞いたことがあるでしょう。

ロスチャイルドは日本にも非常に関係がある一族です。

ロスチャイルドに関しては色々なことが言われていますが、、、

今回はあくまで表で言われていることのみに焦点を絞っています。

今回はロスチャイルド家についてご紹介します。

今回の内容は動画でも解説しています。

他の内容について考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

チャンネルのおすすめ動画は『未来Laboおすすめの動画10選』でぜひご確認ください。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。
\マル秘情報公開中!/

ロスチャイルド家の歴史

ロスチャイルド家はユダヤ人居住区域で暮らすユダヤ人の家系でした。

ロスチャイルドは英語読みでありドイツ語読みは「ロートシルト」で意味は赤い盾。

ロスチャイルドは代々商売をする家柄でした。

ですがあくまで小規模であり非常に貧しい生活を強いられていました。

今のロスチャイルド家を想像するとその始まりは非常に貧しいところから始まったのです。

 

そんなロスチャイルド家はマイア―・アムシェル・ロートシルトによって大躍進を遂げていきます。

マイアーは父の両替商を引き継ぎ古銭商を始めます。

やがて名門貴族のヴィルヘルムに出会うのです。

ヴィルヘルムは若者を集めて訓練し必要な国に傭兵部隊を貸し出す戦争ビジネスを行っていました。

マイヤーはヴィルヘルムと信頼関係を築いていき彼の戦争ビジネスに関わることになります。

「ヴィルヘルム公の宮廷御用商人マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド」

という看板を掲げてロスチャイルド商会を開くのです。

そして莫大な利益を獲得していきます。

 

マイヤーは5人の息子をヨーロッパ諸国に送ります。

ドイツのフランクフルトには長男のアムシェル。

オーストリアのウィーンには二男のサロモン。

イギリスのロンドンには三男のネイサン。

イタリアのナポリには四男のカール。

フランスのパリには五男のジェイムス。

彼らロスチャイルド兄弟はヨーロッパで独自のネットワークを形成。

彼らは高速船や馬車、伝書鳩を使って兄弟間で情報をやり取りしていました。

そしてお金、情報、為替などの様々な商材を兄弟間で取引します。

さらに5人の兄弟はそれぞれの国の政府と結びつき貴族の称号を得るのです。

そして国際金融ビジネスの基礎を作り上げロスチャイルド家はさらに飛躍することとなるのです。

 

1822年にロスチャイルド家はハプスブルク家より男爵位を与えられロスチャイルドの紋章も得ます。

この紋章の握られた5本の矢は五兄弟の団結を現しているのです。

さらに左に獅子と右のユニコーン。

これはある神様のモチーフでもありますね。

ある神様の話については『アヌンナキとレプティリアン』の記事をご覧ください。

 

ロスチャイルド家を復興したマイヤーは68歳で死去。

マイヤーは亡くなる時に次の家訓を残します。

ロスチャイルド銀行の重役は一族で占めること

事業への参加は男子相続人のみすること

一族に過半数の反対がない限り宗家も分家も長男が継ぐこと

婚姻はロスチャイルド一族内で行うこと

事業内容の秘密厳守

この家訓は代々受け継がれていきロスチャイルド家の繁栄を支えたと言われています。

 

ロスチャイルド家が得意とするのは国境を越えた戦争ビジネス。

どこの国でも戦争や革命が頻発していた当時のヨーロッパ。

どこの勢力が勝つのかを予想するには困難を極めます。

 

そこでロスチャイルド家が行ったのが敵味方の両方にお金を貸し付けて勝敗を読まずに勝つこと。

そうしてロスチャイルド家は戦争によって莫大な利益を得ることになります。

ヨーロッパ全土にまたがる広大な銀行網をロスチャイルド家は手にすることになるのです。

ロスチャイルド家は13血流の一族でもあります。

13血流については『イルミナティ悪魔の13血流』の記事をご覧ください。

ロスチャイルド家の事業

金融事業

19世紀後半まで世界の富の半分以上を所有したと言われるロスチャイルド家。

ロスチャイルド家は石油、不動産、原子力、鉄道など様々な事業にも手を広げています。

ですが金融業からスタートした銀行系の財閥です。

 

現在のロスチャイルド家の金融部門は

ロンドンのNMロスチャイルド・アンド・サンズ、RITキャピタルパートナーズ。

スイスのエドモン・ドゥ・ロスチャイルドグループ。

さらにパリ家とロンドン家が共同で所有するロスチャイルド&カンパニーなどがあります。

今もなお金融業において非常に強い影響力を持っているのです。

ワイン事業

ロスチャイルド家の事業としてワインがあげられます。

世界最高の格付けを受けている5大シャトーと呼ばれるブドウ園。

その内のフランスにある「シャトー・ムートン・ロートシルト」と

「シャトー・ラフィット・ロートシルト」はロスチャイルド家が所有するシャトーです。

世界に愛されるワインをロスチャイルド家は提供しています。

貴族と言えばワインというイメージもロスチャイルド家が関係しているかもしれないですね。

ロスチャイルド家の資産

そんな世界をまたにかける金融業や様々な事業を行っているロスチャイルド家。

正確な数字は公表されていませんが推定総資産が1京円とも言われています。

国の国家予算をはるかに超すような資産を持っているのです。

そんな莫大な資産を守り増やすためにマイヤーが残した家訓が守られています。

ロスチャイルド家の人間はロスチャイルド系の企業に雇用されるか他の企業に投資を行っているそうです。

 

またロスチャイルド家はある一族から大きな借り入れを行っているという話もあります。

ここでは一切話すことができないので詳しくはnoteをご覧ください。

\世界の真実を見る/

ロスチャイルド家の関連企業

世界にはロスチャイルド家の関連企業が数多く存在しています。

実はあの会社も元を辿ればロスチャイルド家だったなんて話も。

ロスチャイルド系列の会社の一部を紹介します。

ゴールドマン・サックス

イングランド銀行

アクサ

三井住友

ロイター

コカ・コーラ

ネスレ

世界の名だたる企業は実はロスチャイルド系列だったというのは珍しくないのです。

現在のロスチャイルド家

19世紀の栄華を極めたロスチャイルド家。

ですが第二次世界大戦を経てロスチャイルド家はその力を大きく落としてしまいました。

5つあった兄弟の家はロンドンとパリを残すのみ。

また2021年1月15日にパリ家の当主であるパンジャマン・ド・ロスチャイルド氏が心臓発作で亡くなりました。

彼には娘が4人いますがロスチャイルド家の家訓では事業後継は男性のみ。

今後パリのロスチャイルド家はどうなっていくかに注目が集まっています。

ロスチャイルド家のまとめ

今回はロスチャイルド家についてご紹介しました。

今でこそ大富豪であるロスチャイルド家。

ですが最初は貧しい状態から始まったのです。

ロスチャイルド家はユダヤ人の家系なので金融に非常に強い家系。

その持って生まれた才能を発揮して現在の地位を獲得したのです。

どんな一族でも良い面、悪い面があります。

日本にとってみてもロスチャイルド家は切っても切り離せない一族ではありますからね。

おすすめ 初心者でも10分でできるブログの始め方

おすすめ アニメーションソフトVyondを徹底レビュー

 
さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。
\マル秘情報公開中!/

 

無料メルマガ登録でビジネス動画テンプレートプレゼント!

CTA-IMAGE 無料メルマガ登録で穴埋めするだけで簡単にできるビジネス動画テンプレートをプレゼント!

3秒で登録可能!