ロズウェル事件 世界一有名なUFO墜落事件の謎

ロズウェル事件 世界一有名なUFO墜落事件の謎

こんにちは✨矢島奈月妃です。

最近アメリカで金属の石柱「モノリス」が見つかったと話題になりました。

金属製の「モノリス」、今度はカリフォルニア州に出現 そして消失|CNN

近年宇宙とのつながりがどんどん明らかになっています。

私たちが普段使っているテクノロジーも宇宙からもたらされたなんて話も。

その中で最も有名なUFOにまつわる事件がロズウェル事件。

今回はロズウェル事件についてご紹介します。

 

今回の内容は動画でも解説しています。

他にも科学やスピリチュアルについて考察している動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

チャンネルのおすすめ動画は『未来Laboおすすめの動画10選』でぜひご確認ください。

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。
\マル秘情報公開中!/

ロズウェル事件

ロズウェル事件とは1947年7月にアメリカのニューメキシコ州ロズウェル近辺で起きたUFO墜落事件のことです。

なぜロズウェル事件が有名になったかというとアメリカ陸軍が報道発表をしたから。

その内容は「空飛ぶ円盤を回収した」という衝撃の内容でした。

一般の人がUFOを目撃することはよくあるかもしれません。

ですが米軍が発表したことでその信憑性が一気に増しました。

しかも回収したとまで発表しているのです。

しかし報道発表から数時間後に訂正文が報じられます。

「回収したのは空飛ぶ円盤ではなく気象観測用の気球であった」と。

この報道がきっかけでこの事件に対する興味が一気に冷め忘れられることになります。

UFO研究家のインタビュー

人々の記憶から忘れ去られていたロズウェル事件。

ロズウェル事件が起きてから30年後の1978年に急に動き出します。

UFO研究家のスタントン・フリードマンが物体を回収した人物にインタビューを行いました。

彼の口から衝撃の内容が語られます。

「事件現場で回収されたものは気象観測用の気球ではなかった」

このインタビュー記事を発表するとフリードマンの元には600名を超える証言が舞い込んできます。

当時何らかの飛行物体が墜落したと。

目撃者には年齢、性別、人種など一致する点はなく全員が口裏を合わせていたとも考えにくいです。

もし墜落したのが本当に観測気球であるならそれを証言する人がいてもおかしくないはず。

ですが気球が墜落したと証言した人はいなかったのです。

またロズウェル付近で異星人を回収しているのを目撃したという証言も出てきます。

ここでフリードマンは思います。

「軍は何かを隠ぺいしている、、、」

アメリカ政府の公式見解

様々な証言があり多くの謎が深まっていたロズウェル事件ですが、、、

1997年6月にアメリカ政府がこの件に関して公式発表を行います。

回収したのは当時極秘に行っていたモーグル計画のものだった。

モーグル計画とはマイクを搭載した気球を打上げソ連の核実験を察知するという計画。

極秘計画だったため空飛ぶ円盤や気球という言葉を使って隠ぺいしたと報告しました。

ですが回収された物体を実際に触ったり見たりしたという市民もいます。

本当に極秘実験をしていたのであればアメリカ軍が一般市民に触らせたりするでしょうか?

アメリカ政府の公式見解ではありましたが謎はますます深まるばかりでした。

ケネディ大統領は円盤に乗っていた生物の情報を知っていたとされます。

彼らの情報を世間に公表しようとしたために消されたなんていう噂もあるぐらいです。

ケネディ大統領については『ジョン・F・ケネディ「正義の道を示した勇気ある大統領」』の記事をご覧ください。

回収された生物とは

ロズウェルに墜落した円盤から3体の生物が見つかりその内の2体はライトパターソン空軍基地へと運ばれました。

最も損傷が大きかった1体を病院へと運び検死を行いました。

遺体の特徴は次の通り

目は白人に比べて少し吊り上り形は細め

顔は平たんでアジア系の人種に近い

身体は細身だが頭は大きい

血液型はO型

手足の指の数は5本

髪の毛は無く坊主頭

身長は150cmと小柄ではあったが筋肉は丈夫

さらに遺伝子鑑定をしてみるとYAP遺伝子というものが発見されました。

YAP遺伝子を持っているのはアジアにおいて日本人のみ。

つまり発見された生物は人間であり日本人に非常に近い人種だったのです。

YAP遺伝子については『神の遺伝子YAP遺伝子とは 日本人が果たすべきDの意志』の記事をご覧ください。

 

