【日本初!】商用量子コンピュータが稼働!量子コンピュータで何ができる?

【日本初!】商用量子コンピュータが稼働!量子コンピュータで何ができる?

こんにちは✨矢島奈月妃です。

ついに念願の量子コンピュータが設置され稼働したというニュースが飛び込んできました。

量子コンピューター、日本で初稼働 スパコン超えの性能|朝日新聞

実現が待ち望まれていた量子コンピュータ。

その量子コンピュータがアメリカ、ドイツに続いて日本でも導入されました。

では量子コンピュータが導入されることで世界はどう変わっていくのか?

今回は日本初の商用量子コンピュータが稼働しましたという話をします。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも科学やスピリチュアルについて考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

チャンネルのおすすめ動画は『未来Laboおすすめの動画10選』でぜひご確認ください。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。
\マル秘情報公開中!/

量子コンピュータとは

量子コンピュータとはスーパーコンピュータでも長時間かかるような計算を短時間でできる次世代コンピュータのことです。

量子コンピュータは量子と名がつくだけあって量子力学的な性質を持っています。

量子コンピュータには0と1と0かつ1という状態があります。

この0かつ1という状態を持っていることで従来のコンピュータよりはるかに速い計算速度を誇るのです。

2019年にGoogleが発表した論文によると従来のコンピュータの15億倍というとんでもない速度で計算ができます。

Quantum supremacy using a programmable superconducting processor|nature

既存の概念を覆す夢のような技術が量子コンピュータなのです。

量子コンピュータについては『量子コンピュータとは?何ができるの?』の記事をご覧ください。

商用量子コンピュータが稼働

日本IBMが日本初となる商用量子コンピュータの稼働が神奈川県の研究施設「新川崎・創造のもり」で2021年7月27日に始まりました。

商用量子コンピュータの名前はIBM Quantum System One。

IBMの量子コンピュータが設置される国としてはアメリカとドイツに続き日本が3番目となります。

アジアでは日本が初です。

 

System Oneはガラス張りのクリーンルーム内の空間に鎮座しています。

マシンが搭載するのはIBMが開発した27量子ビットのFalconプロセッサ。

このFalconが量子計算を行います。

 

量子計算を行うために筒の上部にある冷凍機によってほぼ絶対零度にまで冷却。

絶対零度にまで冷却することで電気抵抗が0になる超電導状態になります。

超電導状態にすることで量子コンピュータの超高速な量子計算が可能。

またSystem Oneの利用は日本企業のみ使うことができるという話です。

量子コンピュータでできること

量子コンピュータでできることは次の通り

AIの超進化

QFS(量子金融システム)

セキュリティ性の向上

渋滞の解消

未来予測

それぞれ詳しく説明します。

AIの超進化

AIの超進化

AIは常に進化を遂げています。

AIを進化させるには大量のデータの処理が必要。

量子コンピュータを使うことで超大量のデータを瞬時に処理することが可能になるのです。

量子コンピュータの登場でAIの超進化が期待されています。

AIの超進化によってさらなる高スペックの量子コンピュータ作れるかもしれません。

QFS(量子金融システム)

QFSとは量子コンピュータに基づいたブロックチェーン技術による信頼性と安全性が高い分散型の金融システム。

金などの現物資産に裏付けられています。

さらに自由で開かれた金融システムであることが特徴です。

 

これまでの金融システムは無から預金通貨を増やせる信用創造が可能でした。

その預金の裏付けがなくてもお金を生み出せるということです。

しかもただ数字を打ち込むだけで。

一部の通貨発行権を持っている人間だけが儲かるようなシステムだったということ。

そもそも無からお金を創るというバグ技が当たり前のように使われてきたのがこれまでの金融システム。

 

一万円札の製造原価は20円です。

ですが日銀が1万円札を発行するだけで20円の紙切れが10000円の価値に化けるのです。

しかも常に500倍で一定。

これはビットコインもびっくりです。

常に500倍の暗号通貨なんて存在しないですから。

 

これまでのおかしな金融システムを破壊するのがQFS。

だからこそ長らく量子コンピュータが表には登場しなかったのです。

金融システムこそが権力者の最大のパワーの源だったから。

ですがQFSに移行することで自由で安全な金融システムに生まれ変わるのです。

セキュリティ性の向上

量子コンピュータによってセキュリティ性が抜群に向上します。

既存のコンピュータではハッキングは不可能です。

そのため不正な取引も行うことができなくなります。

これまでは不正な取引によって一部の者が得をするような社会になっていました。

善良な一般市民であれば「不正なんてやっちゃダメ!」と思うのが一般的。

 

ですが権力者層は「不正をしてもバレなきゃ良いでしょ?」という精神でした。

アメリカだけでなく日本でもそれが横行していましたから。

でも量子コンピュータによって不正が一切できなくなります。

不正をしようと思っても全て記録されてしまい追跡されてバレてしまいます。

「バレなきゃ何しても良い」というのがもう一切通用しなくなるということです。

渋滞の解消

量子コンピュータの登場であなたは渋滞から解放されるかもしれません。

全ての車の流れを把握しながら各車をナビゲートする。

そうすることで効率よく車を移動させることができて渋滞も解消されます。

 

ですが従来のコンピュータではそこまでのデータを処理することができませんでした。

ましてや車のデータ。

リアルタイムによるデータ更新が不可欠です。

いくらデータの処理ができても1週間前の道路状況なんかをナビゲートされても意味がないわけです。

でも量子コンピュータでは超大量のデータを高速で処理ができます。

量子コンピュータが登場することで渋滞から解放される未来が来るかもしれません。

未来予測

量子コンピュータを使うことで超高速な計算を行うことができます。

つまり未来に起こる可能性を全て計算することも可能ということ。

これは未来予測といっても他ならないことが可能です。

その技術を使ったものがルッキンググラス。

ルッキンググラスは未来を透視する装置です。

 

「そんな未来を予測できるなんてありえないでしょ?」って思うかもしれません。

ですが量子コンピュータは実際に商用利用がスタートされました。

量子コンピュータの超高速の計算能力を使えば未来に起こる全ての可能性を計算できます。

つまりは未来予測ができてしまうということです。

LINEの個別相談受付中です!

LINEメッセージを使った個別相談も受け付けています。

気になることががありましたら『フィージア公式LINE』にまでご相談ください。

わからないことやお困りごとがありましたら下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料で相談!/

友だち追加

商用量子コンピュータが稼働のまとめ

今回は日本初の商用量子コンピュータが稼働しましたという話をしました。

未来の技術と言われてきた量子コンピュータが実際の稼働を始めました。

量子コンピュータは特に金融システムに大きな影響を及ぼすと考えられています。

今までの技術ではできなかったことが実現できるようになります。

莫大な計算を行えるというのはそれだけ意味があるのです。

世間で行われている不穏な事件の裏ではちゃんと動いていたということですね。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。
\マル秘情報公開中!/