日月神示が教えてくれた御魂磨きの方法 アセンションの鍵は御魂磨き!?

日月神示が教えてくれた御魂磨きの方法 アセンションの鍵は御魂磨き!?

こんにちは✨矢島奈月妃です。

世の中に数多くある予言書。

その中に必ずと言っていいほど出てくる世界終焉説。

ヨハネの黙示録やコーラン、仏教の末法思想、ホピ族の予言にも同様の記述が多々出てきます。

そして日本の最強の予言書とも言われる日月神示にも人類に対する厳しい警告が記されているのです。

ただ日月神示の少し違うところは人類が滅亡するというただの終焉ではなく

光り輝くよりよい世界への立て替えだということ。

人類が経験したことのない大変革。

それが今まさに起きようとしています。

そんな状況にも関わらず未だに眠り続けているのが日本人。

世界のガイドたる日本人が目覚めないことには聖書予言のようにただ人類が滅ぼされるだけです。

そんな未来を変えるためには私たちの意識が必要。

つまりどんな未来であっても私たち次第で大難を小難へ変えることができます。

今回は日月神示が教えてくれた御魂磨きの方法についてご紹介します。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも科学やスピリチュアルについて考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる

日月神示は宗教ではない

日月神示と言うと宗教と結びつけて考える方も多いかもしれませんが、、、

だから日月神示を変な書物だと考えている人もいるかもしれません。

日本人の宗教観というのはカルトに捻じ曲げられてしまいましたから。

それも日本人のことを心の底から恐れた狂人による謀略なんですけどね。

所詮は獣がやったちっぽけな抵抗。

日月神示は宗教書というものとは全く異なります。

神から出た教えなら、他の教えとも協力して共に進まねばならん。

教派や教義に囚われるのは邪の教え。

豚に真珠となるなよ。

ここにあるように排他的な感じは全くなく本物の神の教えならばいいと。

私たちの思う既存の宗教のイメージとは全く違う印象です。

真の信仰に入ると宗教に囚われなくなるぞ。

真の信仰に入らねば、真の善も真の信も、真の悪も、真の偽りも判らんのぢゃ。

今に岩戸ひらいてあきらかになったら、宗教いらんぞ、政治いらんぞ

宗教というくくりではなく神の教えに従う。

これこそが真の信仰。

神への信仰があれば宗教や政治も必要ないと日月神示では言っているのです。

この神示読んで嬉しかったら、人に知らせてやれよ。

しかし無理には引っ張ってくれるなよ。

この神は信者集めて喜ぶような神でないぞ。

世界中の民、皆信者ぞ。

それで教会のようなことするなと申すのぞ。

世界中の大洗濯する神ざから、小さいこと思うていると見当とれんことになるぞ

日本人は無宗教の人が多いと言いながら皆んな自然と生活の中に神道の儀式や考えは根付いています。

世界最大の宗教行事は日本で行われています。

それが初詣。

元旦に何万人もの人が神社に参拝に訪れる。

外国人からするとその様子は奇妙に映るそうです。

日本人からすると初詣も当たり前の文化になっているんですけどね。

宗教と文化が混じりあっているのが日本の価値観。

 

私も無宗教と言いながら森羅万象万物に神が宿っていると思っています。

それに神社やお寺も大好きです。

なので初めて日月神示に出会った時におもしろいと思いました。

だからこそ色んな方に読んでもらいたい書物だと。

今回の内容はあくまで私の解釈。

日月神示は読む人の心の状態やその時々によって全然違うように取れるのです。

日月神示の中にも、、、

この神示、八通りに読めるのざぞ

神示はその時の心によりて違わん、磨けただけにとれて違わんのであるから、

我の心通りにとれるのであるから、同じ神示が同じ神示でないのぞ

このような記述がいくつも登場します。

読む人はその人の心の状態によって読み方が変わるのです。

ただ一貫して言っていることは自分の魂を磨くこと。

各宗教でもよく言われている身魂磨き。

日々の礼拝があり教え、行があります。

ですがそれは本来その人一人一人の生活そのものにあること。

 

みんな同じではないのです。

だからそれぞれの人が日月神示を読む必要があるのだと思います。

あくまで今回の内容も私の解釈。

あなただけの解釈を見つけることが大切なのです。

メグリの解消

神示の中に出てくるメグリとは自分のしたことが自分に巡ってくること。

それを借銭と日月神示の中では言います。

まずはそれを精算するところから始めなければいけません。

この神示に関わり出すと今までになかったような出来事に遭遇したりします。

この道に入ると損をしたり、病気になったり、怪我をすることがよくあるなれど、

それは大難を小難にし、またメグリが一時に出て来て、その借銭済ましをさせられてるのぢゃ。

借りたものは返さねばならん道理ぢゃ。

損もよい、病気もよいぞと申してあろうが。

ここの道理も弁えず理屈申しているが、そんな人民の機嫌取りする暇はなくなったから、早う神心になって下されよ

人によってどのように出るかは違います。

ですが誰しもが生まれ変わる中で悪い巡りの方を多く積んでしまってるみたいです。

私も絶対大丈夫!と思ってましたが例に漏れず結構色んな事がありました。

 