ロズウェルで墜落した円盤の回収に当たった兵士は中から出てきた生物の姿を見て

「これは日本人…!」

と驚いたそうです。

ですが船内をさらに調査していくと驚くべきことがわかりました。

機体や内部に合った物品に記されていた文字はどれも日本語ではなかったのです。

そのことから円盤に乗っていた生物は日本から来たのではないと判断しました。

さらに遺伝子分析を行うと彼らの寿命を司る遺伝子が特殊なもので

なんと地球人の10倍近く生きることが可能であると判明しました。

乗っていた生物は人間ではあるものの今の私達よりも進化した人間であるということです。

そんな人間はこの地球上のどんな地域でも存在していません。

 

では一体彼らはどこから来たのでしょうか?

やはり地球外の星から円盤に乗ってやってきたのでしょうか?

彼らがやってきた場所の手掛かりは円盤の中にありました。

その中には古代ヘブライ語で書かれた聖書のような書物があったのです。

その書物から彼らは地球の内部のアルザルからやってきたことがわかりました。

彼らは宇宙人ではなく今の人類よりはるかに進化した地底人だったのです。

地底人の存在は元CIA職員でアメリカの機密情報を暴露したエドワード・スノーデンも語っています。

「人類より知能の高い種族が地球のマントルの中に存在している」

 

さらにアルザルとは旧約聖書の中でイスラエルの失われた10支族が向かったとされる場所。

古代イスラエルには神に選ばれ愛された12の支族がいました。

ですが10支族と2支族による争いが起こり10支族はイスラエルの地を去ることになるのです。

彼らの行方が不明なためイスラエルの失われた10支族と呼ばれています。

彼らの一部はイスラエルを去り地球の地下に向かったという衝撃の話。

ロズウェルで墜落した人間は失われたイスラエルの10支族の末裔だったということです。

イスラエルの失われた10支族については『イスラエルの失われた10支族 全ての決着は日本』の記事をご覧ください。

 

地下に向かったイスラエルの民は人類をはるかに超越するほどのテクノロジーを発展させます。

しかも日本人をルーツに持ち超寿命を持つ進化を遂げるという。

日本人は知ってのとおり世界一の長寿大国。

そんな日本人が進化することで超長寿になるというのは何だかうなづける話ですね。

LINEの個別相談受付中です!

LINEメッセージを使った個別相談も受け付けています。

気になることががありましたら『フィージア公式LINE』にまでご相談ください。

わからないことやお困りごとがありましたら下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料で相談!/

友だち追加

ロズウェル事件のまとめ

今回はロズウェル事件についてご紹介しました。

ロズウェル事件について現在その全てが明らかになっているわけではありません。

わからないからこそ人の興味を惹きつけ様々な考察を今もなおされているのです。

世界には私たちが知りもしないような謎が隠されています。

今回のロズウェル事件もその内のひとつでしょう。

ですが今後様々な情報が解禁されていきます。

もちろん私たちが考えもしなかった驚きの情報が。

どんな情報が公開されていくのか非常に楽しみですね。

あなたは今回のロズウェル事件の真相についてどう考えるでしょうか?

さらに情報を知りたいあなたへここでは話せないマル秘情報をnoteで配信中!

最近は情報統制が厳しいためなかなか世界の真実を話せなくなっています。

ですが世界の真実を知ることはとてつもなく大切なことです。

世界の秘密を知りたい方はぜひ覗いてみてください。
\マル秘情報公開中!/