去年初めて日月神示に出会いその後に夢の中に出てきた神社が偶然にも国常立尊をお祀りしてるところ。

ここからきっと鰻登りのように良くなると思いきや、、、

年末に救急車で運ばれ緊急手術になったり経済的大損失を被ったり会社存亡の危機に陥ってます。

よっぽど前世で悪因縁を背負い込んでたんでしょうか(笑)

ですがこれを精算することで身魂は磨かれ霊性の向上に繋がると日月神示にはあります。

そして大難を小難にしてくれるとも。

この道に入って始めの間は、かえって損したり馬鹿をみたりするぞ。

それはメグリ取って頂いてるのぞ。

それが済めば苦しくても何処かに光見出すぞ。

おかげのはじめ。

次に自信ついてくるぞ。

胴がすわってくるぞ。

心が勇んで来たら、おかげ大きく光出したのぢゃ

日月神示の勉強を15年してる方も同じような事をおっしゃってました。

「日月神示に関わるとはじめは悪いことが起きる」

それまでのメグリが一気に出たのかその人もかなり大変だったそうです。

ですが忘れてはいけないのは神様の御守護は働いてるということ。

大難を小難にしてくださってるんです。

 

メグリの精算が済めば『おかげ』が万倍になって返ってくるそうです。

確かに私の時も一時は危なかった割に手術も成功し回復したのは奇跡だと先生も言われていました。

掃除をすればホコリが出るように磨けば最初は色々な汚れが出てきます。

「おかげ」はすぐに出るものではなくカルマを精算する事がまずは先。

自らの悪的因縁と正面から立ち向かう勇気が魂を磨き輝かせてくれます。

何事がおこってきても、そなたはまず喜べよ。

それが苦しいことでも、悲しいことでも、喜んで迎えよ。

喜ぶ心は喜び生むぞ。

人民喜べば、神喜ぶと申してあろが。

天地晴れるぞ。

輝くぞ

普段起きないような事が起きれなければ中々当たり前にある物が見えなかったりします。

自分が今まで見ていなかったことが見えるきっかけになったんだと思っていました。

あなたも健康にはくれぐれもご注意を!

日本は『型の国』

日本は世界における霊的な中枢地点だと言われています。

そして世界の雛形の国。

日本の国は世界の雛形であるぞ。

雛形でないところは真の神の国ではないから、よほど気をつけて居りてくれよ

北海道は北米大陸、本州はユーラシア大陸、四国はオーストラリア大陸、九州はアフリカ大陸。

エベレストは富士山、琵琶湖はカスピ海、紀伊半島はアラビア半島、能登半島はスカンジナビア半島というように大陸だけでなく山や湖も現実的に酷似しています。

日本は世界の中心であると同時に相似形をなしているんです。

これが日本が神の国だと言われる由縁のひとつでもあるんでしょうね。

日本の国はこの方の肉体であるぞ。

国土おろがめ(拝め)と申してあろうがな

日本列島は地球の修理固成から創世記に主要な役割を果たした国常立尊の御肉体だとも神示には記されています。

 

神の国は神の肉体ぞと申してあるが、いざとなれば、お土も、草も、木も、

何でも人民の食物となるように、出来ているのざぞ。

何でも肉体となるのざぞ。

なりようにせんからならんのぞ。

それで外国の悪神が神の国ほしくてならんのざ。

神の国より広い肥えた国いくらでもあるのに、神の国がほしいは、誠の元の国、

根の国、物のなる国、元の気の元の国、力の元の国、光の国、真ん中の国であるからぞ。

何もかも、神の国に向かって集まるようになっているのざぞ。

神の昔の世は、そうなっていたのざぞ。

磁石も神の国に向くようになるぞ。

神の国おろがむようになるのざぞ。

どこからでもおろがめるのざぞ。

おのずから頭下がるのざぞ

神国たる日本を恐れてそれを封じるために悪い宇宙人であるイシヤは何百年にも渡り日本人愚民化計画を進めて来ました。

それは日本人が神の民であると信じられているから。

そして何よりも日本人の力を恐れているから。

 

日本良くならねば世界は良くならん

こういった記述が日月神示にはあります。

雛形である日本が良くならないと本当の意味での平和な世界は訪れないのです。

世界の人民に先駆けて身魂を磨き日月神示の言う『マコトの正しき人』を目指したいものです。

これこそが日本人が神から与えられた役目に他なりませんから。

いつまでもお金儲けに血眼になってくだらない争いを繰り広げている場合ではないのです。

身魂磨きの行

具体的に身魂磨きって何をしたらいいのかと言うと、、、

身魂磨きとは、善いと感じたこと直ちに行うことぞ

ただこれだけ。

自分が善いと思ったことをすぐに行動に移す。

「あぁーでもない、こうでもない」とくだらないことを口走って何もしないことではありません。

ただ行動に移す。

それだけ。

行というのは何も滝に打たれたり座禅をくんだり何か特別な事をする訳じゃないんです。

 

一人一人の人生が違うように行も一人一人違います。

積み重ねた因縁が違うんだから同じなはずがありません。

日常生活の中で善いと思うことに努めながら自らの足で歩むこと。

私たちはこの世に神様のお手伝いをするべく肉体を授かり登場します。

なので生活の中での行い自体がその人の行そのものなんです。

当然のことながらあなたの人生はあなた以外の人は生きられないんですよね。

臣民に判るように言うなれば、身も心も神のものざから、

毎日毎日神から頂いたものと思えばよいのであるぞ。

それでその身体をどんなにしたらよいかということ判るであろうが。

夜になれば眠った時は神にお返してるのざと思え。

それでよく判るであろうが。

身魂磨くと申すことは、神の容れものとして、

神からお預かりしている、神の最も尊いこととしてお扱いすることぞ

御用をするために神様から与えてもらったのが自分自身の体。

自分自身の体ですら自分の物ではありません。

神という存在から一時的にお借りしているに過ぎません。

だからこそ自分の体を大切に扱いながら人に対して善い行いだと思うことをする。

でも別にそれは誰かから見て特別なすごいことじゃなくていいんです。

一足飛びにはいかん。

一歩一歩と申してあろう。

一度に神様を知りたいと申してもそうはいかん。

一年生からぢゃ。

出直し出直し。

子供に大学のことは判らん。

十貫の荷物はかつげん道理。

進むにはそれ相当の苦労と努力要るぞ。

あぐらかいて、懐手していては出来ん。

時も要るぞ。

金も要るぞ。

汗も要るぞ。

血も要るぞ。

涙も要るぞ。

善いものほど値が高い

何ごとも一歩一歩が大切です。

いきなり大きなことをする必要性はありません。

自分で考え判断し自分の人生という道を歩んでいく中で人は成長します。

祈れば幸せになるとかすぐに奇跡を起こしてくれるとか、、、

そんな悪魔の甘い囁きに騙されてはいけませんね。

道は自分で歩めよ。

御用は自分でつとめよ。

人がさしてくれるのではないぞ、自分で御用するのぞ。

道は自分で開くのぞ。人頼りてはならん

奇跡もおかげも自分が起こすもの。

他人が起こしてくれるわけではありませんから。

奇跡というのはあなたが日々の小さな善行を積み重ねた結果です。

日月神示の他の巻

日月神示は39巻もある書物です。

今回だけでは全ての内容をご紹介するのは難しいです、、、

なので日月神示の他の巻については『日月神示全文まとめ』の記事をご覧ください。

本で読みたいという方は以下の書籍をご購入下さい。

日月神示の予言

日月神示では様々な予言があります。

日月神示に書かれていた予言については『コワイほど当たる日月神示の予言 この時代を生き抜くための神々のアドバイス』の記事をご覧ください。

現在激戦で繰り広げられているアメリカ大統領選挙。

日月神示の中にはアメリカ大統領選挙の状況に一致しているものが多く見られます。

日月神示とアメリカ大統領選の関係については『日月神示が予言したアメリカ大統領選挙』の記事をご覧ください。

日月神示を読んでぜひあなただけの解釈を見つけてみてください。

日月神示が教えてくれた御魂磨きの方法のまとめ

今回は日月神示が教えてくれた御魂磨きの方法についてご紹介しました。

日月神示は神様からの直接の啓示。

一見すると日月神示には厳しいことは書いてあります。

ですがそういったことも人として生きる上で大切なことばかりだと改めて思います。

ただ前述した通り日月神示は人によって解釈はそれぞれ異なります。

ある意味読む人一人一人に向けられたご神託ということです。

初めはメグリの清算でどんなことが起きるのかと思うと少し怖いなと感じてしまいましたが、、、

でもそれは自分自身が積み上げてきたもの。

なのできっちりと逃げずに向き合いその後に来る幸せの日々を思うと非常に楽しみです。

「大難を小難にして頂きありがとうございます」と日々感謝をしながら苦難を乗り越えて

ピカピカの魂を創ろうとおもいます。

この神示(ふで)読むと身魂磨けるぞ。

神示読むと改心できるぞ。

暮し向きも無理なく結構に弥栄、弥栄える(やさか、いやさかえる)ぞ。

まだ判らんのか。

苦しいのは神示読まんからぢゃ

なので怖がらずにぜひご自身でも日月神示を手に取ってみてくださいね。

きっとあなただけの解釈が反映されると思います。

あなたの日月神示はどんなものになるでしょうか?

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。

noteを見てみる